キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

殷の大様002




photo credit: Short Holiday via photopin (license)

photo credit: Short Holiday via photopin (license)

 

中国には、三代という言葉があります、それは夏・殷・周の古代王朝を意味し

理想的な政治が行われたユートピアの意味合いがあります。

その中で、現在、実在が確実視されているのは、殷王朝です。

 

前回記事:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ




古代王朝、現在確認されている最古の王朝は殷王について

China_1

 

殷は現在の河南省最北部にある安陽市に本拠地があったとされています。

政権が樹立したのは紀元前17世紀から16世紀とも言われます。

 

現在から見ると、3000~3100年前という大昔です。

 

殷の政治体制は、氏族を中心とする神権国家でした。

氏族とは、先祖を同じくし、同様の姓を持つ血族集団の事です。

 

殷は、数千とも言われる大小様々な氏族を統率する立場であり、

その政治は、神権政治と呼ばれるものでした。




神権政治って何?

殷の大様002

神権政治とは、国家で重要な事を決定する場合に、

王が神にお伺いを立てて、その吉凶を見てから決断をする政治体制です。

 

その手段として使われたのが、動物の骨でした。

動物の骨に象形文字を刻んで火にくべて、ひび割れ具合で

重要な政治的な決断をしていました。

 

この時の象形文字が後世の漢字になった事は説明不用でしょう。

 

殷時代の戦い方、この時代から兵器とかあるの?

三国志 武具 軍備

 

殷の軍勢は、後の三国志の世界とは随分イメージが違います。

それは、三人乗りの戦車を数百台駆使して戦うものでした。

 

殷は軍を中央軍、左軍、右軍の3軍に分けて、

お互いが連携して戦うという戦術を好んで使ったそうです。

 

関羽張飛呂布は、直接、馬に跨り合戦をしますが、

殷の時代は、そうではなく、馬車の主は戦車の中央に乗り、

 

左右の御者が戟や弓、槍ですれ違い様に敵を撃つという

なんだか悠長な戦争だったのです。

 

それは平地が多い、黄河周辺に戦場が限定されていたので出来た戦法でした。

殷王朝は、一説では、有力な10の氏族の連合政権だったという説があり、

それぞれの氏族が、交替で王を出すという形で王国を運営していた

という説があります。

 

周の時代以降は、王は、天命を受けた1世の王の子孫のみが、

就く事が出来るというシステムに変更されました。

 

こうして考えると、代わる代わる複数の王族が王位に就いて

それで国が乱れなかったのですから、殷は中々民主的な

高度な政治を行っていたと言えるかも知れません。

殷が滅びた理由は・・・・

aaa8f4c70c62551fda32657fe6f72a79_m

 

一方で、殷は戦争で捉えた捕虜を奴隷にして労働力を確保したり

戦争捕虜を生贄にして、大掛かりな祭祀を行うなどしたので、

周辺の諸侯の反発を買い滅亡を早めたとも言われます。

 

殷は、500年以上も続き、紀元前1046年に、

周の武王によって滅ぼされています。

 

殷の政治体制は後の国家と違う部分もありますが、血縁を持つ氏族を

中心とするというような習慣は今の中国の血族社会を彷彿とさせ、

矢張り強い影響を及ぼしているのだなと思いますね。

 

次回記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された興味深い遺跡を紹介

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王




こちらの記事もよく読まれています

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

徐庶 曹操 下る 三国志

 

よく読まれてる記事:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻

 

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 胡亥 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  2. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備
  3. 劉備 関平 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  4. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  5. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  6. 袁術と孫策 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  7. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  8. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹にお茶を渡す顔良
  2. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  3. 龐統2
  4. 孔明 東南の風

おすすめ記事

  1. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  2. キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか?
  3. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  4. 平野国臣、最初に「日本人」を名乗った先駆者の孤高の生涯とは? 平野国臣
  5. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?
  6. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

三國志雑学

  1. 魯粛
  2. 于禁と兵士
  3. 鄧禹と兵士
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 虎士(黒豹)
  2. 于禁と兵士
  3. 曹仁

おすすめ記事

キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ! 蜀の劉琦 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏 ホウ徳 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP