呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

一騎打ちをする太史慈と孫策




呂布VS劉備三兄弟

 

コーエーのシュミレーション三国志の醍醐味といえば一騎打ちです。

お気に入りの武将を育てて関羽張飛呂布などの強い武将達と一騎打ちをさせるのが

いちばんの醍醐味と言えるでしょう。

また三国志系の漫画でも必ずと言っていいほど馬に乗りながら一騎打ちのシーンが出てきますね。

しかしこの馬に乗りながら一騎打ちを行っている姿は全てフィクションだったと知っていましたか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




馬に乗り始めたのはいつからなのか

騎馬兵にあこがれる歩兵

 

三国志の時代には色んな武将が騎馬に乗って颯爽と駆けている姿がアニメやドラマなどで

描かれていますが、そもそも馬に乗る文化が出来上がったのはいつごろなのでしょうか。




春秋戦国時代の趙の武霊王によって馬に乗る文化が形成された

赤兎馬と武霊王

 

馬に乗って戦場を駆け巡る騎馬隊と言われる物が出来上がったのは、

三国志よりも前の時代の春秋戦国時代からです。

春秋戦国時代の趙(ちょう)王である武霊王(ぶれいおう)は、

異民族の騎馬隊と服装に目をつけて自国の臣下達や兵士達に、

異民族が着ている服を着せて、騎射を行うように命令して騎馬隊を作り上げます。

この制度を「胡服騎射(こふくきしゃ)」といいます。

この制度をきっかけにして中国の人々が徐々に馬に乗る文化が出来上がります。

しかし戦いにおいては歩兵や戦車の技術が向上していたので、

他国はあまり騎馬隊というものを作りたがりませんでした。

また武霊王が騎馬隊を作り上げた時の中国の諸国は、

この馬に乗る文化は異民族の文化で文明を持っている中華の人間は、

胡服を来て馬に乗るものではないとの理由や馬を育成するのに多大な費用がかかることから、

騎馬隊はあまり他国で作られることなく従来通り戦車や歩兵、弓兵を中心とした戦いが、

繰り広げられて行くことになります。

 

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

 

武帝の時代から本格的に騎馬隊が作られる

騎馬兵 三国志

 

前漢の武帝の時代にはなると騎馬隊が本格的に作られるようになります。

その理由は匈奴(きょうど)がいたからです。

武帝の時代中華の河北全域を匈奴が領土としておりました。

武帝はなんとかして中華の領土から匈奴を追い出して漢民族による統治を目指したいと考えて、

あれこれ思案します。

武帝が匈奴を中華の領土から追い出そうと考えていた時一人の将軍が出現。

将軍の名前は衛青(えいせい)といいます。

彼は匈奴の強さは騎馬隊の機動力にあると考え武帝に

「漢軍にも機動力を持った騎馬隊を作って対抗しなければ匈奴に勝つ事ができない」と

進言します。

武帝はこの進言を採用して騎馬隊を作って匈奴軍に対抗することを決断。

その結果匈奴から国土を防衛するために歩兵を中心としていた漢軍でしたが、

この騎馬隊を取り入れたことにより、漢軍の中にも騎馬隊が作られていきます。

そして衛青や霍去病(かくきょへい)らの優秀な将軍が騎馬隊を活用して行ったことがきっかけで、

匈奴軍は長城以北へ逃げていくことになります。

この時の騎馬隊は鐙が発明されていなかったので、裸馬に乗って攻撃しておりました。

 

武霊王時代の騎馬隊の攻撃方法

騎馬兵 騎馬軍団

 

古代中国史のアニメや漫画に騎馬隊で鋭く敵陣へ突撃を行い、

馬上で矛や刀などを振り回して戦っている姿が描かれております。

しかし実際はどうだったのでしょうか。

まず武霊王の時代では胡の服を来て馬に乗って、騎射を行っておりました。

その為騎馬隊の主な攻撃方法は馬に乗って馬上で弓矢を敵に向かって射る攻撃方法が

一般的でした。

この攻撃方法を行うにも血の滲むような訓練をしないとできなかったと思われます。

また剣や矛を裸馬に乗って振り回すのは、

馬上で踏ん張りが聞かないためほぼ不可能な攻撃方法でした。

もしかしたら超人的な古代中国人の幾人かは馬上で矛を振り回して戦っていた可能性が、

あると思いますがほとんどの兵士や将軍は馬に乗って弓で攻撃を行う方法が取られておりました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった…
  2. 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人
  3. 劉邦と張良と陳平 もしも、劉邦軍と劉備軍が入れ替わったら?【if三国志】
  4. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  5. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ…
  6. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿
  7. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  8. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 問題を解決する楊脩
  2. 孔子と儒教
  3. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
  4. 玉璽
  5. 賈詡(賈ク)

おすすめ記事

  1. 契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは? 耶律阿保機
  2. 樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージがあった? 関羽
  3. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか? 関羽に惚れる曹操
  4. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? 袁尚と対立する袁譚
  5. 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ
  6. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

三國志雑学

  1. 梁冀(りょうき)
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 美化された袁紹に羨む袁術
  4. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 曹操
  3. 五代友厚 幕末
  4. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
  5. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介! 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの? 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 徐庶 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった? バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 はじめての三国志コミュニティをリリースしました! 孔明 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP