架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3

この記事の所要時間: 32




劉禅

 

PART1では見事劉禅を降し、

日本の戦国大名である小早川秀秋が勝利を勝ち取ります。

後が無くなった蜀の二代目皇帝である劉禅は、

PART2で見事小早川秀秋から勝ち、一勝一敗に持ち込みます。

最終決戦であるPART3では一体どちらが勝ち、本当の無能者が決まります。

 

前回記事:【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1

前回記事:【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2




最後は潔かったか対決

董允 劉禅

 

人には必ず死が訪れます。

これは人に限らず、生物であれば不可避の自称であります。

今回は戦国武将である小早川秀秋の死と劉禅の最後どちらが潔かったか

対決を行いたいと思います。

さて初めは秀秋さんからです。




最後は潔かったか【秀秋編】

三国正史 劉禅

 

秀秋は関ヶ原の戦いの活躍により、岡山55万石の大大名へと出世します。

しかしその2年後突如彼は亡くなってしまいます。

秀秋の最後は謎に包まれており、はっきりとしません。

しかし彼の死はいくつか候補がのこっておりました。

 

秀秋の死因その1【祟り】

photo credit: Purple haze via photopin (license)

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

秀秋の死因として一番知られているのは、やはり祟りではないでしょうか。

西軍の総大将石田三成の祟りや秀秋が寝返った際、少ない軍勢ながら、

孤軍奮闘するも、全滅の憂き目を見た大谷吉継の祟り。

これらの祟りが秀秋の精神を崩壊させ、亡くなったとの説が存在します。

 

秀秋の死因その2【毒殺】

 

家康は小早川秀秋を岡山に領地を与えます。

その後彼が意外にもしっかりとした政策を行っている事を

知った家康は、このままでは豊臣家を助ける大名として成長する危険があると

考え、秀秋を毒殺した説。

この説は豊臣恩顧の将として最有力候補であった加藤清正も家康に毒殺された

説が残っておりますね。

 

死因その3【酒毒】

 

秀秋は15歳くらいから酒が好きでがつがつ飲みます。

これが原因でアルコール依存症になり、内臓が悪くなって亡くなったと

されています。

この説はテレビで取り上げられ、現代のお医者様が研究した成果が上がっており、

今一番有力な説です。

しかしこの対決の潔さと言う点においては、彼に潔さなど微塵も感じる事が出来ませんね。

全て自分が招いた結果ですから。

さて次は劉禅の番です。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  2. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった…
  3. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  4. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  5. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  6. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  7. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  8. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  2. 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?
  3. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  4. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?
  5. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  6. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった! 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】

おすすめ記事

  1. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  2. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  3. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  4. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男
  5. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  6. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  7. 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  8. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP