ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?




三国志葬式

 

人間は生まれたからには、いつかは死にます、嫌ですけどね。

はじさんでは、三国志の英傑の死にスポットを当てた、はじさん臨終図鑑を

出していますが、では、死んだ後、三国志の時代の人々は、どのように、

埋葬されていたのでしょうか?




三国志の時代には、葬送パレードがあった!

はじさん 葬式

 

テレビなどを見ていると、外国の王族や国葬級の大物著名人が死ぬと、

大きな棺を四輪の台車に載せ国旗を被せて、馬車か車で牽引しながら

墓地に向かうという光景が出てくると思います。

 

実は、これと似たような光景は、後漢時代の中国に存在していました。

当時は、貴族や王族が死ぬと、その遺体を何重もの木の棺に収めました。

秦の始皇帝陵に眠る、始皇帝の柩も、そのような何重もの構造だそうです。

 

当然、その柩は重くなり、人では動かせないので、四輪の車に柩を乗せて

前から人夫が綱で引き墓地まで引っ張りました。

 

その背後には、葬儀用の特別な髪形をした親族の列がうなだれて進み、

周囲には、護衛か、悪霊を警戒する意味かで、剣を帯びた人が、

数名ついて周囲を見張っています。




お墓は小高い盛山の下、盗掘必至の墳墓

封神演技 三国志

さて、四輪車に載せられた柩は、郊外の墓に降ろす前に、

神官による悪魔払いの儀式を受けた上で地面に下ろされます。

三国志の時代の墓というのは、大きく盛り土をした

人工的な丘の下に造られていました。

 

当時の思想には、神仙思想があり、死者はできるだけ高い所に

埋葬すると、神仙の引きを受けて天に登り仙人になると、

信じられていました。

 

西遊記 三国志

 

西遊記でお馴染みな孫悟空も、水簾洞(すいれんどう)という

洞窟に住んでいますし、封神演義に登場する神々の根拠地も、

全部洞窟なのは、まさに、神仙思想の影響からなのです。

 

当初は自然の山に葬ったのでしょうが、それも足りなくなると、

人工的に盛り土して丘を造成して葬るようになります。

 

袁術

 

ちなみに自称、全宇宙の支配者、超絶皇帝袁術(えんじゅつ)の墓も、

厳氏孤堆(げんし・こつい)と呼ばれ人工的に造られた小高い丘の上にあります。

 

こんな目立つ造り方をして盗掘に合わないか心配になりますが、

その通りで、大半の墳墓が世が乱れると、盗掘の被害に遭いました。

もちろん、袁術の墓もそうです。

 

関連記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

 

死んでからも、死後の住宅を造られ、お供え物が捧げられる

劉備

 

墓に柩が納められても、これでオシマイではありません。

死者を崇める事に厚い中国人は、ここからさらに、一仕掛けあります。

 

それが、墳墓の近くに建設された死後の住居です。

経済力によっては、一部屋だけを再現したものもありますが、

本格的な物だと、大きな屋敷が再現され、そこに三食の食事を備えて

死後も生前と変わらぬ生活が出来るようにしていました。

 

屋敷の前には、吊るされた銅鑼(ドラ)があり、これを鳴らして、

遺族が来訪した事を知らせていたようです。

 

もちろん、墳墓の中にも、不自由がないようにお酒や食事や、

お金が納められていますから、何重にも手厚い埋葬です。

当時の人々は、手厚い埋葬をすれば、祖先が祟りを成す事なく、

逆に沢山の幸福がやってくると信じていました。

度を越した埋葬には、現世利益の意味もあったのです。

 

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

罪人として死んだ人の墓地はどうだったか?

三国志 牢獄

 

では、貴族や王族とは別に、罪人として罪に問われ、

刑期の途中で死んでしまった人々はどうなったのでしょう?

罪人なので、そのまま何もせず、穴に捨てていたのかと思いますが

実は、そうではありませんでした。

 

罪を償う前に死んでしまうと、その人は、区画整理された、

集団の共同墓地に、穴を掘って、一体、一体、埋葬されます。

決して、何体も一緒に穴に放り込むという事はありません。

そして、その墓の上には、簡単な焼煉瓦に、所属監獄、罪名と

本人の名前、最期に何年、何月何日に死んだかが記録されていたのです。

 

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!

関連記事:三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?

 

ある人物の墓碑銘・・

 

例えば、洛陽の近くで発掘された共同墓地から出土した墓碑銘には、

漢字で、このような事が書き残されていました。

 

刑徒労働局の右部に属する、無任(特殊技能なし)の少府

(皇室財政を管理)の官庁の若盧(じゃくろ)という監獄に収監されていた、

髠鉗(こんけん:刑罰の名称、頭髪を剃り、首には鉄の輪を嵌める)尹孝

(いんこう:名前)は永初元年、(紀元107年)五月4日に

物故(病死か事故死)した、その遺骸はこの土の下にある。

 

尹孝がどんな罪を犯したか、分かりませんが少府の管轄する監獄なので、

皇室に納めるべき人頭税が支払えなかったのかもしれません。

尹孝は、髪を剃られて、首に鉄の輪を嵌められて、5年働かされ、

体を壊したか事故かで死にました。

 

惨めな最期でしたが、無縁仏になる事なく、共同墓地に葬られ、

今日まで名前が残る事がせめてものなぐさめでしょうか。

 

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

関連記事:そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?

関連記事:明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義では、多くの武将の死の様子が描かれますが、

その死後の事は、あまり記されていません。

もちろん、それが話の筋とは関係ないからなんですが、

実際には、上に書いたような手続きがあって、埋葬されていたのです。

 

本日も三国志の話題を御馳走様でした。

 

 

関連記事:出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

関連記事:誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 馬謖を斬り悲しむ孔明 ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  2. 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置した…
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  4. 強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう) まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  5. 劉備とイチャイチャする孫尚香 劉備は孫夫人との結婚を喜んでいなかった!その理由とは?
  6. 袁術と呂布 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  7. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawauso…
  8. 劉備 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐庶をゲットする曹操
  2. 郭嘉
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. 豊臣秀頼 wikipedia引用
  5. 京劇コスチューム趙雲
  6. 小松帯刀
  7. 于吉

おすすめ記事

  1. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君 信陵君
  2. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める 張遼 カカロットーーーー!
  3. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった キングダム45
  4. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編 曹休
  6. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 曹操と夏侯惇
  2. 孔明
  3. 関羽を捕縛する馬忠
  4. 劉禅
  5. 李典


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大久保利通 幕末
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 孔明もコペルニクスに似ていた
  4. 鼎(かなえ)
  5. 始皇帝 はじめての三国志

おすすめ記事

献帝 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ! 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 戦国昭王、大激怒で白起に死を命ずる 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 陳平 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 キングダム55巻 キングダム最新613話ネタバレ予想「龐煖死ぬ理由生きる理由」 諸葛瑾 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの? 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP