三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

世界 曹操
この記事の所要時間: 529

世界 曹操

 

後漢末の動乱から三国時代、晋の統一までを語る三国志。

後漢の頃にはローマから商人も来ていたというけれど、では他の国や地域は一体どのような歴史を辿っていたのでしょうか?

 

ざっくりとですが、モンゴル・日本・朝鮮半島以外を地域ごとに見ていこうと思います。

場所の説明に現在の国名を書いていますが、あくまで「この辺り」という参考程度にお考え下さい。

 

関連記事:三国志って何?はじめての人向け

 

 

帝政ローマ

 

2世紀前半はいわゆる五賢帝の時代です。

地中海域(現在のスペイン~ギリシア~シリア~エジプト~チュニジア~モロッコにかけて)は全てローマの海であり、

東にある強大な隣国パルティアとは30年に1度の頻度で戦争をしています。

 

北はドイツのライン川・ドナウ川を境としてルーマニアやアルメニアといった黒海南岸地域まで勢力範囲が及び、属州が置かれました。

しかしゲルマン人やサルマタイという遊牧民に悩まされる事もありました。

 

180年に最後の賢帝マルクス・アウレリウス・アントニウスが病没すると、その息子のコンモドゥスが即位しますが、彼は奸臣を重用したり、身内と権力争いが絶えず、元老院とも対立するようになり、31歳の若さで暗殺されます。

 

五皇帝の年

 

その後193年までの1年間、五皇帝の年と呼ばれる内乱状態に陥ります。

内乱を制したセプティミウス・セウェルスによりセウェルス朝が開かれますが、暴政や内乱、暗殺が続きローマの威光に陰りが見えた時代でした。

235年に皇帝アレクサンデル・セウェルスがローマ軍により暗殺されると、その後は軍人皇帝が乱立する時代と移っていきます。

 

中東~イラン高原

photo credit: Palmyra VII via photopin (license)

photo credit: Palmyra VII via photopin (license)

 

現在のトルコ・シリア・レバノン・ヨルダン・エジプトなど地中海湾岸地域はローマの属州です。

そのローマと国境を接しイラン高原一帯を中心に治めるパルティアは、東側はトルクメニスタン、パキスタン、アフガニスタンまで勢力を広げる大国でした。

国境、特にシリアやアルメニア地域を巡りローマとたびたび戦争しています。

 

207年頃に国内を二分する内乱が起き、この争いは拡大して遂にパルティアは滅亡してしまいます。

226年からササン朝ペルシアが興りました。

 

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

関連記事:三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか

 

アフリカ

 

紅海沿岸地域では、スーダンにはメロエ王国、エチオピアにはアクスム王国がありました。

ナイジェリアやニジェール一帯には、ノク文化という初期鉄器文化の時代でした。

 

南部のモザンビーク沿岸部では、サン人やバントゥー系アフリカ人といった人々が紅海湾岸地域や中東地域と交易をしていました。

 

東西ヨーロッパ・イギリス

 

ローマの項で書いた通り、ライン川とドナウ川を境にローマの属州地域とゲルマン人居住地域に分かれていました。

現在のドイツを中心にゲルマン人は頻繁に反乱を起こしていますが、ローマと友好的な関係を結んだゲルマン人部族もいました。

 

ルーマニアは当時ダキアと呼ばれる地域で、2世紀にローマのダキア属州となりました。

これ以後3世紀くらいまでにキリスト教が広まりつつあります。

 

ブルガリアにはトラキア人の国がありましたが、1世紀にローマのトラキア属州となりました。

これより東側の地域ではどうだったのでしょうか。

 

ドイツのすぐ東にあり広い平原を持つポーランドにはゲルマン人だけでなくスラヴ人の祖先が、ローマの文化に影響された生活を送っています。

黒海北岸のウクライナにはスキタイ人の国がありましたが、2世紀ごろにバルト海沿岸から南下し移住した東ゴート人に滅ぼされました。

 

イギリスはケルト系ブリトン人が住んでいて、現在のイングランドとウェールズはローマ属州、スコットランドはケルト人が住み、ローマ人から「蛮族」扱いされていました。2世紀前半にはハドリアヌスの長城、アントニウスの長城(20年で放棄)が築かれています。

 

北欧

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

デンマークではケルト系、ゲルマン系の人々が住み、ローマ属州と交易を行っていました。

スウェーデンは、スヴェーア人の30弱の部族がメーラル王国など3つの国へまとまりつつあります。水軍が強かったようです。

フィンランドではフィン人とサーミ人、ノルウェーではノルマン人が定住生活を行っています。

 

ロシア

鮮卑族 l

 

ロシア西部のウクライナやポーランドに近い一帯では、スラブ人の祖先が農耕生活を送っています。

ロシア南部では遊牧民族のサルマタイ、サルマティア人が暮らしています。

 

このサルマティア人の一派がアラン人で、2世紀ごろにはカスピ海沿岸地域までを支配していました。

後漢書に登場する「阿蘭」はこのアラン人を指すと考えられています。

 

ロシア東部…というか中央アジアからバイカル湖周辺にかけては、テュルク系遊牧民が暮らしていました。

漢や魏の史書には「丁令」という名で記された人々です。1世紀代には匈奴の配下となっていましたが、2~3世紀ごろは独立勢力となっていたようです。

 

インド

 

北インドでは中央アジアまで勢力を広げたクシャーナ朝という王朝が栄えました。

中国の史書で「大月氏」と記される人々で、3世紀後半にササン朝ペルシアに滅ぼされます。

 

デカン高原一帯ではサータヴァーハ朝が開かれていました。

ローマ帝国とも盛んに交易を行い400年以上栄えた王朝でしたが、3世紀に入る頃に国内の反乱が原因で滅亡しました。

南インドにはパーンディヤ朝があり、やはりローマとの交易で栄えました。スリランカも勢力下に置いていました。魏略にも記述のある王朝です。

 

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:曹真は異民族国家/大月氏国(クシャン朝)を魏に帰順させる

 

東南アジア

photo credit: Short Holiday via photopin (license)

photo credit: Short Holiday via photopin (license)

 

カンボシアにはオーストロネシアが建てたと考えられている国家がありました。

2~3世紀頃の国名は不明ですが、7世紀の梁書には「扶南国」と記されています。

インドと中国との交易で栄えました。

 

ミャンマーにはティルチュルという民族が暮らしていました。

ピューとも呼ばれ、西南異方志などでは「驃」という国名で表されています。

 

タイにはモン族のドヴァーラヴァティー国がありました。

ベトナムでは192年、後漢の日南郡象林県の官吏区連が反乱を起こし、チャンパ王国(漢名は林邑国)を興しました。

しばらくは中国風の文化を保ちましたが、隣国扶南の影響を受けインド文化圏の仲間入りをします。

 

オーストラリア

 

モンゴロイド系のアボリジニが住んでいましたが、インドネシアの島々との交流があった事以外、詳しい事はわかっていません。

 

南北アメリカ

 

メソアメリカではテオティワカン文明、マヤ文明、サポテカ文明が栄えています。

北アメリカでは上記のような高度文明はおこっていません。

 

南アメリカでは地上絵で有名なナスカ文化、モチェ文化が栄えています。

北のカリブ海沿岸地域ではチプチャ語を話す人々が、カシケという首長制の元で生活しています。

 

後漢末~三国時代の世界情勢のまとめ

劉禅 韓非子

 

いかがでしたでしょうか?

世界史専攻のかたが読んだら怒りだしそうなくらいに大変ざっくりと、しかも中国とあまり関係ない地域の事まで書きましたが…こうして見ると、後漢末~三国時代も動乱の時代ですが、その他の地域でも結構興亡があったり、王国があったり、民族の移動があったりする時期なのだなあと改めて思いました。

 

今後どんどん文献や考古学資料が研究されて、さらに詳細なわかってくるのが楽しみです。

文中では「サルマティア」だの「ブリトン人」だの???となる言葉を説明せず書いていますが、興味を持った言葉があれば調べてみてください。

その時に世界地図が傍らにあると楽しさ倍増ですよ。

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

関連記事:中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

関連記事:超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

兵士

 

よく読まれてる記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

 

董卓紙幣

 

よく読まれてる記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

 

孫権日本

 

よく読まれてる記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 

 

この記事を書いた人:栂みつは

みつは様

自己紹介:

初めましてこんにちは。栂(つが)みつはと申します。
10代の頃から三国志にハマり、小説や演義では飽き足らず正史を購入。列伝を読みふけってはニヨニヨする残念な青春を送っておりました。

関連記事

  1. 李典 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  2. 呂蒙 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  3. 蜀 兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  4. 孫権と三国アヒル 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  5. 朝まで三国志 曹操 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…
  6. 戦え于禁㈪02 董卓 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  7. 曹丕 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?
  8. 賈詡 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操VSかく
  2. ㈰臧洪
  3. 徐庶
  4. 劉備
  5. 徐庶 初陣 ゆるキャラ
  6. 朝まで三国志 袁術
  7. photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)
  8. 霊帝
  9. キングダム 映画
  10. 熱血曹操

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観 劉備 結婚
  2. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥 戦死
  3. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! 蒼天航路
  4. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの? 司馬懿と曹操
  5. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 馬良(眉白)
  6. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人 馬超仲間入り

三國志雑学

  1. 669505_PhalArgos
  2. 諸葛誕
  3. 曹操VS孫権R1
  4. 朱元璋
  5. 曹丕

ピックアップ記事

  1. photo credit: Zweiweit via photopin (license)
  2. 司馬懿
  3. キングダム 3巻
  4. photo credit: SEALDs demonstration via photopin (license)
  5. 龐統2
  6. 逃げる劉備追う曹操
  7. 光武帝劉秀part2 05 劉秀
  8. photo credit: Val delle Seghe, Molveno (TN) Italia - 14 Agosto 2012 via photopin (license)

おすすめ記事

泣いて馬謖を斬る 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 曹操 機密保持 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント? 張良㈭ 広武山決戦編02 劉邦 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの? 張角 茶 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 キングダム 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天 江戸 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何? 兵馬俑 kawauso 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 役人 犬 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

おすすめ記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 張良と劉邦
  2. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! キングダム 王騎
  3. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか? 水滸伝
  4. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 政
  5. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス そこまで言って委員会04a 孔融と禰衡
  6. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 于禁と李典
  7. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 張挙
  8. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編 張遼・楽進・李典

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP