三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

 

はじめての三国志看板 -2番目

 

2014年11月から始まった当サイト『はじめての三国志』。

最近はコミック『キングダム』にまつわる話や、春秋戦国時代に関する記事も増えています。

けど、中にはこう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

『ここは三国志のサイトなのに、どうしてキングダムとかの話が出てくるんだろう?』

 

三国志のサイトなのだから、三国志の話を書いてればいい。

もしかしてネタ切れだから、キングダムとか別の話をしてるんじゃないの?

 

いえいえ、そんなことはございません。

これには、ちゃんと理由があるんです。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

[adsense]
 

突然「節分」の話

節分 p

 

突然ですが、ここで質問です。

海外から日本に来た外国人に、『日本人は2月3日頃になると、どうして豆を撒くのか?』と尋ねられたら、あなただったらどう答えますか?

 

誰でもすぐに思いつく答えはこれでしょう。

 

『それは節分だから』

 

じゃあ、節分って何? と尋ねられたら、どう答えますか?

 

節分という行事の歴史的背景を知っている人なら、

 

・『節分』とは、一年を24の季節の節目で分ける二十四節気、

特に春夏秋冬4つの季節が始まるとされる日の前日をそう呼んだことに由来する。(本当は1年に4回節分があった)

 

・古来、季節の変わり目には邪気が生じると信じられており、節分の日にはその邪気を払う儀式が行われた。

 

・平安時代に、鞍馬山の鬼を退治するのに、炒り豆をぶつけて鬼の目を潰したという故事があり、その言い伝えが現代の『豆撒き』の習慣につながっている。

 

……と言うようなことを説明することができるでしょう。

 

じゃあ、「土用の丑の日」は?

丑の日

 

ではもう一問。

 

『土用の丑の日には、なんでうなぎを食べるの?』

 

これは有名ですので、正解をご存知の方も多いでしょう。

 

通説によれば、『土用の丑の日にうなぎを食べれれば夏負けしない』と最初に言い出したおは、江戸時代の有名な発明家、平賀源内(ひらがげんない)とされています。

商売がうまくいっていない鰻屋に相談された源内は、『本日丑の日』と紙に書いて店先に張り出すように進めました。するとどうでしょう、店は大入り満員、大繁盛したのです。

 

実は、本来土用の丑の日に食べると効果があるのは『う』の付く食べ物とされていました。

うなぎでなくても、例えばうどんやウサギ、馬の肉なんかでも良かったわけです。

しかし、平賀源内のアイデアのおかげで、現代ではすっかり『土用の丑の日=うなぎを食べる日』というイメージが定着した、というわけです。

 

現代を知るには過去を知ること

王騎 キングダム

 

現代人が当たり前のように思っている節分や土用の丑の日には、その習慣が生まれた歴史背景というものがありました。

歴史を知っておくことで、何気なく当然のように行っている習慣の意味や理由を理解することができるわけです。

 

これと同じことが、キングダム(春秋戦国時代末)と三国志(三国時代)にも言えるのです。

 

三国時代という現代を知るには、春秋戦国時代という過去を知ること

曹操躍進

 

三国志の時代(三国時代)はキングダム(春秋戦国時代末~秦代)の時代の、

約400年ほど未来の話=三国時代から見ればキングダムは過去の歴史の時代にあたります。

 

キングダムの時代=春秋戦国時代には、諸子百家(しょしひゃっか)と呼ばれるさまざまな思想家が登場して活躍したということも、以前の記事で紹介いたしました。

 

つまり、三国志をより深く理解するのには、キングダムの時代のことを良く知ることが、とても効果的、ということが言えるわけです。

 

一例を上げるなら、曹操は儒家(じゅか)の思想の影響を強く受けた伝統的な政治を嫌い、合理的な法家(ほうか)の思想に近い政治を行いました。

曹操のことをより良く、より深く理解しようと思うなら、儒家や法家がどのような思想を唱えたのか、歴史をさかのぼって知っておくといい、ということになるわけです。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

キングダムの時代を知ることで、三国志はもっと面白くなる

西遊記 三国志

『はじめての三国志』は、“はじめて三国志に触れる”初心者、入門者のための情報サイトです。

 

そして、せっかく三国志を楽しむなら、より深いところまで楽しんでもらいたい!!

それが、『はじさん』スタッフ全員の思いです。

キングダムや春秋戦国時代の話を記事にするのも、それらの知識を知っておくと、より三国志が楽しくなるから……そう考えているからこそです。

 

もちろん、自分が興味あるのはあくまで三国志であって、別にキングダムの話とか興味ない……そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、そういう楽しみ方をされても、まったく問題ありません。

 

だけど、ちょっとだけ興味の対象を広げてみてはいかがでしょうか?

『はじめての三国志』はあくまで三国志メイン。キングダムの時代を紹介する記事も、できるかぎり三国時代と関わる情報を含めて制作しています。

一見、三国時代には関係のなさそうな記事でも、そこには三国志についての意外な発見もあるかもしれませんよ。

 

皆様がより『三国志』を楽しむこと、そのためのお手伝いをしたい。

それが『はじめての三国志』の目標なのです。

 

関連記事:はじめての三国志のコンセプト

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

項羽と劉邦

 

よく読まれてる記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

劉邦おんぶ 優秀な人材

 

よく読まれてる記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

悲劇の英雄 項羽1

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 楊儀と魏延
  3. 諸葛瑾
  4. 厳顔と張飛
  5. 石川克世

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP