編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

この記事の所要時間: 639




夏

 

日本の世界史教科書では、長年、中国最古の王朝は殷だと教えられてきました。

しかし、近年、発見された、新しい遺跡や年代測定法により、殷を遡る、

夏(か)王朝の存在が、現実味を帯びていると言われます。

では、夏王朝は、本当にあったのでしょうか?

それを検証してみましょう。




ところで夏王朝って何?美味しいの?

夏の領域 wiki

(夏の領域 写真出典元:wikipedia)

では、そもそも夏王朝とは、一体どんな王朝だったのでしょうか?

史記夏本紀の記述によると夏は、黄河の治水を成し遂げた、聖人禹(う)が、

舜(しゅん)帝から帝位を禅譲(ぜんじょう:ゆずりうける事)され

開いたとされています。

 

王朝の期間は紀元前2070年~紀元前1600年頃までと、

殷と並ぶ、およそ500年という長期政権ですが、そうは言っても、

夏王朝の事績の殆どは伝わっておらず、17代も帝がいる割には

在位期間も、諡号(しごう:死後に与えられる名前)も不詳という人物が多く

 

また、王朝末期に暴君が出て、諸侯の心が離れ、

新しい有徳者に滅ぼされるという筋立てが殷王朝の末期に

極めて似ている事から後世の人々が、殷周革命を

模倣して造った創作であると長い間、信じられてきました。




1959年、二里頭(にりとう)遺跡が発掘される

青銅器 wiki

(后母戊鼎 写真出典元:wikipedia)

 

しかし、殷王朝は成立当初から、高度な青銅器技術や、甲骨文字を持つなど

ゼロから出発したとは思えない高い文明を有していました。

この事から、殷が模範とした前王朝は存在すると考えられていたのです。

 

1959年、、中華人民共和国河南(かなん)省偃師(えんし)市の

二里頭村で遺跡が発見されました。

それは、かなり大規模な都市の遺跡であり、紀元前1800年~

1500年頃のモノと推定されたのです。

 

その時代とは、まさに夏王朝の中期から晩年にあたる時期で、

幻の夏王朝の都ではないか?と考えられました。

 

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

二里頭遺跡からは、何が出土しているのか?

二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 wiki

(二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 出典元:wikipedia)

 

二里頭遺跡は、第1期から第4期までに分類できます。

1期と2期の工房からは、石器や陶器を製造する工房が発見されました。

そして、3期と4期のエリアからは、青銅器の工房、

そして1960年には、大規模な宮殿跡が発掘されています。

 

宮殿跡は、土を深く掘り、その後、土や石を交互に積み重ねて

固める版築(はんちく)という方法で造られた基壇(きだん)跡として発見されました。

この版築を用いて基礎を固め基壇を造る建築技術は、後の殷(いん)、

周、秦、漢から先に至るまでの宮殿建築の基礎になります。

 

二里頭遺跡で、現在確認されている宮殿は2つで、

1つは南北100メートル、東西108メートルで東南の一角が張り出した、

ほぼ正方形、あと1つは、東西78メートル、南北53メートルと小型です。

 

宮殿の北側に位置する主殿の跡は長方形で長さ35m、

幅25mある大きなものでした。

これを宮殿とするならば、ここには王が住んでいて、

周辺には家臣が住み、王朝が存在できた可能性もあります。

 

人口2万人、十字路も走っていた二里頭遺跡

1号宮殿の復元図 wiki

(1号宮殿の復元図 出典元:wikipedia)

 

また、二里頭遺跡の規模は、推定で最盛期に2万人という

人口が定住していたという事が分かってきています。

この人口は4000年前の世界では大都市と言ってよく、

人口規模から考えると、ここに国家があっても不思議はありません。

 

さらに、遺跡には、井の字型に東西南北に道路が走り、

小さいながら、馬車が走っていたという事も分かりました。

これは、碁盤目のような街路を造る、殷や周以降の

中国の都市設計に、よく似ています。

 

それに遺跡周辺からは、五穀、粟、キビ、小麦、大豆、水稲の種が

発見され、二里頭遺跡が、気候変動に関係なく、

長期間、人間が定住して住む事が出来た事も確認されています。

 

二里頭遺跡では、すでに分業が発生していて、

都市国家として、完成されていた初期の王朝であるという

考え方も存在しているのです。

 

二里頭遺跡は、夏から殷に奪われた可能性も・・

 

二里頭遺跡は、発掘により年代順に4期に別れると書きましたが、

これを、時期により支配者が変わった為と指摘する学者もいます。

 

3期、4期の地層から出土する、宮殿跡や青銅器の工房は、

夏を滅ぼした殷の文明であるという考えがそれで、

1期、2期は夏王朝、3期、4期は殷王朝で支配者が変わり、

それが出土物の違いとして出てきているというのです。

 

もし、これが正しければ、

暴虐な夏(か)の桀(けつ)王を殷(いん)の湯(とう)王が滅ぼした

という夏殷革命は、この二里頭遺跡で起きたのかも知れません。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  2. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  3. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  4. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  5. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去った…
  6. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀
  7. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  8. 曹操の詩の世界を体験してみよう

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  2. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  3. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  4. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの?
  5. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由
  6. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話 三国天武とはどんなアプリゲーム? 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?

おすすめ記事

  1. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  2. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  3. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  5. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?
  6. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  7. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  8. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP