三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将

この記事の所要時間: 63




基礎知識 馬謖04 張コウ

 

張郃(ちょうこう)は、魏の五大将軍では損な役回りです。

史実で張飛(ちょうひ)に敗れた事をネタに演義では突然賢くなった張飛に翻弄されて

逃げ回り、漢中争奪戦では出る度に孔明(こうめい)の計略の前に負け続けて、

魏の幕僚からも呆れられるというような咬ませ犬の扱いに甘んじています。

 

しかし、それは演義の蜀アゲ、孔明アゲの虚構であり魏将の中でも張郃ほどに

蜀に恐れられた名将はいなかったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将 

 

 

長い長い張郃の戦歴、黄巾賊討伐から参加

暴れる黄巾党008

張郃、字は儁乂(しゅんがい)は冀州(きしゅう)河間郡(かかんぐん)

鄚(ばく)県の人です、生年は不詳ですが西暦231年まで生きました。

 

しかし黄巾賊征伐の義勇兵から出発している事から西暦184年で20歳としても

164年生まれですから、最低でも67歳位までは生きた事になります。

早くから武勇で名を挙げた張郃は、最初、冀州を支配していた韓馥の配下になります。

 

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊

 

群雄とは思えない意気地なし韓馥(かんぷく)に愛想を尽かす

袁紹VS公孫-

この韓馥ですが乱世の人物として産まれたのが可哀想な位の意気地なしでした。

元々、汝南袁家に仕えていた韓馥は、袁紹(えんしょう)が大の苦手でした。

 

そこに目を付けた袁紹が武力を背景に

「俺が代わりに公孫瓚を倒してやるから冀州を俺に寄こせ」と恫喝すると、

それに逆らえず、一戦もしないで冀州を与えてしまいます。

 

その時点では韓馥の力が上なのに、袁紹公孫瓚(こうそんさん)が怖い

韓馥は、部下の反対を押し切って袁紹の配下になってしまったのです。

 

韓馥の意気地無しぶりに呆れた、部下は一部を除いて袁紹につきます。

張郃も、この時に韓馥に愛想を尽かします。

 

ちなみに韓馥は、袁紹の配下になったものの、「いつか殺されるのでは」と怯え

張邈(ちょうばく)を頼り逃亡その後、袁紹の使者が張邈を尋ねると、

「自分を捕えに来た」と勘違いして、トイレに行き首を吊って自殺しました。

 

産まれた時代が悪かったとしか言いようがない最後でした。

 

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

 

張郃、公孫瓚との戦いで手柄を立て、寧国(ねいこく)中郎(ちょうろう)将に

曹操VS袁紹ありゾウ

 

袁紹の配下になった張郃は、その武勇を遺憾なく発揮して、公孫瓚を滅亡させるのに

おおきな貢献をし、袁紹は張郃を寧国中郎将に任命しました。

 

西暦200年、袁紹が圧倒的な大軍を擁して、献帝を抑える曹操(そうそう)

天下分け目の官渡の戦いに突入すると、張郃は

曹操と正面から戦う必要などありません、軽騎兵を南方に配置して敵軍を攪乱し

情報が許昌に届かないようにすれば、曹操は敗走しましょう」と進言します。

 

ですが、白馬、延津の戦いで敗戦してプライドが傷ついている袁紹は、

大軍で、劣勢の曹操を踏みつぶして、ちっちゃい曹操をさらに

ぺしゃんこにするという作戦にこだわり張郃の進言を無視しました。

 

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

 

張郃の進言が通っていれば、曹操は撤退していた?

親友に裏切られた曹操

 

官渡城で籠城していた曹操が食糧の乏しさから不安になり退却をほのめかす

手紙を書いて荀彧(じゅんいく)に叱られた逸話はとても有名です。

 

もし、袁紹が張郃の作戦を採用していれば、曹操の手紙も荀彧の手紙も

届く事はなく弱気になった曹操は退却し官渡の戦いは袁紹の勝利だったかも知れません。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

張郃、烏巣を救援するように進言するも郭図が反対する

曹操躍進

官渡の戦いが膠着状態になった頃、袁紹軍の許攸(きょゆう)の投降で

烏巣に袁紹軍の食糧が積まれている事を知った曹操は、手勢を率いて烏巣を襲撃します。

その情報を知った張郃は、ただちに精鋭の騎兵で烏巣を救援すべしと袁紹に進言します。

ところが、これに同僚の郭図(かくと)が猛反対します。

 

郭図「烏巣は淳于瓊(じゅんうけい)が守っているので持ち堪える、

むしろ、この隙に曹操の本陣に総攻撃を仕掛けるべし」

 

 

張郃「ばかな!曹操の本陣は、そう簡単には落ちない。

それより烏巣を救うべきだ、食糧を焼かれてはどうにもならぬ!」

 

優柔不断な袁紹は、どちらの意見も聞き、軍を二手に分けて、

軽装の騎兵を烏巣に、重装備の歩兵を曹操の本陣に向けるという作戦を執りました。

 

そして、何故か曹操の本陣攻めに反対していた張郃に曹操の本陣攻撃を命じます。

張郃は、部下の気持ちを汲めない袁紹の決断力の無さに呆れます。

 

事態は張郃の予想通りの最悪のパターンを辿り曹操は烏巣の食糧庫を焼き払い、

張郃の必死の戦いでも曹操の本陣はおちませんでした。

 

張郃「終わった、、もう何もかもおしまいだ!!」

 

敗北を悟った張郃は、同僚の高覧(こうらん)と共に曹操に降伏しました。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

曹操、降伏した張郃をヨイショ(笑)

曹操 ほめ上手

最初、張郃の降伏を曹洪(そうこう)は信じず、城門を開けませんでしたが、

袁紹軍の情報を察知していた荀攸(じゅんゆう)が、

「張郃は自策が入れられず、袁紹を見限ったのだ」と説明したので、

ようやく降伏が受け入れられました。

 

曹操は、張郃の降伏を喜び、また得意のヨイショをします。

 

「伍子胥(ごししょ)は自分が誤った君主に仕えたことに気がつくのが遅かったので

あのような悲劇の最期を迎えた。君が私に降伏したのは微子啓(びしけい)が殷を裏切り周に仕え、

韓信(かんしん)が項羽(こうう)の下を去って劉邦(りゅうほう)に

仕えたような真っ当な行動だ恥じる事は何も無い!」

 

ろくでもない君主に仕えて、悲劇の運命を迎える位なら有徳な君主(曹操の事ね)

に仕える方が正しい行動だと曹操は過去の歴史を引いて諭したのです。

でもなんだかんだで、最後は自分を持ち上げる自分大好き人間曹操です。(笑)

 

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

 

張郃、曹操軍の将軍として大活躍をする

馬超 許褚

 

曹操の配下になった張郃は、古巣だった袁紹の息子、袁譚(えんたん)を攻撃し撃破、

袁紹軍の本拠地であった鄴を奪取します。

 

207年には、苦難の行軍を乗り越えて、烏桓(うかん)攻めを

張遼(ちょうりょう)との二枚看板で行い手柄を立て、

208年の荊州征伐では、張郃は于禁(うきん)張遼朱霊(しゅれい)、

李典(りてん)、路招(じしょう)、馮楷(ふうかい)の六将軍と共に、

章陵太守・都督護軍(ととくごぐん)の趙儼(ちょうげん)の指揮下に入っています。

 

この頃には、魏軍の主力メンバーとして活躍していた事が分かります。

 

馬超

 

西暦211年には、潼関(どうかん)の戦いで馬超(ばちょう)

韓遂(かんすい)と戦いこれを撃破しています。

 

この戦いで曹操が馬超の騎兵に急襲されて危うく討たれそうになった時は、

椅子に座り、結構のんきしていた曹操を捕まえて船に放り投げ

脱出させるという大手柄を立てます。

曹操は、船では許褚(きょちょ)に守られながら、戦場を離脱しました。

 

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

漢中では、張飛(ちょうひ)に敗れるも、夏候淵の死後に全軍のまとめ役に

張飛VS張郃

 

漢中攻略戦では、張魯(ちょうろ)を降して漢中を支配した後、巴東、巴西の二郡を下し、

その住民を漢中に移動させていましたが、その途中で張飛と交戦して、

長く伸びた兵力を分断されて敗れるという手痛い敗北を喫します。

 

黄忠VS夏侯淵

 

蜀軍は地の利と名軍師法正(ほうせい)の献策を入れて順調に漢中を制圧して、

定軍山では、老将黄忠(こうちゅう)が夏候淵(かこうえん)を討ち取るという

大勝利を得ます。

しかし、劉備は張郃の首を取れなかったと聞くとがっかりしたと言われます。

猛将、夏候淵より劉備は張郃を恐れていたのです。

 

一方、総大将である夏候淵を失った魏軍も動揺していました。

この時に、夏候淵の副官の郭淮(かくわい)は

「今の魏軍をまとめられるのは、敵将劉備さえも恐れている張郃将軍をおいて

他にはいない」として、張郃を臨時の総大将に推しています。

 

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

関連記事:法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の北伐でも司馬懿と共に活躍

司馬懿

 

張郃は、曹操の死後も曹丕(そうひ)、そして曹叡(そうえい)にまで仕えました。

呉と蜀と国境が重なる戦略の要衝である荊州を司馬懿(しばい)と共に守備しつつ

蜀呉の攻撃に備えました。

 

第四次の北伐である祁山(ぎざん)の戦いでは蜀軍が祁山を包囲、

魏軍は、祁山を解放すべく司馬懿の軍が諸葛亮を追い、

張郃が王平(おうへい)を追撃してそれぞれ失敗しています。

 

ところが、間もなく蜀軍は食糧不足から撤退を開始、それをチャンスと見た張郃は、

蜀軍を追撃しますが、木門(もくもん)という所で蜀軍が迎撃に転じて交戦状態になり、

その時に流れ矢が右ヒザに刺さり戦死します。

 

曹叡は、壮侯と諡号して、歴戦の勇者の死をことのほか悲しんだそうです。

 

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

長い戦歴を誇る張郃は勝ち戦が多いのですが、一方では張飛に敗れるなど

敗北のケースもあります。

が、張飛のケースでは、住民を漢中に移している間の出来事であるなど

戦争に集中できない場面での敗戦になっていて、本来であれば張飛にも

ひけはとらなかったでしょう。

張郃の戦略は変幻自在であり、状況や地形を考慮して作戦を立てて、

失敗した事はないと言われる程に強力でした。

劉備や孔明までが張郃を恐れていたという事実は、ただの猪武者ではない

張郃の凄さを物語っていると言えます。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師
  2. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  3. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  4. 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無…
  5. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった…
  6. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転…
  7. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  8. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  2. キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  4. 【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?!
  5. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  6. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【10月の見どころ】10/12公開予定:【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイクだった 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ! 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった! 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの? はじめての三国志コミュニティお題「自己紹介」

おすすめ記事

  1. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  2. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  3. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  4. 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?
  5. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  6. 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!
  7. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!
  8. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP