ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

韓非子を読む劉禅


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉禅 韓非子

 

史書によると、諸葛孔明韓非子』(かんぴし)という書物を写し書きして、劉備の息子である劉禅に献上したとされています。

言い換えるなら、『韓非子』は劉禅の家庭教師的立場でもあった孔明が、劉備の跡取りになる劉禅に読ませたい教科書ということでしょう。

 

はてなマークな劉備と袁術

 

韓非子』とは、いつ頃、誰によって書かれた書物なのでしょうか?

そして、それはどんな内容だったのでしょうか?

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 


韓非子の筆者・韓非の報われない生涯

韓非

 

『韓非子』は三国時代からさかのぼること約500年前、戦国時代と呼ばれる時代の末期に韓(かん)という生きた人物、韓非(かんぴ)が記した書物です。

 

韓非には生まれつき重い吃音があり、異母兄弟たちに見下されていたといいます。

しかし彼は非常に聡明で文才があり、自分の考えを話すのではなく文章で書くことで他人に伝えました。

 

キングダム 戦国七雄地図

 

韓非の生きた時代、戦国時代はその末期にさしかかり、小国が滅ぼされて『戦国七雄』(せんごくしちゆう)と呼ばれる七国が覇を競う時代になっていました。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?


キングダムで有名な秦

秦の旗を掲げる兵士

 

『戦国七雄』の中で最強の勢力を誇ったのが後に中国の統一を果たす大国、秦(しん)でした。

一方で韓非の国である韓は七国の中でも最弱であり、秦に貢物をして属国同然の状態になっていました。

 

始皇帝 はじめての三国志

 

祖国の現状を憂いた韓非は、王に度々提言しましたが、王は韓非を軽んじ、提言を取り上げることはありませんでした。

韓非は自分の意見が取り上げられないことを嘆き、せめて自分の思想を形に残そうとして書物に書き起こしました。

これが『韓非子』であるとされています。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?


秦の王・嬴政は韓非の才能を認める

キングダム 政

 

 

後に韓非は秦への使者に抜擢されます。

韓非の書を読んでいた秦の王、嬴政(えいせい。後の秦の始皇帝)は韓非の才能を認め、

使者である彼をそのまま自分の配下として登用したいと考えました。

 

ネズミで人生を変えた李斯

 

嬴政の配下で大臣を務めていた李斯(りし)は、かつて韓非と同門で学んだ間柄でした。

嬴政が韓非の登用を考えていると知った李斯は、韓非の才能を恐れ、王に讒言します。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた


李斯に嵌められた韓非

李斯

 

韓非は王に囚われて投獄され、その牢内で李斯に自殺することを迫られ、毒を飲んで自らの生命を絶ちました。

 

口論する韓非と李斯

 

異母兄弟に蔑まれ、自ら仕えた王には軽んじられ、かつての同門の友人であった人物によって自殺させられた韓非。

その生涯は報われないものでしたが、彼の書き残した書物は時代を越える名著として、今に残されています。

 

法による統治を説いた『韓非子』

孔子と儒教

 

 

韓非が生きた戦国時代末期は中国古代史において最も思想が盛んになった時代でした。

『百家争鳴』と言われ、数多くの思想家が登場する中、最も主流とされたのは孔子(こうし)を始祖とする『儒家』(じゅか)でした。

 

孔子の弟子であり文学が得意な子夏

 

『儒家』の思想家の基本的な考え方に『性善説』(せいぜんせつ)があります。

 

性善説って何?

孔子

 

性善説とは、「人間は本質的に善なるものである」とする考え方です。

ただ、本質的には善であっても、そのまま放置してしまえば悪をなすようになってしまうため、人間には道徳を教え、善を維持するようにしなければなりません。儒家のこうした考え方を『徳治主義』(とくちしゅぎ)といいます。

 

ガサツで野蛮だが武勇もあり孔子に反論しまくる子路 子路、孔子

 

しかし、儒家の思想家の中には性善説に疑問を持つ思想家もいました。

その代表者が筍子(じゅんし)です。

 

筍子は人間の本質が利己的なもの=悪とする『性悪説』(せいあくせつ)を唱え、

悪しきものである民を統治するために君主の徳が必要であると考えました。

 

(ちなみに、この筍子は三国時代に曹操に仕えた荀彧荀攸の祖先にあたる人物とされています)

韓非と、後に彼を裏切ることになる李斯は、この筍子に師事した同門の学友でした。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

韓非は筍子の性悪説を基本とし、国家は『徳』のような君主の恣意的帰順ではなく、厳正な基準となる『法』によって統治されるべきと主張しました。

このような思想を『儒家』に対して『法家』(ほうか)と呼びます。法家の思想は、より客観的な法律を基準とした国家運営を説く思想として、より現代に通じる思想であるとも言えるでしょう。

 

孔明は何故、劉禅に韓非子を?

劉禅

 

なぜ孔明は劉禅に『韓非子』を読ませようとしたのか?

現代では帝王学の古典として知られる『韓非子』。

 

劉禅と孔明

 

劉備の後継者となる劉禅に孔明がこの帝王学の教科書を読ませようとしたことは、一見あまり不思議には思えないかもしれません。

 

劉禅

 

しかし、孔明がいわゆる“清流派”知識人に親しいところにある思想家であったことを思うと、

その彼がなぜ“徳による統治”を否定する法家の思想=韓非子を劉禅に読ませようとしたのか、矛盾を感じなくもありません。

 

豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明

 

孔明はもともと益州(えきしゅう)=蜀(しょく)の地の生まれではありませんでした。

彼の一族は戦乱に巻き込まれて遠く徐州(じょしゅう)から荊州(けいしゅう)へと流れつきました。

まだ幼かった孔明はその目で、戦乱の悲惨さを目の当たりにしたに違いありません。

 

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

だからこそ、孔明は徳を重んじる儒家清流派の思想に立ちながら、一方でその限界を感じ、より合理的で公正な国のあり方を模索していたのかもしれません。

だから彼は劉禅に対し、君主としての理想的な徳を身に付けると同時に、

より公正な統治者としての法家的思想を身につけて欲しいと望んだのではないでしょうか?

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 暴君・孫皓にしっかり意見を言う陸凱(りくがい) 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  2. 戦で活躍する凌統 凌統の没年にまつわる異説を考察【はじ三都市伝説】
  3. 魯粛と周瑜が詐欺を決行 ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  4. 孫夫人と趙雲 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…
  5. 朱然 朱然はどんな性格をしていたの?孫呉の中核を担った忠臣を分かりやす…
  6. 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  7. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  8. 孫権と三国アヒル 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬に乗って戦う若き織田信長
  2. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  3. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  4. 司馬朗と董卓
  5. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  6. 法正

おすすめ記事

  1. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 劉備
  2. キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説
  3. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 黒田官兵衛
  4. 黄巾の乱ってどんな戦い?黄巾の乱を簡単に知ってみませんか? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  5. 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る 羅憲
  6. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!? 袁術

三國志雑学

  1. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  2. 曹操 詩
  3. 城 銅雀台
  4. 魏王の曹操
  5. 司馬朗と曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 孫姫
  3. 曹操と黄巾賊
  4. 呉の孫堅
  5. キングダム52巻
  6. 東京五輪のボランティア いだてん
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

曹操のお墓(曹操高陵) 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓 関羽 関羽は本当に反権威の人だったのか? 楊儀と魏延 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析! 賊を討伐する呂岱(りょたい) 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長 騎射の術に長けた騎馬兵士 謎の書物『契丹古伝』とは何?騎馬民族征服王朝説を解説 九品官人法を作った陳羣 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの? 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 騙し合う呂布と袁術 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP