趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物

2016年2月26日


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



滅亡寸前に追い込まれた趙襄子

 

趙襄子は晋陽に帰ると防備を固め、知氏の軍勢を迎え撃つ用意を整えます。

知氏は晋陽に到着すると、猛攻を開始。

しかし晋陽は防備を厳重に固めていたため、知氏の猛攻をはじき返します。

そこで知氏は晋陽を水攻めにします。

この水攻めは2年間続くことになります。

その間晋陽の趙軍は必死になってこらえ、何とか落城しないよう

抵抗を続けておりました。

 

趙襄子の秘策

 

趙襄子は晋陽が水攻めにされている間、一つの秘策を用意しておりました。

その秘策は、知氏に味方している魏氏・韓氏をこちらの味方に付ける事です。

趙襄子は彼らに「私がここで滅ぼされれば、次に滅ぼされるのは

お主たちだぞ」と説得します。

魏氏と韓氏は趙襄子の話を聞き、彼に味方をする事に決めます。

知氏は韓氏と魏氏が趙襄子に寝返った事を知り対策を打とうと考えますが、

三氏の素早い連合軍の攻撃の前になすすべなく敗北し、知氏は滅びます。

 

 

 

戦国時代の幕開け

 

趙襄子は滅亡寸前にまで追い込まれるも秘策の成功により、知氏に勝利します。

その後知氏に勝った三氏はそれぞれ領土を分割します。

知氏の領土を分割して三氏が手に入れた事で、北方の超大国であった

晋は滅亡し、・韓・趙の三国に別れ、戦国時代へ突入する事になります。

 

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

趙建国の立役者である趙襄子が居なければ、晋や、秦、斉などの超大国が

覇を争う時代になり、どの国が天下を統一するのかきわめて難しい

状態であったと思います。

また彼が居なければ古代中国は戦国時代に突入する事は無く、

秦の始皇帝やキングダムと言った漫画も存在していなかったかもしれませんね。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

関連記事:【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-春秋戦国時代
-, , , ,