日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての変

春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

この記事の所要時間: 639




夏

 

日本の世界史教科書では、長年、中国最古の王朝は殷だと教えられてきました。

しかし、近年、発見された、新しい遺跡や年代測定法により、殷を遡る、

夏(か)王朝の存在が、現実味を帯びていると言われます。

では、夏王朝は、本当にあったのでしょうか?

それを検証してみましょう。




ところで夏王朝って何?美味しいの?

夏の領域 wiki

(夏の領域 写真出典元:wikipedia)

では、そもそも夏王朝とは、一体どんな王朝だったのでしょうか?

史記夏本紀の記述によると夏は、黄河の治水を成し遂げた、聖人禹(う)が、

舜(しゅん)帝から帝位を禅譲(ぜんじょう:ゆずりうける事)され

開いたとされています。

 

王朝の期間は紀元前2070年~紀元前1600年頃までと、

殷と並ぶ、およそ500年という長期政権ですが、そうは言っても、

夏王朝の事績の殆どは伝わっておらず、17代も帝がいる割には

在位期間も、諡号(しごう:死後に与えられる名前)も不詳という人物が多く

 

また、王朝末期に暴君が出て、諸侯の心が離れ、

新しい有徳者に滅ぼされるという筋立てが殷王朝の末期に

極めて似ている事から後世の人々が、殷周革命を

模倣して造った創作であると長い間、信じられてきました。




1959年、二里頭(にりとう)遺跡が発掘される

青銅器 wiki

(后母戊鼎 写真出典元:wikipedia)

 

しかし、殷王朝は成立当初から、高度な青銅器技術や、甲骨文字を持つなど

ゼロから出発したとは思えない高い文明を有していました。

この事から、殷が模範とした前王朝は存在すると考えられていたのです。

 

1959年、、中華人民共和国河南(かなん)省偃師(えんし)市の

二里頭村で遺跡が発見されました。

それは、かなり大規模な都市の遺跡であり、紀元前1800年~

1500年頃のモノと推定されたのです。

 

その時代とは、まさに夏王朝の中期から晩年にあたる時期で、

幻の夏王朝の都ではないか?と考えられました。

 

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

二里頭遺跡からは、何が出土しているのか?

二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 wiki

(二里頭遺跡1号宮殿の基壇図 出典元:wikipedia)

 

二里頭遺跡は、第1期から第4期までに分類できます。

1期と2期の工房からは、石器や陶器を製造する工房が発見されました。

そして、3期と4期のエリアからは、青銅器の工房、

そして1960年には、大規模な宮殿跡が発掘されています。

 

宮殿跡は、土を深く掘り、その後、土や石を交互に積み重ねて

固める版築(はんちく)という方法で造られた基壇(きだん)跡として発見されました。

この版築を用いて基礎を固め基壇を造る建築技術は、後の殷(いん)、

周、秦、漢から先に至るまでの宮殿建築の基礎になります。

 

二里頭遺跡で、現在確認されている宮殿は2つで、

1つは南北100メートル、東西108メートルで東南の一角が張り出した、

ほぼ正方形、あと1つは、東西78メートル、南北53メートルと小型です。

 

宮殿の北側に位置する主殿の跡は長方形で長さ35m、

幅25mある大きなものでした。

これを宮殿とするならば、ここには王が住んでいて、

周辺には家臣が住み、王朝が存在できた可能性もあります。

 

人口2万人、十字路も走っていた二里頭遺跡

1号宮殿の復元図 wiki

(1号宮殿の復元図 出典元:wikipedia)

 

また、二里頭遺跡の規模は、推定で最盛期に2万人という

人口が定住していたという事が分かってきています。

この人口は4000年前の世界では大都市と言ってよく、

人口規模から考えると、ここに国家があっても不思議はありません。

 

さらに、遺跡には、井の字型に東西南北に道路が走り、

小さいながら、馬車が走っていたという事も分かりました。

これは、碁盤目のような街路を造る、殷や周以降の

中国の都市設計に、よく似ています。

 

それに遺跡周辺からは、五穀、粟、キビ、小麦、大豆、水稲の種が

発見され、二里頭遺跡が、気候変動に関係なく、

長期間、人間が定住して住む事が出来た事も確認されています。

 

二里頭遺跡では、すでに分業が発生していて、

都市国家として、完成されていた初期の王朝であるという

考え方も存在しているのです。

 

二里頭遺跡は、夏から殷に奪われた可能性も・・

 

二里頭遺跡は、発掘により年代順に4期に別れると書きましたが、

これを、時期により支配者が変わった為と指摘する学者もいます。

 

3期、4期の地層から出土する、宮殿跡や青銅器の工房は、

夏を滅ぼした殷の文明であるという考えがそれで、

1期、2期は夏王朝、3期、4期は殷王朝で支配者が変わり、

それが出土物の違いとして出てきているというのです。

 

もし、これが正しければ、

暴虐な夏(か)の桀(けつ)王を殷(いん)の湯(とう)王が滅ぼした

という夏殷革命は、この二里頭遺跡で起きたのかも知れません。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  2. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  3. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  4. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語…
  5. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編…
  6. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  7. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  8. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  2. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  3. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  4. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団
  5. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  6. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。 どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず! 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

おすすめ記事

  1. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  2. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  3. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  4. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  5. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  6. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  7. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  8. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP