編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

この記事の所要時間: 1057




信 キングダム

 

大人気の春秋戦国漫画、キングダム、現在の漫画の進捗状況では、

紀元前236年、桓騎(かんき)軍に合流した信(しん)の五千人隊が

黒羊丘で、趙の慶舎(けいしゃ)、紀彗(きけい)とぶつかっている真っ最中です。

まだ、秦の天下統一までは、15年が残っていて六国はいまだ健在、という所ですが、

では、この後キングダムはどうなるのでしょう、大胆予想します。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




予想1 技術者鄭国がスパイとばれて、逐客令が発令されるよ

政 キングダム

 

加冠の儀を終えて、晴れて秦王として勢力を奮えるようになった、

秦王政、そんな折り、秦で治水工事の指揮を取っていた鄭国(ていこく)という男が、

実は、韓のスパイで、秦の国力をすり減らそうと派遣されていた事が発覚。

 

本来なら、問答無用で殺される所ですが、鄭国は、命懸けで、

「私は、韓のスパイだが、土木技術者としての腕は本物です。

この鄭国渠(ていこくきょ)が出来れば、秦の国力は今よりも増します」と発言。

 

政は、鄭国を許して、治水工事を継続させます。

 

しかし、鄭国の件や以前の呂不韋(りょふい)の件で、他所者への不信感が

増大した秦では、他国人を追放すべしという声が高まります。

政は、内心ではその声に反対ですが、(政自身が趙で生まれているので)

声を抑える事が出来ず、逐客令(ちくきゃくれい)を出してしまいます。

 

李斯 ネズミ

 

ですが、元は楚の人間で、逐客令が出ると、国外追放になる

元、呂不偉四柱の李斯(りし)が、これに猛反発します。

 

李斯「元々、秦は他所者を積極的に受け入れて発展した国ですぞ。

商軮(しょうおう)、張儀(ちょうぎ)、范雎(はんしょ)

いずれも他所者でしたが、秦に尽くしました。

それを忘れるべきではありません」

 

秦王政は、李斯の堂々とした意見に感心して、以後、

呂不偉の配下だった彼を重臣に取り立てます。

 

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

関連記事:范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家




予想2 秦王政が韓非子(かんぴし)ラブになるよ・・

韓非

 

スパイを送り込んだ事がばれた、韓は、より立場が危うくなります。

秦では、うわべだけは服従しているふりをしている韓を滅ぼして、

秦の郡県にしようという声が上がってきます。

 

そんな頃、秦王政は、とある書物に心を奪われていました。

その作者は、韓非という人物でしたが、政は心酔してしまい、

 

「この韓非先生に会えたら、余は死んでも悔いはない」

 

と口々に側近に漏らしていました。

 

すると、韓非がまだ存命で、韓にいると側近が語ります。

大予想、側近とは、年取ってて、物識りの昌文君辺りだと思う)

 

政は喜んで、是非会えないか?と思い、韓に対して、

韓非を挨拶に立てるように使者を派遣するのです。

 

予想3 韓非は野心家で、秦で出世したいと考えるよ・・

韓非 キングダム

 

韓では、秦から韓非を出せと言われたので、何事かと思いますが、

鄭国の件がばれているので、文句も言わず、王族の韓非を使者にします。

 

実は、韓非は、韓の政治を改革しようと頑張っていましたが、

意見は一つも採用されず、絶望している最中でした。

 

「秦王が俺を呼ぶという事は、俺の著作に興味を持ったからに違いない・・

俺はそのまま秦に行き、秦王に仕えて俺の理想を政治に反映しよう」

 

でも、韓非子には、致命的な欠点がありました。

彼は、書物では激烈な天才ですが、吃音(きつおん)が酷く、

人前では、ろくに意見が表明できない人だったのです。

 

政は、書物通りの堂々とした人が来ると期待していましたが、

実際に来たのは、小柄な、発言がよく聞き取れない人物でした。

 

政「ああ、そうか、うん、よくいらっしゃられた、、

さて、、暫く、秦に滞在して、旅の疲れを落されよ」

 

韓非は、それでも必死に、自分を売り込んだのですが、、

通訳官も、「??」となるような、激しい吃音なので、

その気持ちは秦王政には余り伝わりませんでした。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

 

予想4 李斯が、韓非に危機意識を持ち、これを殺害するよ

photo credit: Yogic via photopin (license)

photo credit: Yogic via photopin (license)

 

ところが、かつて、荀子(じゅんし)の門で、同級生だった李斯は、

韓非が秦王政に寵愛されていると聞くと、強い危機意識を持ちます。

李斯の才能は、韓非の半分もなく、韓非が吃音を乗り越えて、

政と深く話せば、自分は無用になると悟ったからです。

 

そこで、李斯は重臣の姚賈(ようか)と謀り、韓非を牢獄に落して、

さらに、秦王が毒薬を下賜したと偽って、韓非を自殺させました。

 

 

予想5 桓騎将軍が、李牧に負けて亡命するよ!

桓騎に 敗北

 

さて、黒羊丘の戦いでも、主要な働きをする桓騎(かんき)ですが、

この戦いでは、慶舎(けいしゃ)も紀彗(きけい)も打ち破ります。

 

ここでは、楊端和(ようたんわ)や王翦(おうせん)と協力して、

趙の9つの城を落したという事になっています。

次に、紀元前234年、桓騎は、再び趙の平陽を攻めて、

趙将の扈輒(こちょう)を斬り、趙兵10万を斬る戦果を挙げました。

 

しかし、さらに翌年、紀元前233年、再び、趙を攻めた時に、

趙の三大天、李牧(りぼく)が出撃し桓騎を撃破しています。

 

桓騎は、戦国策では李牧に斬られたとされ、

史記には最後の記述がありませんが樊於期(はんおき)と名を変えて、

燕に亡命したという説もあります。

 

河了貂 2

 

はじさんの予想では、この宜安の戦いで、軍師 河了貂が

戦死するという仮説を立てています。

理由は、後半の、信のこれからで説明しまーす。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  2. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  3. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  4. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  5. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり…
  6. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  8. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  2. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?
  3. 【お知らせ】はじめての●●を追加しました
  4. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官
  5. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  6. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの? 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る!

おすすめ記事

  1. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  3. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  4. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  5. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  6. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  7. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  8. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP