呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥




劉備 黒歴史

 

三国志の時代は、戦乱の時代であり、大小の戦闘の度に戦死者が出ました。

しかし、歴史は、これら戦死者がその後、どうなるかを伝えてはくれません。

そこで『はじめての三国志』では、戦死した兵士が、その後どのような手続きを経て、

埋葬されるのかを、簡単ではありますが解説しようと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




戦死すると仮の柩、槥を与えられる

戦死

 

後漢の時代の律令では、戦争に従軍している兵士が戦病死すると

戦死したその土地で槥(えい)と呼ばれる仮の棺が造られ与えられました。

そして、戦死者は槥に入れられ、麻で出来た上着を一枚、麻の股引を一枚、

最後には、頭に巻く白い麻の手ぬぐい一本を身につけさせます。

 

これは、当時の死装束であくまで仮のものです。

それ以外の、兵士が生前使用していたあわせの長衣や

ズボン、武器の類は国庫に回収され、次に補充される兵士に支給される事になります。

 

自分の持っている武器が、前に死んだ兵士のモノだと考えると、

なんだか嫌ですが、さすがに武器まで埋葬に供する余裕は無かったようです。




槥車は、兵士の故郷まで何千里と旅をする

三国志葬式

 

こうして、槥に入れられた戦死者は、車に乗せられて、

自分の故郷まで、はるばる旅をする事になります。

これは後漢の初期の話なので、三国時代の動乱の世では

どこまで守られたかわからないではありますが、

中国人は死体を可能な限り故郷に帰そうとするので、

壊滅的な負け戦でない限りは、三国志の時代でも

槥車が故郷に向かう葬列は見る事が出来たことと思います。

 

漢書の韓安国(かんあんこく)伝には、

「槥車が道にひきもきらずに相望まれた」

という記述がある事から、大戦争が起きた後には槥車が連なって、

道を行く光景が見られた事でしょう。

 

故郷に帰った所で正式な棺と葬衣が支給される

 

こうして、故郷に無言の帰宅をした兵の槥車から兵は下ろされ、

政府から支給される正式な棺と葬式用の葬衣を与えられ、

初めて埋葬される事になるという事です。

 

戦死者に大きな手柄があれば、お金が支給されたり、

高価な絹や肉などの物品が報償として与えられる事もありました。

それらの措置は純粋な労いでもありますが、ある程度の報償を行い

民に嫌戦気分を起こさせない為にも必要な部分もあったでしょう。

 

庶民の葬儀は簡単なものだった

疫病 村

 

死者が大貴族なら、壮大な柩のパレードを行い葬列が何百人も連なりますし

墓も丘を模したような墳墓ですが、庶民ではそういう事は出来ません。

 

※当時の埋葬について詳しくは↓

【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

 

当時の社会は、土葬なので、適当な共同墓地に土地を買い、

そこに死者を埋葬して、土を盛って目印にしたのだと思います。

 

寂しい話ですが、それでも死体が無事に戻ってくるだけマシで、

そのまま戦地に死体が野ざらしという事も興亡の激しい時代なので、

多かったでしょう。

 

槥車を運ぶ人の苦労

祁山、街亭02

 

戦死した人を乗せた槥車は、もちろん自分で故郷に戻るわけではありません。

それらの槥を引っ張って、何千里も離れた故郷に送り届ける人も存在しました。

戦争からは免れるのでラッキーではありますが、長い旅路では、

山賊や盗賊、慣れない土地での病気など、困難は目白押しでした。

 

やはり命がけの旅と言って良かったのが死体の運搬者でした。

それでも、死体を損壊せず、できるだけ生きた状態に近いコンディションで

戦死者を遺族に届けるべく、運搬者は努力したのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

あまり、語られる事がない、兵士の死後の事について解説しました。

他の文明では、遺髪や持ち物の一部を持って帰る、または火葬して、

灰になった状態で、遺族の元へ帰すのが普通ですが、

戦死者の遺体をそのまま、故郷に帰すのは、今でも大変ですから、

当時としても、かなり大変な事だったのではないかと思います。

 

そして、遺族の思いを乗せて見えない所で奮闘していた

死体運搬人の人々の苦労、頭が下がる思いですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  2. 曹洪と曹操 ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されか…
  3. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  4. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!…
  5. 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  6. 三国志の地図(州) 漢王朝の地図はどのように変化した?現代の中国地図とほぼ同じ?
  7. 環夫人 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  8. 甄氏(しんし) 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓当(かんとう)
  2. 桃園3兄弟
  3. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  4. 関羽を油断させる陸遜
  5. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 明智光秀は妻一筋の愛妻家だった
  3. 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?
  4. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  5. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  6. 【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介

三國志雑学

  1. 于吉と張角
  2. 陸遜
  3. 諸葛一族
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 陸遜
  3. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  4. 双流星を振り回している徐盛
  5. 黄月英
  6. 弓矢を構える李広
  7. 孔明

おすすめ記事

孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 魏延と孔明 【8月の見どころ】8/25公開予定:三国志演義李卓吾本に記される魏延粛清作戦を解説予定 HMR隊長 石川克世 いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】 呂布のラストウォー 呂布 人中の鬼人呂布のラストウォー下邳の戦いを紹介 まるでクリントイーストウッド?三国志は西部劇だった? 藏覇(臧覇)と曹丕 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 張飛と劉備 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP