呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

張昭




みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

三国志のみならず、中国関連の本を読んでいると「氏」と「姓」という言葉がひんぱんに出てきます。

日本でも「氏姓」って言いますよね。この言葉、実は全く別の事を指すものだとご存知でしょうか?

今回はこの言葉についてご説明します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?

関連記事:司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

 

 

姓は血縁集団を表す

 

太古の中国でまず現れたのが「姓」でした。

5000~6000年前に誕生したと考えられています。

同じ母から成立した血縁集団ですよという事を示しています。

 

昔は集落・村落の核は血縁集団であり、

また太古の中国は母方の血筋により家族が構成される母系制社会でしたので、

集団や集落を表す言葉として使われました。

 

当時はまず子どもを無事に産んで、大人になるまで育てなければなりません。

今でもお産は大変なのに、6000年前なんてどれだけ確率が低かったでしょうか。

産まれてからも乳幼児の死亡率は今とは比べ物になりません。

昔の平均寿命が低く言われているのは、乳幼児の死亡例があまりにも多いからです。

 

そんな環境で、父系制で血統・財産を確実に伝えようとしたら…?

あっという間に途絶えるか、間で他人が父の子が産まれて辿れなくなってしまいますよね。

母が産んだ女の子が家を継ぐ、という慣習が時代に合っていたのです。

古い姓ほど姫、姜、姚、娀といった女偏の漢字が使われているそうです。

 

また姓をつけることで、タブー視されていた近親の通婚を防ぐ目的もありました。

母が違えば他人ですが、同じ(姓が同じ)ならば親族であるとされました。

昔も近親婚はよろしくないという事がわかっていたのでしょうね。

 

集落や血族集団を表す「姓」は、次第に集落内の貧富の差や父系制社会への移行により、

一大勢力の貴族を表すものに変わっていきます。

貴族といっても、三国時代やヨーロッパや日本の貴族をイメージするとちょっと違うかもしれません。

村長さん一家、鎌倉時代の豪族の棟梁とでも考えてください。

 

但し土地も広いし人口も多いので、ものすごい村長さんです。

そして貴族以外が姓を名乗る事がなくなります。

 

 

氏は国や土地の名を表した

 

では「氏」とはどういう風に成立したのでしょうか。

こちらは主に貴族が王より与えられた土地の名

前、その貴族に仕える役人・部下がもらった土地の名前から付けられました。

 

「○○姓の●●を治めている●●氏」といった具合です。人口も増えると

、あんまり同じ姓の人ばかり増えては、いくら庶民より数が少ないといえど不便です。

血縁集団としては姓で区別し、普段は氏を使用するようになります。

 

例を出すと、太公望(たいこうぼう)の姓は姜、氏は呂、名は尚、字は子牙です。

紂王の叔父の比干は「干の国に封じられた比」で、氏が干、名が比となります。

管叔鮮は姓は姫、名は鮮、文王の三男で、管に封じられたので

「管叔鮮」と呼ばれました(「叔」は兄弟の三番目という意味)。

 

周の頃には現在使われている氏のほとんどが登場したそうです。

その後一字で使う事ができない(高貴な人の名だったり、区別する必要がある)

事情がある場合、二字の姓に変えたりしています。

また役職名を氏に使用する例もあります。司馬氏がそうですね。

 

こうした背景を持つ氏は、姓に比べるとつけ方にあまり制約がなかったようで、

「〇姓の●氏はまた△氏とも名乗った」なんて記述が出てきたりします。

特に春秋戦国時代の記事を読んでいると、一体アナタはドコのダレなんですか?

と思ってしまうことも、私はしばしばあります。

 

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

 

結局混ざった「氏姓」

 

周の力が弱くなってくると、

定められていた宗法(宗族内の規律や規則)もあまり守られなくなってきます。

 

それもそのはず、周建国の時と秦が統一国家を造った時の、国の広さを比べてみてください。

倍以上の広さになって、色々な民族が増えて…宗法なんて民族それぞれで違います。

ずっと守れという方が無理なのです。

 

そんなこんなで氏姓の制度も変化し、両者とも同じ意味を持つようになります。

そして一般庶民も、それぞれの家族を区別するために姓を名乗るようになりました。

これ以後「百姓」という言葉が生まれます。

後漢~三国時代にはシンプルに氏(姓)、名、字という組み合わせになりました。

 

日本では逆の意味に

 

おまけで日本での使われ方を挙げますと、有名なのがウジとカバネですね。

ウジが祖先を同じくする血族集団、カバネは王から与えられた世襲称号です。

あれ…?逆になってない…?

周の宗法が瓦解してから、日本で氏姓制度が発生するまで、この間およそ700年。

 

考え方は同じだけれど、呼び方が逆になったなんて、ちょっと面白いですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 

 




関連記事

  1. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓 劉禅と孫皓だと亡国の君主としてはどっちが上?蜀と呉の皇帝を比較
  2. 夏侯惇 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  3. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  4. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  5. 袁紹にお茶を渡す顔良 袁紹は凡将に非ず!袁紹の逸話から伝わってくる袁紹本初の評価
  6. 張遼・楽進・李典 于禁と張遼の相性はイマイチ?2人の絶妙な関係を深堀りしてみる
  7. 合肥の戦いの満寵 樊城の戦いで活躍した満寵!稀代の孫呉キラーになった満寵を知ってお…
  8. 九品官人法を作った陳羣 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 燃える本能寺
  3. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  4. 孫権と劉備と曹丕
  5. 孔明VS曹操
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2
  7. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  8. 榎本武揚

おすすめ記事

  1. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  2. もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く? 劉璋(りゅうしょう)
  3. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  4. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  5. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  張松
  6. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 蔣琬(しょうえん)
  2. 陳羣と曹丕
  3. 残忍な曹丕
  4. 三国志時代のひざまくら


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 徳川家定
  3. 竹林の七賢
  4. 孔明

おすすめ記事

小松帯刀 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る よかミカンさん はじめての三国志ライター 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい 王基に感謝する司馬昭 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった キングダム53巻 キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!? 馬謖の陣形に笑う張コウ 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何? 孟獲 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP