架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

この記事の所要時間: 526




徳川家康 wiki

 

戦国時代を統一して徳川幕府を開いた、徳川家康。

NHK大河の真田丸では、内野聖陽が演じ英雄らしからぬ

情けない一面を持つ人間臭い人物として、描かれています。

 

曹操は女性の敵なの?もじのみ

 

さて、この家康、バツイチ・未亡人好きとして有名でしたが、

三国志にも、家康に負けないバツイチ好き曹操が存在しておりました。

二人はどうして、バツイチ・未亡人好きなのかを調べてみましょう。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事




確信的に人妻を選んでいる家康

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

さて、徳川家康ですが、大変な子沢山でもありました。

何と、男が11名に女が5名もいたと言われ、それ以外にも、

御落胤(ごらくいん:隠し子)もいたそうです。

生涯、戦争ばかりしているのに、どうしてそんな暇があったのか?

と要らない詮索はさておいて、この家康は、バツイチ好みでした。




朝日姫、西郷の局、茶阿の局、英勝院、雲光院、お亀の方

 

そんな、家康の代表的な未亡人・バツイチは、朝日姫、西郷の局、

茶阿の局、雲光院、お亀の方と6名にもなります。

違うのは、家康の正室として迎えられた築山殿ですが、

こちらは、家康がまだ、今川義元の人質だった頃に決められた縁組で、

家康の意志は入っていません。

 

家康は、母の愛に飢えていた。

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

徳川家康の母は、於大(おだい)の方と言いますが、

家康が僅か2歳の頃に彼女の兄が、織田方に寝返るという事件が起きました。

家康の父の松平広忠は、今川氏の庇護を受けて、ようやく生きている

弱小豪族だったので、この事に神経を尖らせ、於大の方と離婚して、

織田に内通しているのでは?という今川氏の疑いを回避します。

 

於大の方は実家に帰されてしまい、家康は、2歳で母と生き別れます。

この事で、家康は母の愛を充分に受ける事が出来なかったので、

その満たされない思いを、子供を産んだ事のある未亡人や、

バツイチ女性へ求めていたという事なのです。

 

しかし、異説も存在する・・

 

家康が、実母の愛情に飢えていたというのは、

一見、もっともらしいですが実際には疑わしい部分もあります。

というのも、戦国時代には、大名の妻は早期の妊娠を促す為に、

子供が産まれると引き離し、実際の教育は乳母が行うのが普通だったからです。

 

戦国の世ですから、子供は一人でも多い方が良かったのですね。

 

家康の場合も、弱小とはいえ大名ですから、

生母は於大の方でも、養育は乳母が当たったと考えられます。

家康の乳母は、内藤勝重の妻の松という女性だと言われています。

 

彼女は、天然痘(てんねんとう)に罹患した家康の為に、

自分の生命を引きかえにして神仏に病気の回復を祈り、

家康が全快すると神に感謝して自害したそうです。

こんなにも、激しく深い乳母の愛に包まれていたのですから、

家康が母の愛に飢えていたとは考えにくいでしょう。

 

家康の未亡人・バツイチ好きは、子供を授かりやすいから

三国志 女性

 

実際の所、家康がバツイチや未亡人を選んだのは、一度妊娠出産を経験した

女性は、お産が軽く済む事が多く、妊娠しやすいという理由だったようです。

なにしろ、当時は乱世です、血を分けた子供は、成長すれば領地の城を

任せたり外交で他家の人質に出したり、縁組で同盟関係を強化したりと

まさに多ければ多い程よかったのです。

 

それを裏付けるように、家康が年老い、天下が定まると、

今度は反対に自分よりも50歳も下の10代女性に手をつけるようになります。

その頃には、徳川幕府も安泰になり、自分の子供をそれ以上増やす

必要がなくなり、純粋に自分の好みで女性を選ぶようになった・・

という事なのかも知れません。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  2. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  3. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  4. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  5. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  6. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  7. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  8. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  2. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  3. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  5. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  6. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの? 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう) もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

おすすめ記事

  1. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  2. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた
  3. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  6. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝
  7. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で?
  8. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP