朝まで三国志悪
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】

この記事の所要時間: 613




 

さてさて、毎度お馴染み「はじ三ミステリー研究所」。

今回は劉禅に使えた宦官としてその悪名を轟かす人物、

黄皓(こうこう)にスポットを当ててみようと思います。

 

 

三国志演義においては、

劉禅(りゅうぜん)を惑わし蜀漢滅亡の元凶となった佞臣として、

すっかり悪役の印象の強い黄皓ですが、

果たして、史実においても彼は演義に描かれているような

悪どい人物だったのでしょうか?

 

実は、ほんのちょっと視点を変えて見ると、

黄皓の意外な姿を垣間見ることができます。

果たして、黄皓の隠された正体とは……?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?




うわ、こいつ最悪!! 巫女を信じて国政をたぶらかした佞臣・黄皓

 

三国志演義では、黄皓の名前は第112回

「寿春を救って于詮、節に死し 長城を取って伯約、兵を鏖とす」

で初登場します。

 

まだ諸葛孔明が存命していた頃に、黄皓は私腹を肥やす佞臣として

物語に登場、孔明の死後は姜維の北伐を度々邪魔しては、

敵国である魏から賂を受け取るという小悪党ぶりを発揮します。

 

北伐の前線の状況が危うくなると、黄皓は怪しい巫女を使って

鬼神に占いを立て、まだ前線は崩壊しないという占いの結果を信じこみ。

姜維から届いた落城の報告などを隠蔽し、最終的には蜀の滅亡の

原因を作ってしまいます。

 

成都を攻略した鄧艾(とうがい)は黄皓をを処刑しようと

しますが、黄皓は金銀財宝を彼の部下に金銀財宝をばら撒き。

罪を逃れようとします。

 

しかし、黄皓の悪どさを看破していた司馬昭が黄皓を捕縛し、

五体を切り刻む「肉刑」という凄惨な刑罰で彼を処刑してしまいます。

 

演義における黄皓は、劉禅をたぶらかし、その寵愛を背景に

辣腕を振るって国政を意のままとし、私腹を肥やした

まさに亡国の佞臣として描かれているのです。




正史にもその悪評を書かれた黄皓(こうこう)。しかしその実態は……?

 

陳寿による正史「三国志」では、

黄皓の名前は諸葛孔明死後に登場します。

身分卑しい出身の宦官であった黄皓は、劉禅に気に入られて

引き立てられましたが、諸葛孔明の命を受けて劉禅のお目付け役で

あった董允(とういん)がこれを厳しく諌めたため、

黄皓は宮中でも低い身分のままでした。

 

しかし、董允の死後、陳祇(ちんし)がその後任となるや

黄皓は陳祇と結託、高い地位を得て国政を壟断するようになります。

そして陳祇が死ぬと、黄皓はついに蜀の実権をその手中に収めました。

 

まんまと蜀の実権を手に入れた黄皓。

そんな彼にとって目障りだったのは姜維でした。

黄皓は諸葛孔明の息子で反姜維派だった諸葛瞻や、同じく反姜維派の

董厥(とうけつ)と結託、姜維を追放しようとします。

 

姜維は劉禅に黄皓の専横を訴え処刑してほしいと進言しますが、

劉禅は彼の忠言を聞き入れませんでした。

この後、姜維は成都へ帰還できなくなり、北伐の戦線の状況は悪化します。

 

黄皓は他にも、気に入らない人物のことを劉禅に讒言し、

多くの人物が地位を失い、左遷されるハメになりました。

この中には、後に正史『三国志』の編纂を行う陳寿も含まれていたのです。

 

魏軍の攻勢におされた姜維は成都に援軍要請を出しますが

占いの結果「まだ大丈夫」と考えた黄皓は姜維の献策を

採用しないよう進言。

結局、前線は崩壊し成都はあっけなく陥落してしまいます。

 

演義と同様、鄧艾は黄皓の悪評を聞き知って、

彼を処刑しようとしますが、

史実では司馬昭が登場するヒマもなく、

黄皓は鄧艾の部下に対する賄賂作戦で何を逃れ、

いずこかに姿を消してしまいます。

 

以降、黄皓がどうなったか、史実には記録がありません。

 

関連記事:【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?

関連記事:【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

 

でも、黄皓ってそんなに悪人だったの? 正史の2つの疑問点

 

とまあ、正史と演義、どっちを見てもいいところなしの

我らが黄皓さんでありますが……。

 

実は、正史においては董允の死後、蜀は更に17年に

わたって国を維持しているのです。

 

もし、黄皓があの董卓(とうたく)のように、宮中で本当にやりたいほうだい

やらかしていたのなら、あの北伐末期の情勢下で、

蜀という国がコレほど維持しえたでしょうか?

 

実は、史実に書かれた黄皓の悪行には2つの疑問点があるのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

疑問点その1。姜維と敵対したのは黄皓だけじゃなかった。

 

姜維は北伐に入れ込むあまり、国政を顧みず、そのために

政治中枢にあった多くの人物から怒りを買っていました。

また、もともと姜維は魏の人間でもあります。

いざとなったら蜀を裏切る可能性だって考えられていたでしょう。

成都における反姜維の動きは、そうした状況の当然の帰結とも言えます。

 

黄皓が姜維を排除しようとした時、諸葛瞻や董厥も、

彼の動きに同調しています。

蜀の滅亡の大きな要因となった前線の弱体化を招いたのは、

決して黄皓ひとりの責任に帰するものではないでしょう。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

疑問点その2。陳寿は黄皓を憎んでいた?

 

黄皓は宮中の気に入らない相手に関する讒言を

劉禅に繰り返し、結果多くの人材が左遷の憂き目にあっています。

 

その中には先にも記した通り、

後に『三国志』の編纂を手がける陳寿(ちんじゅ)も名を連ねています。

 

宦官として国政を壟断し続けた黄皓

そしてその黄皓によって左遷の憂き目にあった陳寿。

彼が『三国志』を編纂するにあたって、

黄皓に対して完全に平等な視点から記述しえたと言えるのか、

いささか疑問であることは否めません。

 

関連記事:陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

 

なんで劉禅は黄皓なんかが気に入ったの?

 

とはいえ、私腹を肥やし、気に入らない者は

左遷に追い込んで宮中から追放するなど、

黄皓が典型的な「小悪党」であったことは間違いなさそうです。

 

だとすると気になるのは……なんで劉禅は黄皓のことが

気に入ったのでしょうか?

 

※CAUTION!!

 

ここからは完全に筆者の勝手な想像(妄想)の話です。

そのことをどうかご留意の上、生暖かい目でお読み戴けますよう。

 

黄皓の出世の原因は、厳しすぎた董允のせいだった?

 

董允という人物は、諸葛孔明が劉禅に上奏した「出師の表」において

費禕(ひい)や郭攸之(かくゆうし)と並び、国政や宮中のことを

任せるに足るとしたほどの人物です。

 

 

国難の時代、董允は主君である劉禅に、厳しく当たりました。

劉禅は「お嫁さんがいっぱいほしい!!」と、常々後宮の増員を

望んでいましたが、董允は「あなたにはもう十分お相手が

いるではないですか」と、彼の要望を突っぱね、後宮の拡大に

反対を続けていました。

 

また、劉禅が黄皓を重用しようとすると、

董允は厳しくそれを諌めており、結果黄皓は董允が死ぬまでは

出世する緒を見出すことができませんでした。

 

劉禅はなにかと口やかましい董允のことを疎ましく思ってましたが、

彼の言い分に逆らうこともできずに萎縮してしまいます。

 

董允の死後、劉禅が黄皓を出世させたのも、

董允という「目の上のたんこぶ」が取れたことで、

劉禅がハメを外した結果と言えるかもしれません。

 

あるいは、董允がもう少し、劉禅の気持ちに配慮していれば

彼が後に黄皓をここまで重用したことはなかったかもしれません。

 

黄皓はお世辞の上手い小悪党だった?

 

劉備の子として生を受けた劉禅。

その青春時代は、まさに戦乱の中にありました。

 

自身の拠点を持っていなかった劉備が、

「天下三分の計」を実現するべく、荊州から益州を攻略し

劉禅もそれに伴い、居を転々と移していくことになります。

 

 

劉禅の周囲には、関羽や張飛のような、

ヤクザ上がりのような強面の武将ばかり。

その上、わずか17歳で父を失うと、

蜀の皇帝の地位に据えられ、

孔明を始め、費禕や董允といった厳しく彼を監視する

目の中で、息を抜く間もない日々が続きました

 

ちょっとハメを外したくても、お目付け役の

董允は首を振ってくれません。

おそらく劉禅の中には、思い通りに生きられない

ことへのフラストレーションがたまっていきました。

 

そんな時、彼の前に現れたのが黄皓です。

黄皓はきっと口先三寸、劉禅に対しておもねり、

宦官らしくおべんちゃらのかぎりを尽くしたのではないでしょうか?

 

先君の偉大さと、残された使命という重い荷物。

そして、伝説的な武将や天才的軍師の厳しい視線の中で

凡人としてのコンプレックスを抱えて鬱々と過ごしていた

劉禅にとっては、黄皓におだてあげられるのはさぞ気持ちが

よかったに違いありません。

 

黄皓を重用した劉禅が置かれていた立場を考えると、

ふと、そんな想像をしてしまうのは、果たして筆者だけでしょうか?

 

まあ、前線からの報告を握りつぶしてしまったり、

いわば私怨で有能な人材を左遷に追い込んだりと、

黄皓がろくでもない人物であったことは間違いありません。

 

しかし、演義に描かれたような「肉刑」で惨殺されねばならないほど、

極悪人であったとも思えません。

 

やはり、「演義」における劉禅が過剰なほど低評価であるのと

同じ意味で、黄皓の評価も貶められていると見るべき

ではないでしょうか?

 

関連記事:蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?

関連記事:張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑

 

黄皓は三国時代のボヤッ◯ーだった?

 

口先の上手さで上役に取り入り、

おだてあげて出世する。

そんな黄皓の姿を想像する時、

ある有名なアニメのキャラクターを想像せずにはいられません。

 

それは、今なお最新シリーズ「タイムボカン 逆襲の三悪人」も

放送中のギャグアニメ「タイムボカン」シリーズ、

その人気キャラクター「三悪」の一人である「ボヤッ◯ー」です。

 

女リーダーであるドロンジョだけではなく、

時にはテレビの前の視聴者に対しても、

独特のオネエ口調混じりのセリフで媚を売り、

人気キャラクターとなった「ボヤッ◯ー」

黄皓にはどこか、そんなキャラの面影があるように思えるのです。

 

黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だった?のまとめ

 

正史『三国志』では、蜀陥落以後、どうなったか

その記述の残されていない黄皓ですが……。

 

蜀滅亡後、その身柄を洛陽に移され、

後に先祖代々の地でもある辺境の幽州に送られた劉禅。

その目の前に、あるとき突然、見覚えのある人物が現れます。

 

「おお、そちは黄皓ではないか!!」

「劉禅さまぁ、お探しいたしました」

「よく鄧艾に処刑ざれずに生き残ったな」

「もォ、劉禅さまのイ・ケ・ズ !!」

 

……なんてことが、もしかするとあったりなかったり?

 

ではまた、お会いいたしましょう。再見!!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  2. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  3. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  4. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  5. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解で…
  6. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  7. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る
  8. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  2. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。
  3. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  4. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?
  5. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  6. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した人から歴史まで徹底解説!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!? 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?

おすすめ記事

  1. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】
  3. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  4. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  5. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  6. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  8. Webサイトリニューアルのお知らせ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP