架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚

この記事の所要時間: 34




陸遜 劉備

 

劉備(りゅうび)が立てた蜀は益州と涼州の一部しか領土が無く、

三国の中でも非常に小さい土地でした。

また人口面でも一番少ないため、農業などを生産する力があまりありませんでした。

しかし蜀には塩・銅・鉄に恵まれていた土地でした。

今回紹介する王連(おうれん)は蜀で生産される塩の専売制に携わり、

国庫の充溢を図った経済官僚です。




劉璋に忠義を尽くす

張任と劉璋

 

王連は荊州南陽の人です。

彼は益州に入って劉璋に仕え、梓潼郡の県令に任命されます。

劉備が益州討伐を開始した際、彼は劉備軍に抵抗する為、

城門を固く閉ざし防備を固めます。

劉備は梓潼に降伏の使者を送りますが、王連は降伏を拒否。

劉備は劉璋に忠誠を尽くす彼の意気に免じ、

梓潼を攻めずそのまま他県の攻略を行います。




劉璋の降伏後、劉備に仕える

劉備 ゆるキャラ

 

劉璋は成都を開城し、劉備に降伏します。

王連は劉璋が降伏した事を知ると、梓潼の城門を開き劉備に降伏。

劉備は降伏した王連を広都県の県令に任命。

王連は広都県の県令として実績を挙げると、他県の県令を任されます。

孔明は王連が県令として目覚ましい実績を挙げていると知ると、

司塩校尉(しえんこうい)に任命します。

 

関連記事:はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

 

孔明の政策により生まれた司塩校尉

孔明 出師

 

益州は周りを山々に囲まれており、

農業に適している土地はあまりにも少なく、農業生産力はあまりありません。

しかし益州には特筆すべき生産物がありました。

それが鉄・銅・塩・蜀錦(しょくきん)といわれる絹織物が名産物です

孔明は鉄・銅・塩に目を付け、専売制を開始。

この三種類の専売制を担当する為、新たな官職を置きます。

その官職が司塩校尉です。

 

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

 

鉄・銅・塩の専売制には弊害あり

孔明

 

孔明は鉄・銅・塩の専売制を決意し、法律を作り布告します。

しかし専売制には弊害があります。

塩は人に取って必需品であり、鉄は農業を行う際の必須アイテムである鍬(くわ)、

米など収穫する際に必要な鎌などを作る際の原材料として欠かせないものです。

これらを国家が独占する事で民から不満が出て、反乱が起きる可能性があります。

 

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

関連記事:蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

 

専売制の結果

孔明 墨者

 

王連はこうした危険をはらんだ専売制の担当官に就任します。

彼は民から不満が出ないように細心の注意を払いながら、

孔明が考えた専売制を実行していきます。

専売制を施行した結果、民から不満が出る事はありませんでした。

また国庫の収入は今までと比べ物にならないくらい増加。

孔明が考え、王連の細心な注意を払ったおかげで、専売制は成功します。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  2. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  3. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  4. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  5. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  6. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  7. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  8. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  2. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌
  3. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  4. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!
  5. 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)
  6. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの? 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは? 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ? 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?

おすすめ記事

  1. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  2. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  4. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  5. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  6. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの?
  7. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた
  8. はじめての三国志 facebook はじめました。

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP