編集長日記
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての変

【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1

この記事の所要時間: 623




三国志 麻雀

 

三国志といえば皆さんは魏・蜀・呉の三国が中華の覇権を争った時代の事を言います。

しかし中華にだけ三国志があったわけではありません。

日本にもこの三国志に似たような状況があった事をご存知でしょうか。

日本の戦国時代の九州地方にも三国が並びたち、

九州の覇権をかけて戦っていた時代がありました。




日本の三国志っていったい何

孫権日本

 

日本の戦国時代、九州地方は豪族が並びたちます。

その中でも勢力を拡大した三国が拮抗し、九州の覇権を争います。

三国が争っていることから「九州三国志」と

しばしば言われている事があるのをご存知でしたか。




九州三国志とは

鹿児島

 

九州三国志とは肥前(ひぜん)・肥後(ひご)に加え、

筑前(ちくぜん)・筑後(ちくご)の半国

(現在の長崎県・佐賀県・熊本半国・福岡半国)などを

勢力下におさめた肥前の熊と言われた竜造寺(りゅうぞうじ)家。

豊前(ぶぜん)・豊後(ぶんご)を勢力下におさめ、

筑前(ちくぜん)・筑後(ちくご)の半国を加えたキリシタン大名である

大友(おおとも)家。

最後に薩摩(さつま)・日向(ひゅうが)・大隅(おおすみ)(現在の鹿児島県全域)

の国を治め、日本一の強さを誇った薩摩隼人(さつまはやと)を率いる島津家。

この三国が九州統一の覇権をかけて戦いを繰り広げたことから、

九州三国志と言われています。

 

肥前の熊・竜造寺隆信ってどんな人

竜造寺隆信 wiki

(画像引用元:wikipedia 龍造寺隆信)

九州の三国を紹介しました。

次に九州の覇権を争った大名の紹介をしていきます。

まずは肥前の熊と言われた竜造寺隆信(りゅうぞうじ)をザクッと紹介していきます。

竜造寺隆信を一言で表すと冷酷非道な人物です。

隆信は爺様の跡を継ぐことになりますが、

幼少期に一度、竜造寺家を滅ぼされている事から周りの家臣や豪族達を信じませんでした。

そのため、少しでも疑いのある家臣をすぐに処断しておりました。

彼の冷酷非道さを伝えるエピソードがあります。

竜造寺家を助けてくれたある豪族が敵である島津家に内通していた事実が判明。

隆信は激怒し、その豪族を宴会に誘い出して殺害します。

その後処断した豪族の一族全てを殺害し、反乱を起こす可能性を断ちます。

恩がある豪族でも容赦なく殺害する隆信の冷酷さがうかがえます。

しかし竜造寺家が再興された時、

豪族と同じくらいの勢力しか持っていなかった小大名でしたが、

隆信が竜造寺家当主となると冷酷非道な君主であったが、

勢力を一気に拡大した事は事実であるため、彼の評価には賛否両論があります。

竜造寺家は三国志の立ち位置でいうと呉に近いと思います。

 

キリシタン大名で一時は九州最大の勢力を誇っていた大友宗麟

大友宗麟 wikipedia

(画像引用元:wikipedia 大友義鎮

 

九州最大の勢力を築き九州三国志の中でも最強であった大友家当主である

大友宗麟(おおともそうりん)。

彼は戦国時代では数少ないキリシタン大名として有名な人物ですが、

彼が大友家を継ぐ際、家督争いが勃発。

弟と母を殺害して大友家の当主となります。

当主となってからは家臣の裏切りなどが起き、厳しい状況に幾度も立たされますが、

その苦境を乗り越え、大友家の地盤を固めます。

宗麟は大友家の地盤を固めた後、筑前・筑後に勢力を拡大し、

九州地方における覇者として君臨することになります。

読者の皆さんが知っている中国の三国志でいうと魏の立ち位置です。

 

九州最強の兵を抱える南九州の雄・島津義久

島津義久 wiki

(画像引用元:wikipedia 島津義久)

 

薩摩(現在の鹿児島県)を本拠地として、薩摩隼人と言われる精強な兵を持つ

島津家当主・島津義久(しまづよしひさ)。

彼は幼少期おとなしく控えめな人でした。

しかし祖父から「薩摩・大隅・日向を治めることのできる人材はこの子だ」と

幼少期からすでにその才能があり期待をかけられておりました。

父貴久(たかひさ)が亡くなると、島津家の当主として君臨。

彼には四人の兄弟がおり、

次男義弘(よしひろ)は勇猛果敢で、戦略に優れ、

戦の総大将にふさわしい能力を持っておりました。

三男歳久(としひさ)は智謀に優秀で、

四男家久は戦術に優れておりました。

兄弟4人は協力して島津家の勢力拡大に励んでいきます。

三国志でいうと蜀の立ち位置に近いかもしれませんね。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群…
  2. 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政…
  3. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  4. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  5. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  6. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  7. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  8. 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?
  2. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  3. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  4. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  5. 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】
  6. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの? 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず

おすすめ記事

  1. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  3. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  4. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  5. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  6. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?
  7. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!
  8. 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP