曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】

この記事の所要時間: 322




スキッパーキ

 

さて、「はじめてのスキッパーキ」第2回。

今回はスキッパーキという犬種について、更に深く紹介していきましょう。

調べてみると……実は謎の多い犬種であることがわかります。

前回記事:【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】




ところでベルギー原産で有名な犬と言えば?

スキッパーキ

 

スキッパーキはベルギー原産の犬、ということは前回もお話しした通りです。

さて、ベルギーというと皆さんは何を連想しますか?

 

ベルギーワッフル?

それともトラピストビールでしょうか?

 

実はベルギー原産とされる犬の中には、日本人の多くの人が知っている、

有名な犬がいるのですが、なんのことだか、おわかりになりますか?

 

それは『フランダースの犬』に登場する、パトラッシュです。

 

イギリスの女流作家ウィーダの小説『フランダースの犬』は、

日本ではアニメ化されて有名ですね。

40年以上も前の作品ですが、いまだに『懐かしのアニメベスト◯◯』

みたいな番組で紹介されることが多いので、平成生まれの人でも

ご存知の方は多いのではないでしょうか?

 

原作小説がイギリス人作家の作品だったため、物語の舞台となった

ベルギーでは実はあまりその名を知られていませんでしたが、

日本人観光客があまりに『フランダースの犬』の話をするので、

いわば逆輸入される形で現地での知名度が上がり、銅像まで建てられた

……というのは、わりと良く知られたトリビアでしょう。




じゃあ、パトラッシュのモデルがスキッパーキなの?

スキッパーキ

 

……残念ながらそうではないんですね。

 

パトラッシュのモデルになったのは、

ベルギーとフランスの国境地帯のフランドル地方(フランダース)

原産のブービエ・デ・フランダースだと言われています。

 

Bouvier des Flandres wiki

(Photo by wikipedia)

 

名前の“ブービエ”とは『牛追い犬』という意味で、

体格のがっしりとした大型犬です。

荷馬車曳きとして使役されていた記録もあり、『フランダースの犬』の

劇中でもパトラッシュがミルク缶を乗せた荷馬車を曳くシーンがあったことを

考えると、どうやらこれが正解のようです。

 

まあ、体重7キロ前後のスキッパーキじゃ、

とても荷馬車なんて曳けないんですけどね。

 

『スキッパーキ』という名前について

スキッパーキ

 

スキッパーキという名前はベルギーからフランス北東部にかけて

使用されるフラマン語が語源で、「Schipperke」と書きます。

 

この犬種がSchipperkeと呼ばれるようになったのは19世紀末のこと。

もともと船の番犬をすることが多かったと言われていたことから、

ドイツ語で『小さな船長』を意味する言葉を元に名付けられたと、

長いこと言われてきました。日本でもこの考え方が主流でした。

 

一方、20世紀に入ると、ベルギー北部のフランデレン地方の方言で

「小さな羊飼い」=牧羊犬を意味する言葉を語源とするという説が

ベルギー本国で一般化、近年では日本でも、こちらの説が正しいと

考える方向性にあるようです。

 

はたして、スキッパーキは船乗り犬だったのか?

それとも牧羊犬だったのでしょうか?

 

スキッパーキの先祖はルーベルナールという牧羊犬だった

スキッパーキ
文献上のスキッパーキに関する確かな記録は17世紀頃のものですが、

この犬種自体はそれよりも古い時代から存在していました。

 

スキッパーキの祖先と言われているのはルーベルナールという

牧羊犬だったとされています。現代ではすでに絶滅してしますが、

オオカミに似た容貌の中型犬であったとされています。

 

実はスキッパーキ同様、このルーベルナールを先祖とするとされる

他の犬種があります。

 

それはベルジャン・シェパード・ドッグ・グローネンダール

(通称グローネンダール)という大型犬なのですが……。

 

European Groenendael male wiki

(Photo by wikipedia)

 

どうですか? この容貌。

スキッパーキがそのまま大きくなったようにしか見えません。

この2犬種が同じ祖先の血を引いているのは間違いないでしょう。

 

推測:スキッパーキは牧羊犬だった。

スキッパーキ

 

スキッパーキとグローネンダールの先祖だったルーベルナールは

牧羊犬とされています。そして、グローネンダールも19世紀までは

牧羊犬として使役されていました。

 

このことから考えれば、スキッパーキもまた、牧羊犬として使役される

犬種だったと考えるのが自然ではないでしょうか?

 

ちなみに、「スキッパーキ=船の番犬」説はどこから来たかというと、

どうやらオランダで実際にはしけなどの船の番犬として飼われることの

多かったというキースホンド、という犬種と勘違いされた、

というのが正解のようですね。

 

Keeshond wiki

(Photo by wikipedia)

 

スキッパーキライター 石川克世の独り言

石川克世

まだまだ謎の多い犬、スキッパーキ。

次回はスキッパーキの断尾にまつわる謎を追求します。

そこから、あの日本でも大人気の犬種との、意外な繋がりが……?

 

次回記事:【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】

 



よく読まれている記事

スキッパーキ

 

・よく読まれている記事:【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】

 

スキッパーキ

 

・よく読まれている記事:【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  2. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  3. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  5. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  6. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  7. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  8. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  2. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  3. 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました!
  4. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  5. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  6. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介 これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック! 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの? 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  2. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  3. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  4. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  5. 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る
  6. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  7. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  8. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP