【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」




戦え于禁㈰01

 

于禁(うきん)、字は文則は山を駆けるのが好きだ。

何日も獲物を追跡し、弓矢で仕留める。

熹平元年(172年)に生まれているので、今年の初平三年(192年)で21歳となる。

 

戦え于禁㈰02

 

弓術は幼いころから父親に習い、10歳の頃には武芸の腕と政治の手腕で有名だった鮑信(ほうしん)に教えを乞い、その技を磨いた。

鮑信からは10年のひとりの逸材と呼ばれたが、なにせ于禁自身に戦場で弓矢を放つつもりはなかった。

山で鹿や猪を狩って生きていくのが性に合っていると信じてはばからない。




「文則!当主(ちちうえ)が及びだ!早々に戻ってこい!!」

山に于禁を呼ぶ声が響き渡る。女のように高い声だ。声の主が誰なのかすぐに検討がついた。

 

戦え于禁㈰03

 

于禁は山奥の木の上で昼寝の最中であったから、ため息交じりで枝の上に立ち上がり、平地を眺めた。

赤と黒の混じった甲冑姿の兵の姿が見える。四方八方に向って同じ言葉を叫んでいた。

「フン、曼成の奴め雀のようにやかましい」

一方の枝にかけられていた弓を手に取った。矢をつがえる。平地の兵までの距離は百歩というところだった。

「文則返事をせよ!!」

兵は体全身を使ってそう叫んでいた。

風が吹く。枝がざわめく。それも計算にいれて射は放たねばならない。

于禁は呼吸を止めた。あらゆるものが一点に集中する瞬間を待つ。

雀が数羽飛んでいる。

平地の兵の頭上を飛んだ。

「フゥオオ」

于禁は息を吐きながら、ゆっくりと指先を離し、矢を放った。

 

矢は風にあおられながらも放物線を描き、平地の兵めがけて飛んでいく。

「文則どこじゃ!!」

兵がそう叫んだ瞬間、目の前を飛んでいた雀の首に矢が突き刺さって、落下した。

兵が剣を抜く。

左の頭上でもう一羽の雀が射られて落ちた。

 

李典

 

恐るべき腕前である。

「そこか文則、戦支度じゃ」

兵は驚きも恐れることもなく、矢が飛んできた方角の山を向いてそう云った。

「戦?どこぞの軍閥でもこの乗氏県に攻めてきたのか!?」

「詳しい話は軍議の場で話がある。今度は遠征だ。準備には時間がかかるだろう」

そう云うと兵は兜を脱いだ。澄んだ瞳をしている。色は白く、眉は太い。唇も厚く艶めいていて、一見では男か女か見分けがつかない。

「遠征だと?義に厚い李家の当主らしからぬ動きだな。曼成よ、他国を占領するなど、俺は手を貸す気はないぞ」

于禁が木の上からそう云い放つと、曼成と呼ばれた兵は、より一層厳しい表情を浮かべながら、

「領土拡大の遠征ではない。賊徒が攻めてくるのだ。それを防ぐための戦いよ」

「ほう。李乾の大親分は数千の食客を養っている。まあ、俺もそのひとりだが……賊徒ごときに遅れをとる李家ではあるまい」

「文則は山にこもっていて他人と話をしないからな。知らないのだろうが、

隣の青州から賊徒の大軍がこの兗州の地に攻め込んできている」

「青州から?また随分と遠くから遠征してくるものだな。

この兗州を敵にするということは、我が師である済北の相、鮑信様や、先日十万の黒山賊を成敗した東郡の太守、

曹操、そして兗州の牧である劉岱様らを敵に回すこと。賊徒ごときに到底勝ち目はあるまい」

鷹が一羽、矢に刺さって地面に転がっている雀をそのまま連れ去っていった

于禁はさらに矢をつがえてその鷹に狙いを絞る。

 

戦え于禁と李典

 

「やめておけ文則。そのような暇はもうない。このままでは牧様どころか鮑信様のお命も危ないのだ。

当主(ちちうえ)と鮑信様は朋友の間柄、この危急存亡の秋を見過ごすわけにはいかぬ」

その言葉を聞いて于禁は木から降り、山を駆けおりてきた。

「何者が攻めてくるのだ!?」

于禁は大きな目を見開いて曼成にそう尋ねた。

「黄巾の残党よ……数にして百三十万。それが一斉に兗州の州都に向かって進軍中だ」

「なに、百三十万だと。そんな馬鹿な数があるか。この兗州にいる兵を集めても三十万にも足らぬ」

「文則、お前の力が必要だ。軍議の場に来てくれ」

 

鷹がふたりの上空を気持ちよさそうに東へ飛んでいった。

その東から狂気の軍勢が迫っていた。

【1話完】

 

次回記事:【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 于吉
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 曹操(バカ殿ver)
  4. ホウ徳、馬超
  5. 袁紹を説得しようとする沮授

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP