三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

夏
この記事の所要時間: 639




夏

 

日本の世界史教科書では、長年、中国最古の王朝は殷だと教えられてきました。

しかし、近年、発見された、新しい遺跡や年代測定法により、殷を遡る、

夏(か)王朝の存在が、現実味を帯びていると言われます。

では、夏王朝は、本当にあったのでしょうか?

それを検証してみましょう。




ところで夏王朝って何?美味しいの?

夏の領域 wiki

(夏の領域 写真出典元:wikipedia)

では、そもそも夏王朝とは、一体どんな王朝だったのでしょうか?

史記夏本紀の記述によると夏は、黄河の治水を成し遂げた、聖人禹(う)が、

舜(しゅん)帝から帝位を禅譲(ぜんじょう:ゆずりうける事)され

開いたとされています。

 

王朝の期間は紀元前2070年~紀元前1600年頃までと、

殷と並ぶ、およそ500年という長期政権ですが、そうは言っても、

夏王朝の事績の殆どは伝わっておらず、17代も帝がいる割には

在位期間も、諡号(しごう:死後に与えられる名前)も不詳という人物が多く

 

また、王朝末期に暴君が出て、諸侯の心が離れ、

新しい有徳者に滅ぼされるという筋立てが殷王朝の末期に

極めて似ている事から後世の人々が、殷周革命を

模倣して造った創作であると長い間、信じられてきました。




1959年、二里頭(にりとう)遺跡が発掘される

青銅器 wiki

(后母戊鼎 写真出典元:wikipedia)

 

しかし、殷王朝は成立当初から、高度な青銅器技術や、甲骨文字を持つなど

ゼロから出発したとは思えない高い文明を有していました。

この事から、殷が模範とした前王朝は存在すると考えられていたのです。

 

1959年、、中華人民共和国河南(かなん)省偃師(えんし)市の

二里頭村で遺跡が発見されました。

それは、かなり大規模な都市の遺跡であり、紀元前1800年~

1500年頃のモノと推定されたのです。

 

その時代とは、まさに夏王朝の中期から晩年にあたる時期で、

幻の夏王朝の都ではないか?と考えられました。

 

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

二里頭遺跡からは、何が出土しているのか?

二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 wiki

(二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 出典元:wikipedia)

 

二里頭遺跡は、第1期から第4期までに分類できます。

1期と2期の工房からは、石器や陶器を製造する工房が発見されました。

そして、3期と4期のエリアからは、青銅器の工房、

そして1960年には、大規模な宮殿跡が発掘されています。

 

宮殿跡は、土を深く掘り、その後、土や石を交互に積み重ねて

固める版築(はんちく)という方法で造られた基壇(きだん)跡として発見されました。

この版築を用いて基礎を固め基壇を造る建築技術は、後の殷(いん)、

周、秦、漢から先に至るまでの宮殿建築の基礎になります。

 

二里頭遺跡で、現在確認されている宮殿は2つで、

1つは南北100メートル、東西108メートルで東南の一角が張り出した、

ほぼ正方形、あと1つは、東西78メートル、南北53メートルと小型です。

 

宮殿の北側に位置する主殿の跡は長方形で長さ35m、

幅25mある大きなものでした。

これを宮殿とするならば、ここには王が住んでいて、

周辺には家臣が住み、王朝が存在できた可能性もあります。

 

人口2万人、十字路も走っていた二里頭遺跡

1号宮殿の復元図 wiki

(1号宮殿の復元図 出典元:wikipedia)

 

また、二里頭遺跡の規模は、推定で最盛期に2万人という

人口が定住していたという事が分かってきています。

この人口は4000年前の世界では大都市と言ってよく、

人口規模から考えると、ここに国家があっても不思議はありません。

 

さらに、遺跡には、井の字型に東西南北に道路が走り、

小さいながら、馬車が走っていたという事も分かりました。

これは、碁盤目のような街路を造る、殷や周以降の

中国の都市設計に、よく似ています。

 

それに遺跡周辺からは、五穀、粟、キビ、小麦、大豆、水稲の種が

発見され、二里頭遺跡が、気候変動に関係なく、

長期間、人間が定住して住む事が出来た事も確認されています。

 

二里頭遺跡では、すでに分業が発生していて、

都市国家として、完成されていた初期の王朝であるという

考え方も存在しているのです。

 

二里頭遺跡は、夏から殷に奪われた可能性も・・

 

二里頭遺跡は、発掘により年代順に4期に別れると書きましたが、

これを、時期により支配者が変わった為と指摘する学者もいます。

 

3期、4期の地層から出土する、宮殿跡や青銅器の工房は、

夏を滅ぼした殷の文明であるという考えがそれで、

1期、2期は夏王朝、3期、4期は殷王朝で支配者が変わり、

それが出土物の違いとして出てきているというのです。

 

もし、これが正しければ、

暴虐な夏(か)の桀(けつ)王を殷(いん)の湯(とう)王が滅ぼした

という夏殷革命は、この二里頭遺跡で起きたのかも知れません。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 関羽 これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  2. 馬超フルボッコ02 関羽 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  3. 蒼天航路 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  4. 三国志っておいしいの 三国志って何?はじめての人向け
  5. photo credit: :) via photopin (license) 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持…
  6. 兀突骨 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?
  7. 曹植 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  8. 先読み袁術 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権
  2. 謝夫人 孫権の妻
  3. 陸遜
  4. はじめての三国志まとめ
  5. photo credit: Portada Rolling Stone España via photopin (license)
  6. 魯粛と袁術
  7. 陳寿は批判の的
  8. photo credit: obscured by clouds via photopin (license)
  9. 張飛 参上
  10. テルマエロマエ

おすすめ記事

  1. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの? 劉備主役
  2. 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 抜き出た曹操
  3. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 蔣琬
  4. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 関羽 関索
  5. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較 連幹の計 呂布 貂蝉
  6. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 周瑜逝く

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 袁術と劉繇
  3. キングダムと三国志
  4. photo credit: SMC Takumar 50mm f1.4 via photopin (license)
  5. 陸遜 関羽

ピックアップ記事

  1. ゆるい許褚
  2. 山本勘助 wiki
  3. 諸葛孔明
  4. photo credit: Pinkish! S.O.F.ver. via photopin (license)
  5. 司馬懿
  6. 孫権
  7. 周瑜 美男子
  8. 徐庶 曹操 下る 三国志

おすすめ記事

関羽 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介 週間まとめ7月 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 夏侯惇 夏候惇と言えば独眼竜? 魏武将 はじめての三国志 ゆるい 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 曹丕 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」 西遊記 えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? 真田丸02(武田信玄) 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?

おすすめ記事

  1. 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い 孔明 東南の風
  2. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天 キングダム
  3. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 曹丕
  4. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 三国時代の船 楼船
  5. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 顔良
  6. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。 photo credit: obscured by clouds via photopin (license)
  7. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 劉禅
  8. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから? 始皇帝 死ぬ

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP