編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!

この記事の所要時間: 241




蜀 兵士

 

三国の一角である蜀は内陸国ですが、以外にも資源豊かな土地でした。

特に、地面を掘削して掘り出す井塩の名産地として有名だったようです。

それは、蜀漢の時代にはすでに盛んであり、その事業は、

かなり近代的な設備で行われていたのが分かってきました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




四川は井塩の名産地だった

劉備

 

中国では前漢の武帝の時代に、度々、匈奴に遠征した為に

国庫が空になりその財源として、塩の販売を民間から取り上げて国営にしました。

それは塩官という役職が管轄し、全国に三十六の製塩事業所が出来、

その中で巴蜀地方は4県に事業所が配置されていた事から見ても、

いかに蜀において製塩事業が盛んだったかが分かります。




井塩は掘り出すまでが一苦労・・

塩 f

 

巴蜀地方の塩は、地面を掘削して掘り出す井塩(せいえん)という塩でした。

塩が取れると言っても、井戸を掘るわけですから簡単ではありません。

 

塩が出そうな川に近い場所で目星をつけた個所に、

金属製の穿鑿(せんさく)具を突き刺していき、大体、十丈、

30メートル程も懸命に掘らないと水しか出てきません。

 

掘り進めて地面に器具が届かなくなると穿鑿具に竹を付け足し、

また掘り進め、さらに届かなくなると、また竹を付け足し、

結果、穿鑿具の長さは30メートルにもなるという事です。

 

すんなり井塩に到達したとしても最低1カ月、遅い時には半年間かかると

書かれています、それまでは、黙々と地面を穿つ作業ですから

仕事をする人は面倒くさかっただろうと思います。

 

塩水が出てくると、櫓を組んでいく

塩田

 

めでたく塩水が出てくると、今度はこのポイントに櫓を組みます。

そして、滑車を用意して縄を通し、二つの桶を4人の人間が

交互にくみ上げるのです。

 

詳しくは、毎度おなじみ、はじさん特製イラストで

確認して頂きたいのですが、、

 

この足場には必ず塩水を貯める水槽が設置されていて、

水槽は一箇所に穴があいていて、そこからは

竹筒が地面に向かって伸びています。

 

この竹筒を通過して塩水は地面に降りてゆき、

最後には、牢盆(ろうぼん)と呼ばれる塩炊鍋に注がれる仕組みなのです。

櫓の高低差を利用して、パイプラインを張り巡らした、

蜀漢の製塩所、なかなかハイテクな感じじゃありませんか?

 

ビックリ、蜀漢の時代にはガス釜があった!

 

巴蜀は、塩以外にも天然ガスの宝庫でもありました。

地面を掘ると出てくる燃える気体は、すでに前漢では知られていて、

これを利用してガス釜が造られていたのです。

天然ガスは酸素で燃えますから、使わない時は蓋をすれば、

火は消えるので、使い勝手が良く元手も無料のエコエネルギーです。

 

それは製塩所でも、牢盆(ろうぼん)を沸かす釜として活用されていました。

天然ガスを中国の人々は、こんな昔から産業に利用していたのです。

 

天然ガスと諸葛亮孔明

孔明 出師

 

六朝の志怪小説、異苑には、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

天然ガスの逸話があります。

 

蜀郡の臨邛には火を吹く井戸がある、漢の帝室が盛んである頃には

火も盛んだったが、桓帝、霊帝の頃には火勢も次第に衰えた。

しかし、諸葛亮が一度、その井戸をのぞきこむと再び火が盛んになった。

景耀元年(258年)になって、ある人が蝋燭を投げ込んだら火は消えた。

その年、蜀は滅ぼされた。

 

堂々と蜀漢滅亡の年、263年を間違えているのは御愛嬌ですが、

これは、漢朝を火徳の王朝と捉え、天然ガスの火が衰えるのを

漢の命運に託している話なのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、遥か蜀漢の時代の製塩業のハイテクぶりを紹介しました。

金属の穿鑿で30メートルも穴を掘り、櫓を組んで塩水をくみ上げ

竹のパイプラインで地上まで塩水を輸送して、最後は天然ガスの釜で

塩を炊き上げる、一連の工程は洗練され機能的になっていて、

素朴な塩炊きではなく大がかりな産業になっています。

 

実際に人体に必要不可欠な塩は、どんなに高くても売れたので

政府から仕事を請け負った業者は巨万の富を築いたそうです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  2. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  3. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  4. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の…
  5. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  7. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  8. ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  2. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  3. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  4. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  5. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  6. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ! 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり? 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  2. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  3. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  4. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  5. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  6. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  7. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  8. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP