キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解できる?

孔子の弟子であり文学が得意な子夏




文学が得意な子夏 子夏

 

三国志に登場するのは勇ましい武将ばかりではありません。

諸葛孔明を始めとした、軍師や政治家といった人たちの活躍も描かれています。

 

彼らはそれぞれ自分の思想に基いて、どうすれば国が良くなるか、

あるいは戦争に勝ち残れるか、その頭脳を武器として乱世を生き抜いた人々です。

 

 

三国時代の知識階層がその思想のベースとしたのは、

諸子百家(しょしひゃっか)と呼ばれる思想家たちの教えでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

 

 

『キングダム』の時代に花開いた諸子百家の思想

ミュ力が高い外交官でもあり、財神にもなった子貢a 子貢

 

諸子百家とは三国時代から遡ること1000年前から400年程前の時代、

人気コミック『キングダム』の舞台ともなった春秋戦国時代に活躍した思想家たちの総称です。

 

 

春秋戦国時代は、あまたの列強国が覇を競いあう戦乱の時代でした。

 

国と国とが互いに勢力を争う時代、それは平和とは程遠いものでしたが、

同時に活気に満ちた時代であったとも言えます。

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

諸子百家の思想が開花した理由

諸子百家の思想が開花した理由

 

各国は国力を高め軍備を増強する富国強兵の政策を進めますが、

より優れた政策を行うためには、より優秀な人材が必要でした。

 

戦乱はまた、身分の低い者が上位の者に取って代わる

“下剋上(げこくじょう)”の風潮を作り出していました。

 

 

このような条件のおかげで、春秋戦国時代は身分の低い者でも、

自身の才能ひとつで出世する糸口が見つけやすい世の中になっていたわけです。

 

下級の士族や民衆の中から、知識を身につけた者たちが遊説家となり、

独自の政策や思想を問いて回りました。

 

 

諸侯はこのような遊説家たちを食客としてもてなし、より優れた意見を持つ者を重用して、

その説くところを政治に取り入れていきました。

 

このような風潮が春秋戦国時代を中国史上きっての、思想の発展した時代としたわけです。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

 

 

諸子百家の思想って、どんなものだったの?

 

 

諸子百家とはあくまで春秋戦国時代に活躍した数多の思想家たちを総称した言葉です。

 

その内容は実にさまざま、多岐にわたっていました。

純粋な理想論や政治論を説くものから、実用的な技術論を説くもの、

さらに、その両者が渾然としているものもありました。

 

 

例えば、後に中国の中心的な思想となる儒家(儒教)は人間の特を重んじ、

礼儀によって社会を治める思想として知られていますが、

一方で儒家は冠婚葬祭の具体的な作法を教えることでも知られています。

 

 

また墨家は非戦や博愛主義を唱える思想集団ですが、

自身の理想を実現するため、

実戦において国や城を守る防衛戦のプロフェッショナル集団でもありました。

 

 

思想が実に多様化したことも、諸子百家の時代の大きな特徴です。

 

 

諸子百家の思想家って、どんな人がいたの?

墨家

 

前漢時代、後に『史記』の執筆で知られる司馬遷の父親である司馬談は、

諸子百家を六つの学派=六家に分類しました。

 

その分類分けは以下の通りです。

 

儒家:徳と礼儀を重んじる思想。孔子、孟子、筍子など。

法家:法治主義を説いた思想。韓非子など。

道家:三国時代、竹林の七賢の清談で知られる哲学的思想。老子、荘子が有名

墨家:非戦と博愛主義を説いたプロの傭兵集団。墨子。

陰陽家:日本の陰陽道の元になった思想。鄒衍や公孫発などが知られる。

名家:論理学として知られる思想。唯一現存する『公孫龍子』の公孫龍が知られる。

 

後漢時代に入ると、歴史家の班固が前期の六家に三家を加え、九流としました。

 

縦横家:弁舌を得意とする策士。『合従連衡』で活躍。蘇秦張儀など

雑家:儒家・法家・道家などのいいとこ取り思想。呂不韋の名が知られている

農家:農業技術を伝える。原典となるものは残っていないが『孟子』などに引用がある

 

 

この九流に、さらに小説家(故事や説話を書物に残す仕事をした)、

そして孫子の兵法などで知られる兵家の2つ。

これを加えたものが、現在でいうところの諸子百家です。

 

 

この諸子百家の中で、後の時代に特に影響を与えたのが、儒家と法家、そして道家でした。

また、兵家の代表である孫子の兵法は現在では

世界中でその名が知られ、多くの軍事指導者がそれを学んだことが知られています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

関連記事:姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも…
  2. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  3. とっても皇帝になりたかった袁術
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情
  5. 袁燿(袁耀)えんよう 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  6. 泣く子も張遼 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  7. 過労死する諸葛孔明 お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術
  8. 魯粛、孫権、孔明 狂児・魯粛は三国史隋一の外交官だった理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  2. 老荘思想(ろうそうしそう)
  3. 高順 はじめての三国志
  4. 夷陵の戦いで負ける劉備
  5. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  6. 徐庶

おすすめ記事

  1. 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ 逃げる劉備追う曹操
  4. 明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」の役どころは? 明智光秀 麒麟がくる
  5. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく! はじめての三国志 画像準備中
  6. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 曹操(後漢王朝)とローマ帝国

三國志雑学

  1. 敗北する馬岱
  2. ゆるい許褚
  3. 暴れまわる異民族に困る梁習
  4. 関羽に惚れる曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 孫権 冠
  3. 孔明 vs 司馬懿
  4. 太史慈
  5. 殷の大様002

おすすめ記事

岳飛(南宋の軍人) 岳飛の死後の南宋官界の状況はどうなったの?岳飛の死に影響はあった? 于禁を虐める曹丕 于禁は曹丕のドッキリのせいで亡くなった!?気の毒な于禁のパワハラ話 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子 徳川家を守った篤姫 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える! 関羽を油断させる陸遜 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった? 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう キングダムの王騎 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】あなたと旅する三国志

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP