【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?




宦官 ゆるキャラ 後漢

 

幼い皇帝の後見人である外戚が政治の実権を握っていた時代から、

皇帝主導の政治に切り替わるのが、後漢11代の桓帝や12代の霊帝のときです。

皇帝が意のままに政治を牛耳ろうとしたときに、その手足となって働いたのが宦官たちでした。



宦官主体の政治

宦官VS外威 三国志

 

宦官の権力への執着は異常なものとなっていきます。

そんな宦官勢力の専横を苦い目で見ていたのが、地方からきた孝廉出身の中級官僚たちです。

彼らは孝行にして廉潔で自分たちを「清流派の官僚」と自負していました。

やがて清流派と「濁流の系譜」と罵られた宦官や堕落した高官たちがぶつかり合うときがきます。




党錮事件(党錮の禁、党錮の乱とも呼びます)

宦官集合 

 

167年第一次党錮事件 清流派の李膺ら二百人以上が逮捕されます。

169年第二次党錮事件 李膺ら清流派百人が処刑されました。

この二度の清流派の大弾圧で清流派は沈黙せざるを得なくなり、

地下活動に移っていきます。

自然と遊侠の徒や商人などと係わることが多くなったことでしょう。

弾圧された清流派への応援の声が強まっていきます。

 

関連記事:【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

みんな一時は遊侠の徒

袁術

 

袁術も若い頃は、宦官が仕切る政治なんて馬鹿らしいと思い、放蕩する遊侠の徒でした。

今でいうニートですね。

実は曹操も袁紹も劉備だってそんな頃があったのです。

よっぽど宦官による腐敗した政治に絶望していたのかもしれません。

しかし、それが揃って官位につきます。地下活動をしていた清流派との接触で刺激を受けたのではないかと思われます。

そして宦官が支配する中央政府で働き始めるのです。

 

関連記事:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孫皓と張俊
  2. 孔明
  3. 呉の孫権
  4. 劉備と公孫瓚
  5. 魯粛と袁術
  6. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP