劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉禅 韓非子

 

史書によると、諸葛孔明は『韓非子』(かんぴし)という書物を写し書きして、劉備の息子である劉禅に献上したとされています。言い換えるなら、『韓非子』は劉禅の家庭教師的立場でもあった孔明が、劉備の跡取りになる劉禅に読ませたい教科書ということでしょう。

 

はてなマークな劉備と袁術

 

『韓非子』とは、いつ頃、誰によって書かれた書物なのでしょうか?

そして、それはどんな内容だったのでしょうか?

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 


韓非子の筆者・韓非の報われない生涯

韓非

 

『韓非子』は三国時代からさかのぼること約500年前、戦国時代と呼ばれる時代の末期に韓(かん)という生きた人物、韓非(かんぴ)が記した書物です。韓非には生まれつき重い吃音があり、異母兄弟たちに見下されていたといいます。しかし彼は非常に聡明で文才があり、自分の考えを話すのではなく文章で書くことで他人に伝えました。

キングダム 戦国七雄地図

 

韓非の生きた時代、戦国時代はその末期にさしかかり、小国が滅ぼされて『戦国七雄』(せんごくしちゆう)と呼ばれる七国が覇を競う時代になっていました。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?


キングダムで有名な秦

秦の旗を掲げる兵士

 

『戦国七雄』の中で最強の勢力を誇ったのが後に中国の統一を果たす大国、秦(しん)でした。一方で韓非の国である韓は七国の中でも最弱であり、秦に貢物をして属国同然の状態になっていました。

 

始皇帝 はじめての三国志

 

祖国の現状を憂いた韓非は、王に度々提言しましたが、王は韓非を軽んじ、提言を取り上げることはありませんでした。韓非は自分の意見が取り上げられないことを嘆き、せめて自分の思想を形に残そうとして書物に書き起こしました。これが『韓非子』であるとされています。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編


秦の王・嬴政は韓非の才能を認める

キングダム 政

 

 

後に韓非は秦への使者に抜擢されます。韓非の書を読んでいた秦の王、嬴政(えいせい。後の秦の始皇帝)は韓非の才能を認め、使者である彼をそのまま自分の配下として登用したいと考えました。

 

ネズミで人生を変えた李斯

 

嬴政の配下で大臣を務めていた李斯(りし)は、かつて韓非と同門で学んだ間柄でした。嬴政が韓非の登用を考えていると知った李斯は、韓非の才能を恐れ、王に讒言します。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?


李斯に嵌められた韓非

李斯

 

韓非は王に囚われて投獄され、その牢内で李斯に自殺することを迫られ、毒を飲んで自らの生命を絶ちました。

 

口論する韓非と李斯

 

異母兄弟に蔑まれ、自ら仕えた王には軽んじられ、かつての同門の友人であった人物によって自殺させられた韓非。その生涯は報われないものでしたが、彼の書き残した書物は時代を越える名著として、今に残されています。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 公孫サン(公孫瓚)
  2. 蜀の皇帝に即位した劉備
  3. 昌豨(武器)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP