廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍

桃園兄弟

 

皆さん蜀で思いつく武将は誰がいますか。

劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)をはじめ、孔明(こうめい)馬超(ばちょう)、そうそうたるメンバーがいる中、

今回紹介するのは廖化(りょうか)です。

 

廖化 四龍将

 

誰って思う方がいっぱいいると思います。

彼は蜀漢成立から滅亡するまで戦い続けた将軍です。

 

 [adsense]

廖化は呉軍に降伏するが・・・

関羽 死

 

廖化ははじめ関羽の家臣として、荊州攻略戦に従軍します。

関羽は荊州全域を攻略する目前で、同盟国であった呉軍の裏切りにより、敗北します。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

 

 [adsense]

劉備の元へ帰参

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

廖化は呉軍に降伏します。

ですが主君である劉備を裏切る事ができず、自分が死んだと呉軍の軍中に流した後、荊州に居た母親を連れて、益州へ向かいます。

廖化は益州に向かう途中で、呉軍討伐の軍を率いていた蜀軍と合流し、母親を益州に向かわせ、彼はそのまま従軍します。

蜀軍は夷陵で大敗北し、蜀軍とともに彼も退却し、無事益州に帰り着くことができました。

廖化は劉備の死後、諸葛孔明の参軍となり、北伐に参加し、着実に武功を重ねて行きます。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

 

ミスのない戦い方が定評に

姜維

 

廖化は孔明の死後、陰平の太守(日本の戦国時代でと大名のようなもの)に任命され、魏の領土に攻撃を仕掛けます。

魏は援軍を差し向けますが、彼は見事に撃退し、将軍一人を討ち取る大功を立てます。

その後、姜維(きょうい)が蜀軍を率いて北伐を開始した時、彼も共に従軍します。

 

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

 

魏の総司令官・郭淮に何度も敗北

photo credit: *** via photopin (license)

 

魏の対蜀戦線の総司令官郭淮(かくわい)と幾度も戦いを繰り広げますが、蜀軍は幾度も敗北してしまいます。

廖化は華々しい戦功を上げることはあまりありませんでしたが、大きなミスを侵さず、そつのない戦い方が蜀の陣営の中で評価されます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

 

 [adsense]

ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操 五胡十六国
  2. ナポレオンと曹操
  3. 孔明
  4. 五虎大将軍の関羽
  5. 曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP