編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

この記事の所要時間: 313




趙高 キングダム

 

去勢された男性の使用人である宦官(かんがん)は、

皇帝に近い為に様々な権力を得て、後漢を滅ぼす原因を造ったというのが

三国志演義のストーリーです。

 

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

しかし、後漢が滅んだ後も、例えば、蜀では宦官の黄皓(こうこう)がのさばり、

蜀滅亡の要因の一つになりますよね?

「あれだけ宦官で苦労したんだから、宦官なんか廃止すればいいのに」

三国志の初心者の方は、そう疑問を持つそうです。

そこで、今回は簡単に、宦官がどうして滅びなかったか?を解説しましょう。




宦官が滅びない理由1 後宮を維持するのに必要だった

後宮 美女 階級

 

皇帝の宮殿の一番奥には、中国全土から集められた美女が暮らす、

後宮(こうきゅう)というハーレムがありました。

その美女達は、使用人を含めると3000名という数になります。

彼女達は、基本後宮から出られませんから、生活のすべてを

後宮で営まないといけません。

 

そこでは、食事の世話、水の世話、トイレ、寝室、伝言の依頼など

3000名分の沢山の用事が発生します。

 

それらの雑用は女性の使用人で出来る事もありますが、

中には重労働もあり、どうしても男の手が必要な事もあります。

 

ですが、美女達の中で健康な男性を働かせたら、

どんな間違いが起きるか分かったものではありません。

 

そこで、去勢して生殖能力を奪った宦官に男の仕事を代行させたのです。

つまり、後宮を維持するのに宦官は必要不可欠だったのです。



宦官が滅びない理由2 皇帝の相談相手として必要だった

献帝 恩賜の御衣

 

宮殿の外の目線から見れば、害毒にしか見えない宦官も、

皇帝にとっては、気を許して話す事が出来る友達でした。

 

実際、官職の売買を率先して行い、後漢王朝にトドメを刺した、

ボンクラ皇帝、霊帝(れいてい)は、お気に入りの宦官集団、

十常侍(じゅうじょうじ)を寵愛していて、

「自分の父母とも思う」とまで言っています。

 

霊帝

 

実際、宦官は自分が仕えた皇帝一代限りの存在で、

よほどの世渡り上手でない限り、次の皇帝の即位では、

別の宦官が寵愛される事になります。

 

だから、自分達が寄生している皇帝の身の安全と

自分達の保身の為には手段を選ばないで全力を尽くします。

 

事実、宦官のこの性質を利用して、外戚勢力から権力を奪い返した

桓帝(かんてい)のような皇帝もいるので、

他はともかく皇帝にとっては、宦官は無くてはならない存在だったようです。

 

宦官が滅びない理由3 皇帝専制国には宦官が不可欠だった

曹萌

 

実は宦官は、中国ばかりではありません。

古代のエジプトや、中近東のオスマン帝国、李氏朝鮮にまで、

宦官という存在はいました。

 

これらの国に共通するのは、巨大な権力を有した皇帝や、

国王が、血の正統性を理由に世襲制で子々孫々国を支配している

という国家体制です。

 

この制度は、何よりも、皇帝或いは国王の血をわけた子孫なくして、

国を存続させていく事は出来ません。

なので、一人でも多く、皇帝は自分の血をわけた王子や王女を、

沢山の美女に産ませる必要がありました。

 

その為には、美女を閉じ込めた皇帝しか入れない後宮を造る必要があり、

その後宮を維持する為には、絶対に宦官が必要だったのです。

 

宦官が滅びない理由4 宦官志望者が大勢いた

宦官集合 

 

初期の宦官は、数が足りないので、刑罰として宮刑を造り、

死を免れさせるかわりに去勢手術を受けさせて、なかば強制的に、

宦官を量産していました。

こうして、宦官にされた人物には、史記を書いた司馬遷(しばせん)がいます。

 

しかし、宦官になる事で、一代限りとは言え、この世の贅沢を極める

可能性があるという事が分ると、自ら去勢して宦官を志望する

貧しい男達が登場します。

 

清の時代の末期の事、宦官を新しく二千名募集したところ、

貧しい農民の男達が殺到して、定員オーバーした事があります。

しかし、すでに去勢してしまった男達は、今更、宦官になれない

と言われても途方に暮れるしかないので、宮廷では、

急きょ、定員を増やして、雇いいれるという有様でした。

 

宦官には需要と供給が常にあったという事も、

宦官が3000年という歴史を生き抜いた理由なのでしょう。

 

関連記事:【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

 

三国志ライターkawausoの補足

kawauso 三国志

 

宦官の害は、中国歴史に登場した英傑達も認識していましたが、

皇帝専制の政治体制を取る限り、これを廃止するのは不可能でした。

宦官は、去勢により体が例外なくブヨブヨに太り、

顔中皺だらけになるという外見上の特徴や、

金銭に異常に執着する態度から、特に庶民から嫉妬と憎悪の対象にされました。

 

しかし、宦官の全てが全て、悪党だったわけでもなく、

中には良い宦官もいたのです。

興味がある方は、サモ・ハン・キンポー監督が撮った、

チャイナ・フィナーレ、最後の宦官をご覧下さい。

 

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  2. 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ち…
  3. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好き…
  4. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  5. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  6. 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い
  7. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  8. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  2. 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】
  3. 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!
  4. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官
  5. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  6. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿 【大三国志 攻略5】分城のシステムを紹介します。青州最強の●●さんも登場!! 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家

おすすめ記事

  1. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】
  2. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  3. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人
  4. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  5. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?
  6. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP