法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

夏




夏

 

日本の世界史教科書では、長年、中国最古の王朝は殷だと教えられてきました。

しかし、近年、発見された、新しい遺跡や年代測定法により、殷を遡る、

夏(か)王朝の存在が、現実味を帯びていると言われます。

では、夏王朝は、本当にあったのでしょうか?

それを検証してみましょう。




ところで夏王朝って何?美味しいの?

夏の領域 wiki

(夏の領域 写真出典元:wikipedia)

では、そもそも夏王朝とは、一体どんな王朝だったのでしょうか?

史記夏本紀の記述によると夏は、黄河の治水を成し遂げた、聖人禹(う)が、

舜(しゅん)帝から帝位を禅譲(ぜんじょう:ゆずりうける事)され

開いたとされています。

 

王朝の期間は紀元前2070年~紀元前1600年頃までと、

殷と並ぶ、およそ500年という長期政権ですが、そうは言っても、

夏王朝の事績の殆どは伝わっておらず、17代も帝がいる割には

在位期間も、諡号(しごう:死後に与えられる名前)も不詳という人物が多く

 

また、王朝末期に暴君が出て、諸侯の心が離れ、

新しい有徳者に滅ぼされるという筋立てが殷王朝の末期に

極めて似ている事から後世の人々が、殷周革命を

模倣して造った創作であると長い間、信じられてきました。




1959年、二里頭(にりとう)遺跡が発掘される

青銅器 wiki

(后母戊鼎 写真出典元:wikipedia)

 

しかし、殷王朝は成立当初から、高度な青銅器技術や、甲骨文字を持つなど

ゼロから出発したとは思えない高い文明を有していました。

この事から、殷が模範とした前王朝は存在すると考えられていたのです。

 

1959年、、中華人民共和国河南(かなん)省偃師(えんし)市の

二里頭村で遺跡が発見されました。

それは、かなり大規模な都市の遺跡であり、紀元前1800年~

1500年頃のモノと推定されたのです。

 

その時代とは、まさに夏王朝の中期から晩年にあたる時期で、

幻の夏王朝の都ではないか?と考えられました。

 

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

二里頭遺跡からは、何が出土しているのか?

二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 wiki

(二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 出典元:wikipedia)

 

二里頭遺跡は、第1期から第4期までに分類できます。

1期と2期の工房からは、石器や陶器を製造する工房が発見されました。

そして、3期と4期のエリアからは、青銅器の工房、

そして1960年には、大規模な宮殿跡が発掘されています。

 

宮殿跡は、土を深く掘り、その後、土や石を交互に積み重ねて

固める版築(はんちく)という方法で造られた基壇(きだん)跡として発見されました。

この版築を用いて基礎を固め基壇を造る建築技術は、後の殷(いん)、

周、秦、漢から先に至るまでの宮殿建築の基礎になります。

 

二里頭遺跡で、現在確認されている宮殿は2つで、

1つは南北100メートル、東西108メートルで東南の一角が張り出した、

ほぼ正方形、あと1つは、東西78メートル、南北53メートルと小型です。

 

宮殿の北側に位置する主殿の跡は長方形で長さ35m、

幅25mある大きなものでした。

これを宮殿とするならば、ここには王が住んでいて、

周辺には家臣が住み、王朝が存在できた可能性もあります。

 

人口2万人、十字路も走っていた二里頭遺跡

1号宮殿の復元図 wiki

(1号宮殿の復元図 出典元:wikipedia)

 

また、二里頭遺跡の規模は、推定で最盛期に2万人という

人口が定住していたという事が分かってきています。

この人口は4000年前の世界では大都市と言ってよく、

人口規模から考えると、ここに国家があっても不思議はありません。

 

さらに、遺跡には、井の字型に東西南北に道路が走り、

小さいながら、馬車が走っていたという事も分かりました。

これは、碁盤目のような街路を造る、殷や周以降の

中国の都市設計に、よく似ています。

 

それに遺跡周辺からは、五穀、粟、キビ、小麦、大豆、水稲の種が

発見され、二里頭遺跡が、気候変動に関係なく、

長期間、人間が定住して住む事が出来た事も確認されています。

 

二里頭遺跡では、すでに分業が発生していて、

都市国家として、完成されていた初期の王朝であるという

考え方も存在しているのです。

 

二里頭遺跡は、夏から殷に奪われた可能性も・・

 

二里頭遺跡は、発掘により年代順に4期に別れると書きましたが、

これを、時期により支配者が変わった為と指摘する学者もいます。

 

3期、4期の地層から出土する、宮殿跡や青銅器の工房は、

夏を滅ぼした殷の文明であるという考えがそれで、

1期、2期は夏王朝、3期、4期は殷王朝で支配者が変わり、

それが出土物の違いとして出てきているというのです。

 

もし、これが正しければ、

暴虐な夏(か)の桀(けつ)王を殷(いん)の湯(とう)王が滅ぼした

という夏殷革命は、この二里頭遺跡で起きたのかも知れません。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  2. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  3. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主…
  4. 項羽と劉邦 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  5. 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  6. 郭嘉 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  7. 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  8. 劉備軍 曹操軍 54話:劉備、再び曹操に敗れる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 阿部正弘
  2. 二刀流の劉備
  3. kawausoとおとぼけ
  4. 大喬
  5. 人材マニア 曹操

おすすめ記事

  1. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる
  2. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  3. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  4. 黄蓋が三国志時代を作り出すきっかけを作った!? 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  5. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!! 魯粛
  6. 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは? 曹操

三國志雑学

  1. 海賊時代の孫堅と孫策
  2. 蜀の劉備
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  4. 残忍な曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  2. 王平は四龍将
  3. キングダム53巻
  4. 劉邦をなだめる陳平と張良
  5. キングダムの王騎

おすすめ記事

【告知】Youtubeとtwitterのヘッダー看板リニューアルのお知らせ 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解できる? 劉備とイチャイチャする孫尚香 【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人 キングダム53巻 キングダム588話雑学スペシャル「王賁は何を食べていた?」 阿部正弘 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介 劉備の黒歴史 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない? 真田丸 武田信玄 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP