袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

この記事の所要時間: 320

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

三国志のみならず、中国関連の本を読んでいると「氏」と「姓」という言葉がひんぱんに出てきます。

日本でも「氏姓」って言いますよね。この言葉、実は全く別の事を指すものだとご存知でしょうか?

今回はこの言葉についてご説明します。

 

 

姓は血縁集団を表す

photo credit: Mohnblume via photopin (license)

photo credit: Mohnblume via photopin (license)

 

太古の中国でまず現れたのが「姓」でした。5000~6000年前に誕生したと考えられています。

同じ母から成立した血縁集団ですよという事を示しています。

 

昔は集落・村落の核は血縁集団であり、また太古の中国は母方の血筋により家族が構成される母系制社会でしたので、集団や集落を表す言葉として使われました。

 

当時はまず子どもを無事に産んで、大人になるまで育てなければなりません。

今でもお産は大変なのに、6000年前なんてどれだけ確率が低かったでしょうか。

産まれてからも乳幼児の死亡率は今とは比べ物になりません。

昔の平均寿命が低く言われているのは、乳幼児の死亡例があまりにも多いからです。

 

そんな環境で、父系制で血統・財産を確実に伝えようとしたら…?

あっという間に途絶えるか、間で他人が父の子が産まれて辿れなくなってしまいますよね。母が産んだ女の子が家を継ぐ、という慣習が時代に合っていたのです。

古い姓ほど姫、姜、姚、娀といった女偏の漢字が使われているそうです。

 

また姓をつけることで、タブー視されていた近親の通婚を防ぐ目的もありました。

母が違えば他人ですが、同じ(姓が同じ)ならば親族であるとされました。昔も近親婚はよろしくないという事がわかっていたのでしょうね。

 

集落や血族集団を表す「姓」は、次第に集落内の貧富の差や父系制社会への移行により、一大勢力の貴族を表すものに変わっていきます。

貴族といっても、三国時代やヨーロッパや日本の貴族をイメージするとちょっと違うかもしれません。

村長さん一家、鎌倉時代の豪族の棟梁とでも考えてください。

 

但し土地も広いし人口も多いので、ものすごい村長さんです。

そして貴族以外が姓を名乗る事がなくなります。

 

氏は国や土地の名を表した

風景 p

 

では「氏」とはどういう風に成立したのでしょうか。こちらは主に貴族が王より与えられた土地の名

前、その貴族に仕える役人・部下がもらった土地の名前から付けられました。

 

「○○姓の●●を治めている●●氏」といった具合です。人口も増えると、あんまり同じ姓の人ばかり増えては、いくら庶民より数が少ないといえど不便です。

血縁集団としては姓で区別し、普段は氏を使用するようになります。

 

例を出すと、太公望(たいこうぼう)の姓は姜、氏は呂、名は尚、字は子牙です。

紂王の叔父の比干は「干の国に封じられた比」で、氏が干、名が比となります。

管叔鮮は姓は姫、名は鮮、文王の三男で、管に封じられたので「管叔鮮」と呼ばれました(「叔」は兄弟の三番目という意味)。

 

周の頃には現在使われている氏のほとんどが登場したそうです。

その後一字で使う事ができない(高貴な人の名だったり、区別する必要がある)事情がある場合、二字の姓に変えたりしています。

また役職名を氏に使用する例もあります。司馬氏がそうですね。

 

こうした背景を持つ氏は、姓に比べるとつけ方にあまり制約がなかったようで、「〇姓の●氏はまた△氏とも名乗った」なんて記述が出てきたりします。

特に春秋戦国時代の記事を読んでいると、一体アナタはドコのダレなんですか?と思ってしまうことも、私はしばしばあります。

 

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義

 

結局混ざった「氏姓」

 

周の力が弱くなってくると、定められていた宗法(宗族内の規律や規則)もあまり守られなくなってきます。

 

それもそのはず、周建国の時と秦が統一国家を造った時の、国の広さを比べてみてください。

倍以上の広さになって、色々な民族が増えて…宗法なんて民族それぞれで違います。

ずっと守れという方が無理なのです。

 

そんなこんなで氏姓の制度も変化し、両者とも同じ意味を持つようになります。

そして一般庶民も、それぞれの家族を区別するために姓を名乗るようになりました。これ以後「百姓」という言葉が生まれます。

後漢~三国時代にはシンプルに氏(姓)、名、字という組み合わせになりました。

 

日本では逆の意味に

 

おまけで日本での使われ方を挙げますと、有名なのがウジとカバネですね。ウジが祖先を同じくする血族集団、カバネは王から与えられた世襲称号です。

あれ…?逆になってない…?

周の宗法が瓦解してから、日本で氏姓制度が発生するまで、この間およそ700年。

 

考え方は同じだけれど、呼び方が逆になったなんて、ちょっと面白いですね。

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

 

 

こちらの記事もよく読まれています

兵士

 

よく読まれてる記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

 

董卓紙幣

 

よく読まれてる記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

 

孫権日本

 

よく読まれてる記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 

 

この記事を書いた人:栂みつは

みつは様

自己紹介:

初めましてこんにちは。栂(つが)みつはと申します。
10代の頃から三国志にハマり、小説や演義では飽き足らず正史を購入。列伝を読みふけってはニヨニヨする残念な青春を送っておりました。

関連記事

  1. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  2. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  3. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  4. 呂布、ナイスシュート!
  5. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  6. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  7. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  2. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  3. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  4. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男
  5. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  6. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何? 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!

おすすめ記事

  1. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  2. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  3. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  4. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  5. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  6. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  7. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP