キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

この記事の所要時間: 351




商鞅

 

商鞅(しょうおう)はキングダムの時代より100年程前に登場して、

法律万能の法家の思想で秦を改革して、富強にし、後に秦が中華を

統一する基礎を造った人物です。

しかし、斬新な商鞅の改革は、大きな反発が予想され、彼を登用した、

秦の孝公(こうこう)も実行を躊躇する程でした。

ところが、ここで商鞅は実に堂々とした弁舌を繰り広げ、反対派を抑え、

孝公に改革の実行を決意させますが、これが正論すぎてヤバいのです。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ





商鞅曰く改革は国民に黙って実行し、成果だけを与えれば宜しい

陸遜

 

商鞅は、改革を躊躇する孝公に、このように力説します。

 

「人間、名誉と自信と言うモノは、現実に成功し実績を得なければ、

簡単に手に出来るもんじゃありません。

 

よって、成功体験もない愚者や凡人は、改革を前にしてアレコレ騒ぐのです。

村人

 

国に広く公布すれば、騒ぎになるのは当たり前ですので、

うるさい雑音を防ぐためにも極秘にやりましょう。

 

そもそも賢者は実行前から、この改革の成功を確信し、

愚者は、改革が成功しても、その事を理解できません。

よって、よく世の中を知る人間は、黙って実行し大勢に相談しないのです。

国民には、ただ、改革の成功の恩恵だけを与えればいいでしょう」

 

 

いかがですか、三人寄れば文殊の知恵を信じない、商鞅の独断専行。

何かと言えば、話し合い、第三者委員会としか言わない、

現在の政治家まで、批判しているようなくちぶりです。

これが2300年前の人物の発言とは信じられません。




甘龍が反論、慣習を尊重しない政治には無理が出る

 

この商鞅の意見に、孝公は賛同しますが、家臣の一人である

甘龍(かんりゅう)が反論します。

 

「いやいや、あなたの考えは間違っている、秦には昔からの慣習があり、

古来からの法があります、これをよく守りながら改革した方が、

国民は慣れ親しんだ慣習なので動揺せず、役人は勝手が分る法なので

十分にその能力を発揮できるではありませんか?

これこそ、王者が取る道だと言えましょう・・」

 

商鞅、甘龍を論破、それは全くの俗論に過ぎない!

 

甘龍の反論に、乗り気になった孝公も、再び躊躇してしまいます。

そこで、商鞅は、今度は甘龍に対して反論しました。

 

「あなたの言っている事は、まったくつまらない俗論に過ぎない

昔から、凡人は慣習だけを頼りにし、また学者は知識だけで満足します。

この両者は官吏として既成の法を守らせる事は出来ますが、所詮は

そこで終わりであり、新しい事など一つも出来ず、まるでお話にならない・・

 

それにあなたは、慣習がいかにも千古不易のように語るが、

古来、礼も法も一定不変である事は無かったのです。

 

夏、殷、周の3つの王朝は、それぞれ、慣習も法も違うのに、

立派に国を治めてきましたし、春秋の五覇は、ひとりとして同じ方法ではなく

独自の努力で、覇王に登りつめたではありませんか?

 

あなたの熱弁する慣習も、昔、賢者が制定し、愚者がそれに従って、

今日まで続いてきたのです。

 

現在だって、同じ事、賢者が新たな慣習を造り、愚者がそれに従い、

やがて、年月も分らぬ果てには伝統になりましょう。

古来より、慣習や法とは、それの繰り返しなのですよ・・」

 

言いたい放題ではありますが、この商鞅から発散される説得力は、

一体、何事でしょうか、、甘龍は反論できず引き下がりました。

 

今度は杜摯が反論、「古い慣習に従えば間違いはない!」

 

甘龍が引き下がると、今度は、杜摯(とし)という家臣が反論します。

 

「古来より、道具は、その性能が十倍にならないと変えてはいけないと言い、

法は、その利益が100倍にならないと変えてはいけないと言います。

何にしても、古い法を守っていれば大きな間違いはないのです!!」

 

商鞅は杜摯に反論、国家に有益なら法など幾ら変えても構わない!

商鞅

 

杜摯の反論も商鞅は受けて立ちます。

 

「そもそも、政治の法は固定したものではありません、、

それどころか、国家にとって有益だと分っているなら

遠慮なく変えなければ、怠慢でありましょう。

 

よく歴史をご覧なされ、聖王とされる、殷の湯王や周の武王は、

古来の法を破り主君を滅ぼして王になりましたが、誰も非難しません。

一方、夏の桀王や殷の紂王は、古来の法を守っていたにも関わらず、

今日、誰も褒めたたえる人はおりません。

 

ですから、慣習に背くから悪ではありませんし、古い法に従うから

褒められるというものでもないのです」

 

商鞅の反論に、杜摯はぐうの音も出ず、引き下がるほかありませんでした。

孝公は、これで完全に決心して、商鞅の変法を受け入れて実行し、

秦は、これより、140年の後に中華を統一するのです。

 

関連記事:春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

商鞅の現実主義に立った視点は、儒教による、もったいつけた

性善説に立った議論が多い、古代中国の討論の中で異彩を放っています。

彼の思想は、その社会で最適と思える法を実行し権威や伝統などに

拘らないという、非常にさっぱりした冷徹なモノでした。

 

決められない政治が久しく、議論が素晴らしい、とにかく話し合おう

という価値観が素晴らしいとされている現在、商鞅の無駄を削いだ

冷徹で合理的な考えは、非常な説得力を持って響いてきます。

 

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

関連記事:漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  




関連記事

  1. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  2. キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー
  3. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  4. 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国…
  5. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の…
  6. 【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事…
  7. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…
  8. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】
  2. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  3. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  4. 吉田松陰と久坂玄瑞の手紙、「長州白熱教室」君ならどう考える?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】
  6. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!? 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー 大久保利通の死因は?ご遺体とお墓はどこにあるの? 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  2. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?
  3. 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!
  4. 月刊はじめての三国志2018年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  6. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  7. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  8. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP