呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人




曹操様お守りします

 

曹操(そうそう)は戦の中で命の危険に幾度となく遭遇し、その都度彼の家臣である典韋(てんい)や許褚(きょちょ)などの武将に助けてもらっています。

家臣に迷惑ばかりかけている曹操は、家臣の他にも自らの命の危機を助けてもらった事がありました。

曹操を救い出した人物の名は鮑信(ほうしん)といいます。

彼は曹操が挙兵した当初からの知り合いで、曹操の数少ない友達の一人であり、曹操ファンの一人でありました。




名門である鮑家の出身

鮑信

 

鮑信の家は代々高官に就き、儒学者として有名な家系でした。

鮑信は若いころから「節義があり、冷静沈着で智謀に富んだ人」と周りから高い評価を受けておりました。

そんな彼は漢の霊帝(れいてい)の時代に出仕して、騎都尉の位を与えられ、漢の大将軍である何進の部下として仕える事になります。




宦官一掃作戦に乗り遅れる

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

何進(かしん)は漢の朝廷で権力を持っている宦官を一掃するため、諸侯に協力を仰ぎます。

鮑信は何進に「地元に帰って兵士を集めるように」と命令を受けます。

彼は地元に帰郷し、数千の兵士を募兵。兵士達と共に洛陽へ赴きます。

しかし、洛陽に戻る途中で何進が宦官達によって殺害された事を聞きます。

鮑信は朝廷の現状を知るため、いったん軍勢を解散させ洛陽へ向かいます。

彼は洛陽に到着すると、董卓(とうたく)が自ら連れて来た兵力を背景に朝廷の権力を掌握しておりました。

彼はこの現状を見て危機感を募らせます。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

関連記事:何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

 

董卓の反乱を予見

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

鮑信は群雄の中で一番力を持っていた名門出身の袁紹(えんしょう)に「董卓は必ず漢王朝に反乱を起こします。今ならば連れて来た兵力が少なく、遠い所からきた兵士は疲労がたまっているだろうから、彼を討つのは容易だと思います。董卓を殺して名を挙げるなら今が絶好のチャンスです。」と提案します。

しかし若い時から優柔不断な袁紹は鮑信の提案に従いませんでした。

彼は袁紹の煮え切らない態度に怒って帰郷。帰郷後は自らの兵力を訓練して、董卓の反乱に備えます。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

関連記事:三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計

 

曹操と親交を結ぶ

董卓えらそう 独裁

 

董卓は漢王朝の政権を自らの思うままに政治を動かします。

董卓が漢の政治を取り仕切っていることに不満を覚えた各地の諸侯は、袁紹を盟主に据えて連合軍を結成します。

鮑信も地元で兵士を集めて連合軍に参加。

彼はこの時、背の小さい男と出会います。

その人物こそ後に三国志の覇者となる曹操です。

この時はまだ兵士の数も少なく、諸侯の一人でした。

鮑信は曹操と語り、意気投合します。

鮑信は何度か曹操と語り合ううちに彼の魅力に取りつかれファンになります。

彼はある日曹操に対して「君は優れた才能を持ち、各地の群雄を統率して乱を平定し、この国の本来あるべき姿に戻すことができる唯一の人材である。」とべた褒めします。こんなに褒められたら曹操も嫌な気はせず、彼との友情を育んでいきます。

 

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

関連記事:許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

 

董卓軍の徐栄に敗北

曹操頭痛

 

鮑信と曹操の二人は董卓を討伐する連合軍に加わり、各地で董卓軍と激闘を繰り広げ勝利を重ねていきます。

快進撃を続ける二人の前に董卓軍の武将である徐栄(じょえい)が卞水のほとりで陣を敷いて待ち構えていました。

鮑信軍と曹操軍は連合して徐栄軍とぶつかり、激闘を繰り広げます。

鮑信と曹操は必死に戦いますが敗れて退却。

鮑信は退却戦の時に弟を討ち取られてしまい、曹操は矢傷を負う程の大敗北し、二人はその後自らの領地に戻ります。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹休 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  2. 曹操 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?
  3. 苛ついている曹操 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイス…
  4. 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  5. 愛馬に乗る張遼 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】
  6. 凌統 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  7. 影の薄い孫権 何でこんなに孫権は地味なの?
  8. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 黒田官兵衛
  3. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓
  4. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  5. 賈詡と曹操と張繍
  6. 空腹の三国志の兵士

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  2. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  3. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 嬴政(始皇帝)
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】
  5. 三条実美とはどんな人?尊王攘夷派だが岩倉具視と仲が悪かったエリート 三条実美
  6. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族 諸葛誕

三國志雑学

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  2. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  3. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明の罠
  2. 曹操と羊
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操

おすすめ記事

【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志! 織田信長 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何? 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主 嫉妬している明智光秀 明智光秀の居城の作りは迷惑だった?突貫工事になってしまった理由とは 邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』の編者 夏侯覇 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!? 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず! 呂壱と孫権 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP