広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

この記事の所要時間: 438




商鞅像 wiki

 

商鞅(しょうおう)はキングダムの時代より100年程前に登場して、

法律万能の法家の思想で秦を改革して、富強にし、後に秦が中華を

統一する基礎を造った人物です。

しかし、斬新な商鞅の改革は、大きな反発が予想され、彼を登用した、

秦の孝公(こうこう)も実行を躊躇する程でした。

ところが、ここで商鞅は実に堂々とした弁舌を繰り広げ、反対派を抑え、

孝公に改革の実行を決意させますが、これが正論すぎてヤバいのです。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ




商鞅曰く改革は国民に黙って実行し、成果だけを与えれば宜しい

指 f

 

商鞅は、改革を躊躇する孝公に、このように力説します。

 

「人間、名誉と自信と言うモノは、現実に成功し実績を得なければ、

簡単に手に出来るもんじゃありません。

 

よって、成功体験もない愚者や凡人は、改革を前にしてアレコレ騒ぐのです。

 

国に広く公布すれば、騒ぎになるのは当たり前ですので、

うるさい雑音を防ぐためにも極秘にやりましょう。

 

そもそも賢者は実行前から、この改革の成功を確信し、

愚者は、改革が成功しても、その事を理解できません。

よって、よく世の中を知る人間は、黙って実行し大勢に相談しないのです。

国民には、ただ、改革の成功の恩恵だけを与えればいいでしょう」

 

 

いかがですか、三人寄れば文殊の知恵を信じない、商鞅の独断専行。

何かと言えば、話し合い、第三者委員会としか言わない、

現在の政治家まで、批判しているようなくちぶりです。

これが2300年前の人物の発言とは信じられません。




甘龍が反論、慣習を尊重しない政治には無理が出る

 

この商鞅の意見に、孝公は賛同しますが、家臣の一人である

甘龍(かんりゅう)が反論します。

 

「いやいや、あなたの考えは間違っている、秦には昔からの慣習があり、

古来からの法があります、これをよく守りながら改革した方が、

国民は慣れ親しんだ慣習なので動揺せず、役人は勝手が分る法なので

十分にその能力を発揮できるではありませんか?

これこそ、王者が取る道だと言えましょう・・」

 

商鞅、甘龍を論破、それは全くの俗論に過ぎない!

photo credit: d8_november via photopin (license)

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

甘龍の反論に、乗り気になった孝公も、再び躊躇してしまいます。

そこで、商鞅は、今度は甘龍に対して反論しました。

 

「あなたの言っている事は、まったくつまらない俗論に過ぎない

昔から、凡人は慣習だけを頼りにし、また学者は知識だけで満足します。

この両者は官吏として既成の法を守らせる事は出来ますが、所詮は

そこで終わりであり、新しい事など一つも出来ず、まるでお話にならない・・

 

それにあなたは、慣習がいかにも千古不易のように語るが、

古来、礼も法も一定不変である事は無かったのです。

 

夏、殷、周の3つの王朝は、それぞれ、慣習も法も違うのに、

立派に国を治めてきましたし、春秋の五覇は、ひとりとして同じ方法ではなく

独自の努力で、覇王に登りつめたではありませんか?

 

あなたの熱弁する慣習も、昔、賢者が制定し、愚者がそれに従って、

今日まで続いてきたのです。

 

現在だって、同じ事、賢者が新たな慣習を造り、愚者がそれに従い、

やがて、年月も分らぬ果てには伝統になりましょう。

古来より、慣習や法とは、それの繰り返しなのですよ・・」

 

言いたい放題ではありますが、この商鞅から発散される説得力は、

一体、何事でしょうか、、甘龍は反論できず引き下がりました。

 

今度は杜摯が反論、「古い慣習に従えば間違いはない!」

 

甘龍が引き下がると、今度は、杜摯(とし)という家臣が反論します。

 

「古来より、道具は、その性能が十倍にならないと変えてはいけないと言い、

法は、その利益が100倍にならないと変えてはいけないと言います。

何にしても、古い法を守っていれば大きな間違いはないのです!!」

 

商鞅は杜摯に反論、国家に有益なら法など幾ら変えても構わない!

 

 

杜摯の反論も商鞅は受けて立ちます。

 

「そもそも、政治の法は固定したものではありません、、

それどころか、国家にとって有益だと分っているなら

遠慮なく変えなければ、怠慢でありましょう。

 

よく歴史をご覧なされ、聖王とされる、殷の湯王や周の武王は、

古来の法を破り主君を滅ぼして王になりましたが、誰も非難しません。

一方、夏の桀王や殷の紂王は、古来の法を守っていたにも関わらず、

今日、誰も褒めたたえる人はおりません。

 

ですから、慣習に背くから悪ではありませんし、古い法に従うから

褒められるというものでもないのです」

 

商鞅の反論に、杜摯はぐうの音も出ず、引き下がるほかありませんでした。

孝公は、これで完全に決心して、商鞅の変法を受け入れて実行し、

秦は、これより、140年の後に中華を統一するのです。

 

関連記事:春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

商鞅の現実主義に立った視点は、儒教による、もったいつけた

性善説に立った議論が多い、古代中国の討論の中で異彩を放っています。

彼の思想は、その社会で最適と思える法を実行し権威や伝統などに

拘らないという、非常にさっぱりした冷徹なモノでした。

 

決められない政治が久しく、議論が素晴らしい、とにかく話し合おう

という価値観が素晴らしいとされている現在、商鞅の無駄を削いだ

冷徹で合理的な考えは、非常な説得力を持って響いてきます。

 

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

関連記事:漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓
  2. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚…
  3. 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操
  4. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  5. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/2…
  7. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  8. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  2. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  3. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  4. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  5. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?
  6. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍? 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!

おすすめ記事

  1. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし
  2. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  3. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  4. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  5. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  6. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  7. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  8. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP