廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

桃園兄弟

 

皆さん蜀で思いつく武将は誰がいますか。劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)をはじめ、孔明(こうめい)馬超(ばちょう)、そうそうたるメンバーがいる中、今回紹介するのは廖化(りょうか)です。

 

廖化 四龍将

 

誰って思う方がいっぱいいると思います。彼は蜀漢成立から滅亡するまで戦い続けた将軍です。


廖化は呉軍に降伏するが・・・

関羽 死

 

廖化ははじめ関羽の家臣として、荊州攻略戦に従軍します。関羽は荊州全域を攻略する目前で、同盟国であった呉軍の裏切りにより、敗北します。


劉備の元へ帰参

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

廖化は呉軍に降伏します。ですが主君である劉備を裏切る事ができず、自分が死んだと呉軍の軍中に流した後、荊州に居た母親を連れて、益州へ向かいます。廖化は益州に向かう途中で、呉軍討伐の軍を率いていた蜀軍と合流し、母親を益州に向かわせ、彼はそのまま従軍します。蜀軍は夷陵で大敗北し、蜀軍とともに彼も退却し、無事益州に帰り着くことができました。廖化は劉備の死後、諸葛孔明の参軍となり、北伐に参加し、着実に武功を重ねて行きます。


ミスのない戦い方が定評に

姜維

 

廖化は孔明の死後、陰平の太守(日本の戦国時代でと大名のようなもの)に任命され、魏の領土に攻撃を仕掛けます。魏は援軍を差し向けますが、彼は見事に撃退し、将軍一人を討ち取る大功を立てます。その後、姜維(きょうい)が蜀軍を率いて北伐を開始した時、彼も共に従軍します。


魏の総司令官・郭淮に何度も敗北

 

魏の対蜀戦線の総司令官郭淮(かくわい)と幾度も戦いを繰り広げますが、蜀軍は幾度も敗北してしまいます。廖化は華々しい戦功を上げることはあまりありませんでしたが、大きなミスを侵さず、そつのない戦い方が蜀の陣営の中で評価されます。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ボロボロになった馬超
  2. 龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    84話:龐統登場と同時に左遷(笑)

    劉備(りゅうび)が荊州を手中に収めた頃、…

  3. 管仲
  4. 考える諸葛亮孔明
  5. 張飛は文武両道
  6. 怪獣大決戦のような兀突骨 vs 孔明軍

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP