広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

この記事の所要時間: 441

劉備 ゆるキャラ

三国においても、蜀の人材の枯渇は深刻な問題でした。

特に、関羽(かんう)が死んだ辺りから蜀の陣営は馬超(ばちょう)

馬良(ばりょう)法正(ほうせい)、黄忠(こうちゅう)、張飛(ちょうひ)

劉備(りゅうび)とどんどん有能な人材が倒れていきます。

 

その中で、王平(おうへい)はかなり後からのメンバーながら、

よく諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の意図を汲んで

動く事が出来る有能な将軍でした。

 

 

元は魏の武将だった王平

王平 四龍将

 

王平(?~248年)は字を子均(しきん)といいます。

漢民族ではなく、異民族の出身でしたが、西暦215年に曹操(そうそう)

張魯(ちょうろ)を降した当たりで酋長に率いられて魏将になりました。

 

しかし、西暦218年からの定軍山の戦いで、蜀に敗れて降伏し、

以後は蜀軍として戦うようになります。

この辺りは、後に孔明の後継者になる姜維(きょうい)と似ている展開です。

 

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

 

山に登ろうとする馬稷(ばしょく)を引きとめる王平・・

 

photo credit: DSC_2103-31 via photopin (license)

photo credit: DSC_2103-31 via photopin (license)

 

孔明が北伐を開始すると、王平も、それに従い手柄を立てます。

特に名高いのは記念すべき第一回の北伐の時の街亭の戦いです。

 

孔明は当時の愛弟子である馬稷に一軍を率いさせて街亭に駐屯させ、

副官として王平を置きました。

 

馬稷「王平、あそこに良い山があるので全軍で上ろう!」

 

王平「駄目です、山の上に布陣してしまうと麓を敵に包囲されたら、

水を断たれて軍は壊滅します。」

 

馬稷「いいじゃん、ケチ、俺が司令官だぞ!見はらしがいい所で

ハイキングするんだい!」

 

というのは嘘ですが、馬稷が孔明の言いつけを無視して、

山の上に布陣したのは事実です、王平は水を断たれるから危険ですと、

何度も止めますが、馬稷は聞きませんでした。

 

敵軍の張郃(ちょうこう)は、馬稷の軍を包囲して勝利、しかし

 

馬稷が山頂に陣取ったのを知った張郃は喜び勇んで、街亭を包囲して水を断ちます。

これで山の上の馬稷軍は渇きに苦しみ張郃軍の攻撃の前に崩壊します。

 

ところが、王平指揮下の1000名の兵は浮足立たずに踏みとどまり、

太鼓をドンドコ鳴らして、士気が高い所をアピールします。

 

張郃「妙だな、、たった1000人ばかりが士気が高いとは、、

さては、これは孔明の罠か?」

 

張郃は伏兵を恐れて、それ以上先に進もうとはしませんでした。

王平は隙を見て、生き残りの蜀兵をどんどん背後に下げて自身も退却します。

孔明も侵攻の拠点の街亭が落ちたと聞くと撤兵を開始しました。

 

もし、王平が踏みとどまらなかったら、孔明の本隊も張郃に背後から、

襲われる危険もありましたから負けたとはいえ王平の手柄は大きいものでした。

 

孔明は自身も含め、敗戦した将兵に厳しい罰を与え、特に敗戦の原因を造った

馬稷は斬首しますが王平には特別の敬意を払ったと言います。

 

関連記事:正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将

関連記事:張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

 

第四次北伐、祁山の戦いでは張郃の追撃を阻止

 

西暦231年の第四次北伐では、孔明と共に王平も出陣、

それに対して魏は司馬懿(しばい)と張郃の戦のベテランをぶつけてきます。

第四次北伐も補給の不安から、蜀は撤退する事になりますが、孔明と王平は

司馬懿と張郃を寄せつけずに撤退する事に成功します。

 

この戦いでは、魏の重鎮、張郃が流れ矢に当たり戦死していますから、

王平・孔明のコンビの用兵の見事さがさらに際立ちます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政…
  2. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  3. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  4. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  5. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  6. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  7. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。…
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1
  2. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  3. 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?
  4. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  5. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  6. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何? 病気の呂蒙を穴から見守る孫権 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇 はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

おすすめ記事

  1. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  2. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  3. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  4. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  5. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  6. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  7. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP