三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】




スキッパーキ

 

ウェルシュ・コーギーと言えば皆さんもご存知の人気犬種。

1991年に小泉今日子とCMで共演して一躍ブームになったのは

有名な話ですね。

 

いいなCM キリンビバレッジ 午後の紅茶 小泉今日子 – YouTube

ところでこのコーギー、

ルーツをたどると意外な秘密があったりするんです。

今回はその、コーギーの秘密についてお話ししていきましょう。

前回記事:【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】




おまえの記事は「はじめてのスキッパーキ」じゃなかったのか?

スキッパーキ

 

「はじスキ」のクセにコーギーの話とか、タイトル詐欺だって?

 

ご安心ください。ちゃんと後で繋がりますから。

 

ところで、ウェルシュ・コーギーという犬種が

実は2種類あることをご存知でしょうか?

 

ひとつはウェルシュ・コーギー・ペンブローク。

もうひとつはウェルシュ・コーギー・カーディガン。

有名な人気犬種のコーギーはペンブロークの方です。

 

犬種としてはカーディガン種の方が古く、

紀元前1200年頃にケルト人がヨーロッパからイギリスの移住した際に

持ち込んだ犬が祖先だと考えられています。

 

一方のペンブローク種はカーディガン種から贈れること2000年以上、

西暦1107年に当時のイングランド王ヘンリー1世が招いた

フラマン人の職工がヨーロッパから伴ってきた犬が

その始祖になったと言われています。

 

その後、その子孫が交配によってカーディガン種に似た姿に

なっていったそうです。

 

両犬種は20世紀に入るまで同一犬種と考えられてきましたが、

1943年にイギリスケンネルクラブが、ウェールズ地方の

ペンブロークシャーを起源とするものをペンブローク種、

カーディガンシャーを起源とするものをカーディガン種に分けたことから、

2つの犬種に区別されるようになりました。

 

よく似た姿をした二つの犬種ですが、祖先はまったく違う

血筋の犬種であるとされています。

それぞれ諸説ありますが、カーディガン種はダックスフントに近い

系統の犬種が祖先とされ、ペンブロークの祖先となった犬は、

スキッパーキの系統だったようです。

 

……そう、ここでようやく、スキッパーキの登場です。

 

スキッパーキ

 

ペンブローク種の祖先がスキッパーキであったと明言する根拠と

なる資料は残念ながらないのですが、実は筆者はこの件について、

個人的に確信を抱いているのです。

 

それは両犬種に共通する特徴……というよりは習慣があるためです。

その習慣とは……断尾(だんび)です。




断尾って、なに?

スキッパーキ

 

断尾とは、読んで字のごとく犬の尾を切る習慣のことです。

身近な犬種としては、トイプードルにも断尾する習慣があります。

また、ドーベルマンはあの強面を演出するために、

断尾だけでなく断耳=耳もカットされることで知られています。

 

なぜ、しっぽを切ってしまうのか、ということについては、

その犬種によってそれぞれ違う理由があります。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの場合、

元々牧畜犬として使われていたため、しっぽを家畜に踏まれて

ケガすることを予防するため、と一般的には説明されています。

 

……しかし、筆者はこの説には懐疑的にならざるを得ません。

それはなぜか……?

 

ペンブロークに姿のよく似たカーディガンがいることは

お話しした通りですが、カーディガンはペンブロークと同じく

牧畜犬として使役されていたにも関わらず、断尾の習慣がありません。

 

同じ目的で作られた、よく似た体型の犬種なのに、

片方には断尾の習慣があり、もう片方にがない、って不思議ですよね?

 

ペンブローク種がカーディガン種より古い犬種なら、

まだ理由もわかります。

新しく作出された犬種に古い犬種の習慣が受け継がれなかった、

と考えることができるからです。

 

しかし、古い犬種にはなかった断尾の習慣を、

新しく作出されたペンブローク種だけにするようになった。

これはどう考えても疑問です。

 

これは完全に筆者の想像に過ぎない話ですが。

 

もしかすると、ペンブローク種の断尾の習慣の原因は、

実はその祖先にあたるイヌ……つまりスキッパーキにあるのかもしれません。

 

スキッパーキの断尾にまつわるひどい話

スキッパーキ

 

スキッパーキの存在が確認できるはっきりとした文献は

17世紀のものだ、とは以前お話しした通りですが、

実際にはそれよりもかなり古くから存在した犬種であったようです。

 

15世紀頃には、靴職人が害獣駆除のためにスキッパーキと思われる

「黒い小犬」を飼い、お手製の真鍮の首輪をつけさせて、

自慢し合った、なんて記述も文献に残されています。

 

スキッパーキ

 

スキッパーキの断尾の習慣はこの頃に生まれた、とする説もあります。

ある靴職人がイタズラ好きなスキッパーキに腹を立て、

そのしっぽを切ってしまった……というのです。

そのしっぽを切られたスキッパーキのスタイルが他の職人たちに受け、

以来、断尾の習慣ができた、と言われています。

 

スキッパーキ

 

なんともまあ、それが断尾するきっかけになったとすれば、

ずいぶんとひどい話ですが、とにかく、スキッパーキの断尾は

かなり早い時期から行われていたことだけは確かなようです。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの断尾の話に戻りましょう。

こうは考えられないでしょうか?

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの祖先はスキッパーキだった。

ヘンリー1世に招かれたフラマン人の職工が連れてきた

スキッパーキには、すでに断尾の習慣があった。

そのスキッパーキの子孫となったイヌにも断尾の習慣が残り、

そして生み出されたのが、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークだった……。

 

確かなことは分からないのですが、

筆者にはどうもこう思えてならないのです。

 

断尾の習慣は現代では残酷だとして、ヨーロッパではこれを

禁止する国も増え、日本でも多くのブリーダーが断尾を止めています。

いずれ、しっぽのないコーギーやスキッパーキはいなくなるでしょう。

 

スキッパーキ

 

まあ、しっぽのないコーギーのおしり(「桃尻」と形容されますが)や

スキッパーキのおしりが可愛いのも確かなんですけどね。

 

なんとも、業の深い話ではあります。

 

スキッパーキライター 石川克世の独り言

石川克世

 

さてさて、次回「はじめてのスキッパーキ」は、

筆者の愛犬、小太郎さんの七不思議に迫ります(嘘)

果たして、小太郎さんの謎攻撃「のびのびアタック」とは!!

 

乞うご期待!!

 



よく読まれている記事

スキッパーキ

 

・よく読まれている記事:【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】

 

スキッパーキ

 

・よく読まれている記事:【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  2. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  3. 孔子と儒教 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる…
  4. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた
  5. 張コウ 張郃 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  6. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  7. 魔王曹操 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  8. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 
  2. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  3. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  4. 曹操と機密保持
  5. 光武帝を解説する荀彧
  6. 曹仁 三国志 ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 過労死する諸葛孔明
  2. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  3. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  4. 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。演義編に新シナリオ「徐庶伝」を追加。お得なパッケージの限定販売も
  5. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  6. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?

三國志雑学

  1. 劉禅
  2. 曹操は褒め上手
  3. 殺害される姜維と鍾会
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫権 劉備 対立
  2. 貂蝉 董卓 呂布
  3. 陸遜

おすすめ記事

張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!! 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの? 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる! 賈詡 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎 燃える本能寺 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP