ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

この記事の所要時間: 244




韓信と劉邦

 

短気は損気と言いますが、生まれつきの性格は簡単には直りません。

カップラーメンを3分待てないとか、歩行者信号を信号が変わるまで連打するとか、

世の中に短気さんは多いですが、三国志の世界には、それを凌駕する、

スーパー短気な人達が存在しています。




蝿にブチ切れて筆を叩き折る 王思(おうし)

かあん02

 

王思は、魏の曹操(そうそう)~曹芳(そうほう)年間に仕えた人物で、

性格に問題はありますが、まあ細かい所に気がつく有能な役人でした。

しかし、彼は、超がつくほどの短気な人物としても有名でした。

 

ある夏の日の事です、文机で文書を書いていると筆の上に青蝿が集りました。

王思は、それを手で払いますが、払っても払っても

しばらくすると青蝿が集って仕事を邪魔します。

 

頭に来た王思は立ちあがり、全力で蝿を追い払いますが、

それでも、蝿はブンブンと筆に向かって集ろうとしました。

 

「このクソ筆め!全てはお前が悪いのだ!!」

 

王思は、筆を手に取ると地面に叩きつけ、足で踏んでへし折りました。




朕が呼んだらすぐに来い!! 曹髦(そうぼう)

司馬師

 

曹髦は、曹丕(そうひ)の孫にあたり、司馬師(しばし)が廃位した

曹芳の後に皇帝になります。

性質は英邁で曾祖父の曹操に似ていたという評価もありますが、

事実上は、籠の鳥というような人生でした。

 

また、曹髦にはお気に入りの取り巻きがいて、何か思いつくと、

すぐに彼等を呼び集め、誰か遅れてくるとひどく不機嫌になりました。

それでも、宮廷にいる人間はいいですが、取り巻きの一人の

司馬望(しば・ぼう)は宮廷に詰めていないので

いつも、集合に遅れがちでした。

 

そこで曹髦は司馬望に、追鋒車(ついほうしゃ)という

快速馬車と近衛兵の虎賁(こほん)を5名与え

「朕が呼んだら、とにかく直ぐに来るように」と命じました。

 

こうして、司馬望は短気な曹髦に呼ばれる度に快速馬車で

宮廷に駆け付けるという日々を送る事になります。

 

関連記事:眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】

 

ゆで卵がお箸で刺せないだけで大爆発 王述(おうじゅつ)

ゆでたまご f

王述(305年~368年)は東晋の人物です。

虚飾を嫌う率直な性格で、当時の宰相の王導(おうどう)の人となりを

周囲の人々が褒めそやすのに頭に来てしまい。

 

「堯(ぎょう)舜(しゅん)じゃああるまいに、

全てがいいわけあるか!」

 

と毒を吐き、返って王導に信用できるとされ抜擢されました。

ちなみに堯舜とは、中国古代の君主で理想的な名君とされています。

 

そんな王述にも、美点を台無しにする短気さが存在しました。

有る日の事です、王述が茹で卵をお箸で刺そうとすると、

何度も滑ってしまい、刺す事が出来ません。

 

(この、クソ茹で卵め!こうしてやる!!)

 

王述は、頭に来て、茹で卵を掴んで庭に投げつけましたが、

卵はコロコロと地面を転がり止まる様子がありません。

 

(この野郎、、そんなにコロコロ転がって

箸で刺せなかった俺を馬鹿にしてるのか!)

 

※落ち着いて!相手は茹で卵だ!

 

王述は癇癪を起こし、庭に飛び出して下駄の歯で、

卵を踏みつぶそうとしますが、またつるつる滑って出来ません。

 

「ムキーーーーーーーーッ!!」

 

王述は、とうとう茹で卵を手で掴んで(最初からそうしろ)

口に放り込んで歯で噛み砕くと、それを吐きだしました。

 

「参ったか、この野郎、、俺様を馬鹿にするとこうだ!!」

 

こうして、茹で卵VS王述の不毛な戦いが決着しました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

実は短気な人には有能な人が多いようです。

見切りが早く、あらゆる可能性を試す事から

成功法則を体得する事も普通の人よりは早いとか・・

 

ただし、事業が上手くいってから、

持ち前の短気さですべてをぶち壊しにしてしまう

というような事も多いようで、上手く行っている時こそ、

自分の短気さに注意する必要があるようです。

 

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  2. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ…
  3. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  4. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!…
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  6. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  7. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  8. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者
  2. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  3. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  4. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  5. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  6. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった? 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

おすすめ記事

  1. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  2. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  3. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  5. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生
  6. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  7. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!
  8. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP