三国志平話




はじめての三国志

menu

三国志チャンネル

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

この記事の所要時間: 47

Ustream1回目 三国志

 

おとぼけ&石川:さぁ始まりました。はじさんチャンネル。

 

石川:まぁ色々バタバタしてますけど。

おとぼけ:そんなわけで始めたいと思います。

今回このはじめての三国志、略してはじ三チャンネルはですね三国志ファンの僕たちが適当な感じでゆるーく。

 

石川:三国志の初心者の方に向けて色々三国志に関する情報ですとか知識とかを配信してるっていうサイトでよろしいんですよね?

 

おとぼけ:そうですね。間違いないです。

簡単に自己紹介として私がはじめての三国志の管理人のおとぼけと申します。で、こちらが。

 

石川:ライターをさせていただいております石川と申します。

 

 

おとぼけ:はじめての三国志では、どういったコンテンツを石川さんは書かれてましたっけ?

 

石川:僕が書いてるものは数字からみる三国志でしたっけ?
数字から見る三国志の秘密とか劉禅(りゅうぜん)は愚かな君子じゃなかったとか割とこうちょっと外れたような内容だと思うんですけども。

 

桃園兄弟

執筆記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

 

おとぼけ:視点を変えた見方なはじめての三国志で執筆してるっていう石川さんですね。

 

石川:メインのライターではKawausoさんっていう方がいらっしゃいましてKawausoさんがバリバリにメインの記事を書いていただいているので、

僕はそういう意味ではフォロー記事を主に書かせていただいているって感じですね。

 

 

メインライターのkawauso氏は沖縄からスカイプ参戦

かわうそ 沖縄

 

おとぼけ:今回はメインライターのKawausoさんがですね、沖縄の方から参戦ということで距離の問題で、

今回はSkypeという形ではじ三チャンネルに参戦してもらってます。

じゃあKawausoさんの方からご挨拶をお願いします。

 

kawauso 三国志

 

Kawauso:聞こえますか?ハイサイ~!みなさんよろしくお願いします。

 

おとぼけ:じゃあ早速ですがいってみましょうか。

 

じゃあまずは今回、祝杯ということで。お酒をまず。

 

石川:お酒をまず一杯やってとりあえずって感じで。

 

何でおとぼけと石川はお酒を飲むのか?

杏露酒

おとぼけ:完全に僕らの自己満足です。今回ですね、杏露酒ってお酒を飲むんですけれども、まぁこんな感じですね。

(画面に瓶を見せる)今回第1回を祝して。

 

おとぼけ&石川&Kawauso:乾杯!

 

石川:杏露酒飲むのって20年ぶりぐらいかな。

 

おとぼけ:どういうきっかけで杏露酒飲めばいいんですか?

 

Kawauso:美味しいですか?

 

おとぼけ&石川:美味しいよ。

 

石川:甘い。

 

おとぼけ:甘い。とりあえず甘い!!

ロックは初めてかも。今回石川さんの方から杏露酒について語っていただけたらなと思うんですけれども。

 

 

杏露酒って何?

杏露酒

 

Photo by 杏露酒公式サイト

 

石川:語るって程詳しくないんですけど、杏露酒って永昌源さんっていう会社が作って販売してるお酒なんですが、

永昌源さんって実は、バリバリ日本のメーカーなんですよね。意外と勘違いされている方多いんですけど。

 

石川:実はキリンビールの傘下の会社さんです。これが発売になったのが、

1969年昭和にして44年に発売になっているお酒なんです。

結構古いんですけど。当時のラベルは漢字で杏露酒といかにも中国っぽ いフォントで書かれていて、中華風の柄のものだったんですよ。

 

僕はその20数年前から初めて杏露酒を中華料理の店だったか、居酒屋だったかとにかく見たときにすっかり中国原産のお酒だと信じ込んでて、

杏露酒っていうジャンルのお酒が中国にあるものだと実はつい先日までそう思ってました。

ところが調べてみたら実はバリバリ日本のお酒だったと。

杏露酒 日本酒

 

おとぼけ:メードインジャパンだったと。

 

石川:メードインジャパン。

 

おとぼけ:1969年発売ってことは?

 

石川:昭和44年です。

 

おとぼけ:東京オリンピックが終わったあと?

 

石川:まぁあとですね。

 

おとぼけ:そうすると見た目的に中国のお酒に見えるんですけれども、日本のお酒なんですもんね。これが。キリンさんから出てるということで。

 

石川:キリンさんの傘下なんです。永昌源という会社なんですけれどもキリンビールの傘下にあたる会社さんなんですよね。

 

おとぼけ:なるほどね。

 

石川:国産酒なんですよね。

 

視聴者からコメントを読み上げる

杏露酒

 

 

おとぼけ:(視聴者:みっつかんいちさんから)炭酸で割らないの?ってことで質問が来てますよ。

僕も初めて飲むときって炭酸で割って飲んだのが初めての杏露酒なんですけれども。

これってどうなんですかね? これって実際ロックで飲むものなんですか?

物凄く甘ったるい。

 

石川:お酒の飲み方ってのは好きでいいと思うんですよ。当然、梅酒とかそういう系統のもの、杏のお酒ですから甘酸っぱいさわやかさがあって

炭酸で割るとばっちり合ってますし、ロックでも水割りでもいいですし、僕は別にストレートでも全然問題ないんですけど。

 

おとぼけ:結構これストレートだとめちゃくちゃ甘くないですか?

 

石川:甘いです。梅酒を飲んでるのとまったく感覚的には同じですね。

 

 

どれくらい甘いの?

杏露酒 かき氷

 

おとぼけ:なんかそんな感じですよね。かき氷にのっけてもいい気がします。

それぐらい甘さがありますね。

 

石川:杏が苦手な方もほかに同じ永昌源さんからこのシリーズで、りんごの  お酒ですとか変わりダネだと珈琲のお酒があったりします。

珈琲豆をお酒に付け込んで作ったっていうものなんで。

 

実はですね、今スタジオが新宿なんですけど、新宿にある喫茶店で、コーヒー蒸留酒ってメニューがあるんです。

それは珈琲を蒸留酒だから、多分ウイスキーとブランデーの類だと思うんですが、それに付け込んでるんですよ。

めっちゃくちゃ美味しいんです。でもめっちゃくちゃきついんですよ。

だから僕も大好きでそこの店に行くと昼間っからそれを頼んでって感じなんですよ。

 

おとぼけ:石川さんは呑兵衛なんですね。

 

石川:お酒は好きです。量は飲めないけど好きです。

 

おとぼけ:Kawausoさんはお酒はどうですか?

 

kawauso:お酒はですね強いんですけど。なんていうかな。(通信が途切れてしまいました)

 

おとぼけ:今KawausoさんはSkype中なんですけど、画面が今止まっちゃいましたね。

Kawausoさん曰くお酒はすごく強いとおっしゃってますね。

 

石川:いずれ機会があったらKawausoさん交えて酒席を交わすことができたら良いですね。

 

石川:ばたついちゃってますけど、慣れない生放送ってことでご了承いただければと。

 

おとぼけ:(視聴者:金城さんからの投稿)岡崎君に似てますねと。

よくサッカー日本代表の内田篤人に似てるって言われるんですよ(嘘)

 

Kawauso:あぁ・・・・あぁああ・・・あ(通信トラブル)

 

おとぼけ:(タイム)ラグがあるのでツッコミはあとから入ると思うんですけど。

(視聴者:金城さんからの投稿)三国志はどうしたと。

 

石川:もう先に進まないと。

 

Kawauso:はいはい。いきましょう。

 

全然、三国志の話をしない二人

酒盃 三国志

 

 

おとぼけ:そうですね。もっと飲もうと。

ちなみになんですけど、これ見えますか?みなさんこれ見えますか?

これなんて呼ぶんでしたっけ?さけはい?

 

石川:しゅはい?

 

おとぼけ:へー、酒盃(しゅはい)と呼ぶのですね!

当初はこれで飲む予定だったんですけれども、これ結構小っちゃくてね。

 

石川:ちょっと飲みづらい。

 

おとぼけ:これ飲みづらいということで急遽こちら(紙コップ)に変えました。すいません。

 

石川:まぁいいや。とにかく進めていきましょう(笑

 

三国志を興味をもったきっかけ

 

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】

(文字起こし:小林奈津子)

 

第1回目に飲んだお酒『杏露酒』

永昌源 杏露酒(しんるちゅう) (あんずのお酒) 14度 500ml
キリンビール株式会社
売り上げランキング: 12,180

関連記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術…
  2. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001…
  3. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】…
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【00…
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったき…
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【…
  7. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【0…
  8. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  2. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  3. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  4. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側
  5. 陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説
  6. 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖」を直す

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK) 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について 公家って何?何をした人たちなの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】

おすすめ記事

  1. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】
  3. 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!
  5. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  6. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  7. 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭
  8. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP