三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

この記事の所要時間: 29




孔明

 

三国志のなかでもとりわけ有名な軍師・諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

三国志を知らなくても彼の名前は聞いたことがあるという人もたくさんいます。

孔明は、荊州で蟄居生活同然の劉備に「三顧の礼」をもって配下に迎えられます。

それまでの孔明は片田舎で晴耕雨読の毎日を送っていました。

誰にも仕えず、浪人生活を送っていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




諸葛亮孔明の出身地

諸葛瑾

 

そもそも孔明は荊州出身ではありません。

彼は徐州瑯琊郡の生まれです。

早くに父を失い、叔父の諸葛玄に引き取られて育てられました。

ちなみに諸葛玄については諸説あります。

諸葛玄は豫章郡の太守に任じられましたが(袁術もしくは劉表の独断によるもの)、

正式に漢の朝廷から太守に任じられていた朱晧と争って敗れて死んだと云われています。

以来、孔明は荊州に住み着くことになるのです。




故郷である徐州

孔明 出師

 

西暦197年に諸葛玄は死去しています。

つまりその年には孔明は確実に徐州にいなかったことになります。

孔明がいつまで徐州にいたのかはよくわかっていません。

幼少期に諸葛玄に連れられて揚州の豫章郡に移っています。

話が前後しますが、西暦193年4月には徐州で大事件が起こりました。

曹操が徐州の牧である陶謙を攻め、大虐殺を行うのです。

この年には孔明は12歳です。

幼少期とはいえませんので、すでに揚州に移り住んでいたと思われます。

徐州の大虐殺は遠くに住む孔明の耳にも届いたことでしょう。

幼き頃の知り合いを多数、曹操に無残に殺されて孔明はどう感じたのでしょうか。

 

孔明が魏に仕えることはない

孔明VS曹操

 

以上のことから推測するに、

孔明が曹操のもとに仕えることはなかったのではないかと思います。

むしろ曹操を倒すことを願っていたことでしょう。

だからこそそのライバル的な存在である劉備に手を貸したのではないでしょうか。

建国の志をまっとうし、執拗に北伐にこだわる孔明をリスペクトする方も大勢いますが、

魏を倒すという悲願には少なからず私怨も混じっていたのではないかと私は思います。

どんなに貧しい生活を強いられても孔明が魏に仕える可能性はゼロというわけです。

 

仮に孔明が魏に仕えていたら

曹操 孔明をチェック

 

それではもしそのような大虐殺が徐州で起こらず、

孔明が魏に仕えていたらどのようなことになったのでしょうか。

孔明の神算とも呼べるその智謀と、将来を見通せる政治力はずば抜けています。

必ずや曹操の目に留まったに違いありません。

もしかしたら曹操の弟子としてエリート教育を施されたかもしれません。

そして曹操の跡を継ぐ曹丕や曹叡を立派に補佐して魏をさらに大きな国にしたことでしょう。

司馬氏による皇位簒奪も成し得なかったのではないでしょうか。

蜀や呉を早々に滅ぼし、魏は天下を完全に統一し、

その後何百年と続く安定した帝国を築いていたかもしれません。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

人材の豊富な魏において、例え孔明が仕えたとしても埋没してしまったのではないかという意見もあります。

蜀だからこそ孔明はここまで自由に実力を発揮できたのかもしれません。

しかし、人材起用にかけて天下一ともいえる曹操が孔明のような将来性豊かで即戦力となるものを見過ごすはずもありません。

きっと曹操は孔明を重用していたはずです。

能力が並外れて高く、それでいて清廉潔白で野心家ではない孔明は

曹操の期待にきっちり応えて支えていったことでしょう。

ただ、曹操と孔明ではあまりに最強のタッグすぎて面白味がありませんね。

三国志自体がここまで盛り上がることもなかったのではないでしょうか。

曹操、孔明、周瑜、この天才三人が三国に分かれてバランスが

保たれたことこそが三国志の展開を熱くする要因だったと思います。

結論として孔明が曹操に仕えても面白くない。

というのが私の最大の意見です。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/2…
  4. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  5. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  6. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  8. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  2. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  3. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  4. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  5. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  6. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの? 曹操には弱点はないの? 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

おすすめ記事

  1. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将
  2. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  3. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  4. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  5. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?
  6. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  7. 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因
  8. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP