呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3

劉禅




劉禅

 

PART1では見事劉禅を降し、

日本の戦国大名である小早川秀秋が勝利を勝ち取ります。

後が無くなった蜀の二代目皇帝である劉禅は、

PART2で見事小早川秀秋から勝ち、一勝一敗に持ち込みます。

最終決戦であるPART3では一体どちらが勝ち、本当の無能者が決まります。

 

前回記事:【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1

前回記事:【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2




最後は潔かったか対決

董允 劉禅

 

人には必ず死が訪れます。

これは人に限らず、生物であれば不可避の自称であります。

今回は戦国武将である小早川秀秋の死と劉禅の最後どちらが潔かったか

対決を行いたいと思います。

さて初めは秀秋さんからです。




最後は潔かったか【秀秋編】

三国正史 劉禅

 

秀秋は関ヶ原の戦いの活躍により、岡山55万石の大大名へと出世します。

しかしその2年後突如彼は亡くなってしまいます。

秀秋の最後は謎に包まれており、はっきりとしません。

しかし彼の死はいくつか候補がのこっておりました。

 

秀秋の死因その1【祟り】

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

秀秋の死因として一番知られているのは、やはり祟りではないでしょうか。

西軍の総大将石田三成の祟りや秀秋が寝返った際、少ない軍勢ながら、

孤軍奮闘するも、全滅の憂き目を見た大谷吉継の祟り。

これらの祟りが秀秋の精神を崩壊させ、亡くなったとの説が存在します。

 

秀秋の死因その2【毒殺】

photo credit: Taliessin’s Folly via photopin (license)

 

家康は小早川秀秋を岡山に領地を与えます。

その後彼が意外にもしっかりとした政策を行っている事を

知った家康は、このままでは豊臣家を助ける大名として成長する危険があると

考え、秀秋を毒殺した説。

この説は豊臣恩顧の将として最有力候補であった加藤清正も家康に毒殺された

説が残っておりますね。

 

死因その3【酒毒】

photo credit: Seagull and Mt Stephens via photopin (license)

 

秀秋は15歳くらいから酒が好きでがつがつ飲みます。

これが原因でアルコール依存症になり、内臓が悪くなって亡くなったと

されています。

この説はテレビで取り上げられ、現代のお医者様が研究した成果が上がっており、

今一番有力な説です。

しかしこの対決の潔さと言う点においては、彼に潔さなど微塵も感じる事が出来ませんね。

全て自分が招いた結果ですから。

さて次は劉禅の番です。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  2. 司馬懿 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件
  3. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう…
  4. 曹叡 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可…
  5. 楽進の矢でが命を落とす成廉 魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!?
  6. 徐晃 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの??
  7. 織田信長 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  8. 呂布のラストウォー 呂布 人中の鬼人呂布のラストウォー下邳の戦いを紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 承諾する曹操
  2. 李牧
  3. 楽進

おすすめ記事

  1. 曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…!
  2. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父
  3. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】 反対する賈充
  4. 武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い! 上杉謙信
  5. 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍 徳川慶喜(幕末)
  6. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊

三國志雑学

  1. 三国志 象兵
  2. 孔明
  3. 呂蒙
  4. 降伏する劉禅
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄忠
  2. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  3. 魯粛と周瑜

おすすめ記事

潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将 姜維 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か? 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利! 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】 魯粛と周瑜が詐欺を決行 ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機! 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その10「光明の龍」 劉備 危機一髪 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP