広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】

この記事の所要時間: 356




スキッパーキ

 

ウェルシュ・コーギーと言えば皆さんもご存知の人気犬種。

1991年に小泉今日子とCMで共演して一躍ブームになったのは

有名な話ですね。

 

いいなCM キリンビバレッジ 午後の紅茶 小泉今日子 – YouTube

ところでこのコーギー、

ルーツをたどると意外な秘密があったりするんです。

今回はその、コーギーの秘密についてお話ししていきましょう。

前回記事:【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】




おまえの記事は「はじめてのスキッパーキ」じゃなかったのか?

スキッパーキ

 

「はじスキ」のクセにコーギーの話とか、タイトル詐欺だって?

 

ご安心ください。ちゃんと後で繋がりますから。

 

ところで、ウェルシュ・コーギーという犬種が

実は2種類あることをご存知でしょうか?

 

ひとつはウェルシュ・コーギー・ペンブローク。

もうひとつはウェルシュ・コーギー・カーディガン。

有名な人気犬種のコーギーはペンブロークの方です。

 

犬種としてはカーディガン種の方が古く、

紀元前1200年頃にケルト人がヨーロッパからイギリスの移住した際に

持ち込んだ犬が祖先だと考えられています。

 

一方のペンブローク種はカーディガン種から贈れること2000年以上、

西暦1107年に当時のイングランド王ヘンリー1世が招いた

フラマン人の職工がヨーロッパから伴ってきた犬が

その始祖になったと言われています。

 

その後、その子孫が交配によってカーディガン種に似た姿に

なっていったそうです。

 

両犬種は20世紀に入るまで同一犬種と考えられてきましたが、

1943年にイギリスケンネルクラブが、ウェールズ地方の

ペンブロークシャーを起源とするものをペンブローク種、

カーディガンシャーを起源とするものをカーディガン種に分けたことから、

2つの犬種に区別されるようになりました。

 

よく似た姿をした二つの犬種ですが、祖先はまったく違う

血筋の犬種であるとされています。

それぞれ諸説ありますが、カーディガン種はダックスフントに近い

系統の犬種が祖先とされ、ペンブロークの祖先となった犬は、

スキッパーキの系統だったようです。

 

……そう、ここでようやく、スキッパーキの登場です。

 

スキッパーキ

 

ペンブローク種の祖先がスキッパーキであったと明言する根拠と

なる資料は残念ながらないのですが、実は筆者はこの件について、

個人的に確信を抱いているのです。

 

それは両犬種に共通する特徴……というよりは習慣があるためです。

その習慣とは……断尾(だんび)です。




断尾って、なに?

スキッパーキ

 

断尾とは、読んで字のごとく犬の尾を切る習慣のことです。

身近な犬種としては、トイプードルにも断尾する習慣があります。

また、ドーベルマンはあの強面を演出するために、

断尾だけでなく断耳=耳もカットされることで知られています。

 

なぜ、しっぽを切ってしまうのか、ということについては、

その犬種によってそれぞれ違う理由があります。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの場合、

元々牧畜犬として使われていたため、しっぽを家畜に踏まれて

ケガすることを予防するため、と一般的には説明されています。

 

……しかし、筆者はこの説には懐疑的にならざるを得ません。

それはなぜか……?

 

ペンブロークに姿のよく似たカーディガンがいることは

お話しした通りですが、カーディガンはペンブロークと同じく

牧畜犬として使役されていたにも関わらず、断尾の習慣がありません。

 

同じ目的で作られた、よく似た体型の犬種なのに、

片方には断尾の習慣があり、もう片方にがない、って不思議ですよね?

 

ペンブローク種がカーディガン種より古い犬種なら、

まだ理由もわかります。

新しく作出された犬種に古い犬種の習慣が受け継がれなかった、

と考えることができるからです。

 

しかし、古い犬種にはなかった断尾の習慣を、

新しく作出されたペンブローク種だけにするようになった。

これはどう考えても疑問です。

 

これは完全に筆者の想像に過ぎない話ですが。

 

もしかすると、ペンブローク種の断尾の習慣の原因は、

実はその祖先にあたるイヌ……つまりスキッパーキにあるのかもしれません。

 

スキッパーキの断尾にまつわるひどい話

スキッパーキ

 

スキッパーキの存在が確認できるはっきりとした文献は

17世紀のものだ、とは以前お話しした通りですが、

実際にはそれよりもかなり古くから存在した犬種であったようです。

 

15世紀頃には、靴職人が害獣駆除のためにスキッパーキと思われる

「黒い小犬」を飼い、お手製の真鍮の首輪をつけさせて、

自慢し合った、なんて記述も文献に残されています。

 

スキッパーキ

 

スキッパーキの断尾の習慣はこの頃に生まれた、とする説もあります。

ある靴職人がイタズラ好きなスキッパーキに腹を立て、

そのしっぽを切ってしまった……というのです。

そのしっぽを切られたスキッパーキのスタイルが他の職人たちに受け、

以来、断尾の習慣ができた、と言われています。

 

スキッパーキ

 

なんともまあ、それが断尾するきっかけになったとすれば、

ずいぶんとひどい話ですが、とにかく、スキッパーキの断尾は

かなり早い時期から行われていたことだけは確かなようです。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの断尾の話に戻りましょう。

こうは考えられないでしょうか?

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの祖先はスキッパーキだった。

ヘンリー1世に招かれたフラマン人の職工が連れてきた

スキッパーキには、すでに断尾の習慣があった。

そのスキッパーキの子孫となったイヌにも断尾の習慣が残り、

そして生み出されたのが、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークだった……。

 

確かなことは分からないのですが、

筆者にはどうもこう思えてならないのです。

 

断尾の習慣は現代では残酷だとして、ヨーロッパではこれを

禁止する国も増え、日本でも多くのブリーダーが断尾を止めています。

いずれ、しっぽのないコーギーやスキッパーキはいなくなるでしょう。

 

スキッパーキ

 

まあ、しっぽのないコーギーのおしり(「桃尻」と形容されますが)や

スキッパーキのおしりが可愛いのも確かなんですけどね。

 

なんとも、業の深い話ではあります。

 

スキッパーキライター 石川克世の独り言

石川克世

 

さてさて、次回「はじめてのスキッパーキ」は、

筆者の愛犬、小太郎さんの七不思議に迫ります(嘘)

果たして、小太郎さんの謎攻撃「のびのびアタック」とは!!

 

乞うご期待!!

 



よく読まれている記事

スキッパーキ

 

・よく読まれている記事:【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】

 

スキッパーキ

 

・よく読まれている記事:【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/2…
  3. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  4. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  5. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  6. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  7. 東方明珠って、何者?
  8. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  2. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  3. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  4. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  5. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  6. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!? 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた

おすすめ記事

  1. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  3. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  4. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  5. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  6. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介
  8. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP