編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1

この記事の所要時間: 625




三国志 麻雀

 

三国志といえば皆さんは魏・蜀・呉の三国が中華の覇権を争った時代の事を言います。

しかし中華にだけ三国志があったわけではありません。

日本にもこの三国志に似たような状況があった事をご存知でしょうか。

日本の戦国時代の九州地方にも三国が並びたち、

九州の覇権をかけて戦っていた時代がありました。




日本の三国志っていったい何

孫権日本

 

日本の戦国時代、九州地方は豪族が並びたちます。

その中でも勢力を拡大した三国が拮抗し、九州の覇権を争います。

三国が争っていることから「九州三国志」と

しばしば言われている事があるのをご存知でしたか。




九州三国志とは

鹿児島

 

九州三国志とは肥前(ひぜん)・肥後(ひご)に加え、

筑前(ちくぜん)・筑後(ちくご)の半国

(現在の長崎県・佐賀県・熊本半国・福岡半国)などを

勢力下におさめた肥前の熊と言われた竜造寺(りゅうぞうじ)家。

豊前(ぶぜん)・豊後(ぶんご)を勢力下におさめ、

筑前(ちくぜん)・筑後(ちくご)の半国を加えたキリシタン大名である

大友(おおとも)家。

最後に薩摩(さつま)・日向(ひゅうが)・大隅(おおすみ)(現在の鹿児島県全域)

の国を治め、日本一の強さを誇った薩摩隼人(さつまはやと)を率いる島津家。

この三国が九州統一の覇権をかけて戦いを繰り広げたことから、

九州三国志と言われています。

 

肥前の熊・竜造寺隆信ってどんな人

竜造寺隆信 wiki

(画像引用元:wikipedia 龍造寺隆信)

九州の三国を紹介しました。

次に九州の覇権を争った大名の紹介をしていきます。

まずは肥前の熊と言われた竜造寺隆信(りゅうぞうじ)をザクッと紹介していきます。

竜造寺隆信を一言で表すと冷酷非道な人物です。

隆信は爺様の跡を継ぐことになりますが、

幼少期に一度、竜造寺家を滅ぼされている事から周りの家臣や豪族達を信じませんでした。

そのため、少しでも疑いのある家臣をすぐに処断しておりました。

彼の冷酷非道さを伝えるエピソードがあります。

竜造寺家を助けてくれたある豪族が敵である島津家に内通していた事実が判明。

隆信は激怒し、その豪族を宴会に誘い出して殺害します。

その後処断した豪族の一族全てを殺害し、反乱を起こす可能性を断ちます。

恩がある豪族でも容赦なく殺害する隆信の冷酷さがうかがえます。

しかし竜造寺家が再興された時、

豪族と同じくらいの勢力しか持っていなかった小大名でしたが、

隆信が竜造寺家当主となると冷酷非道な君主であったが、

勢力を一気に拡大した事は事実であるため、彼の評価には賛否両論があります。

竜造寺家は三国志の立ち位置でいうと呉に近いと思います。

 

キリシタン大名で一時は九州最大の勢力を誇っていた大友宗麟

大友宗麟 wikipedia

(画像引用元:wikipedia 大友義鎮

 

九州最大の勢力を築き九州三国志の中でも最強であった大友家当主である

大友宗麟(おおともそうりん)。

彼は戦国時代では数少ないキリシタン大名として有名な人物ですが、

彼が大友家を継ぐ際、家督争いが勃発。

弟と母を殺害して大友家の当主となります。

当主となってからは家臣の裏切りなどが起き、厳しい状況に幾度も立たされますが、

その苦境を乗り越え、大友家の地盤を固めます。

宗麟は大友家の地盤を固めた後、筑前・筑後に勢力を拡大し、

九州地方における覇者として君臨することになります。

読者の皆さんが知っている中国の三国志でいうと魏の立ち位置です。

 

九州最強の兵を抱える南九州の雄・島津義久

島津義久 wiki

(画像引用元:wikipedia 島津義久)

 

薩摩(現在の鹿児島県)を本拠地として、薩摩隼人と言われる精強な兵を持つ

島津家当主・島津義久(しまづよしひさ)。

彼は幼少期おとなしく控えめな人でした。

しかし祖父から「薩摩・大隅・日向を治めることのできる人材はこの子だ」と

幼少期からすでにその才能があり期待をかけられておりました。

父貴久(たかひさ)が亡くなると、島津家の当主として君臨。

彼には四人の兄弟がおり、

次男義弘(よしひろ)は勇猛果敢で、戦略に優れ、

戦の総大将にふさわしい能力を持っておりました。

三男歳久(としひさ)は智謀に優秀で、

四男家久は戦術に優れておりました。

兄弟4人は協力して島津家の勢力拡大に励んでいきます。

三国志でいうと蜀の立ち位置に近いかもしれませんね。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  2. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  3. 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史
  4. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  5. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲…
  6. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  7. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  8. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  2. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  3. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  4. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  5. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  6. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの? 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 涙なしには語れない桃園の結義 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介! またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?

おすすめ記事

  1. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備
  2. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  3. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】
  4. 呂布、ナイスシュート!
  5. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  6. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  7. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  8. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP