広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

この記事の所要時間: 447




呂布VS劉備三兄弟

 

コーエーのシュミレーション三国志の醍醐味といえば一騎打ちです。

お気に入りの武将を育てて関羽や張飛、呂布などの強い武将達と一騎打ちをさせるのが

いちばんの醍醐味と言えるでしょう。

また三国志系の漫画でも必ずと言っていいほど馬に乗りながら一騎打ちのシーンが出てきますね。

しかしこの馬に乗りながら一騎打ちを行っている姿は全てフィクションだったと知っていましたか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




馬に乗り始めたのはいつからなのか

騎馬兵にあこがれる歩兵

 

三国志の時代には色んな武将が騎馬に乗って颯爽と駆けている姿がアニメやドラマなどで

描かれていますが、そもそも馬に乗る文化が出来上がったのはいつごろなのでしょうか。




春秋戦国時代の趙の武霊王によって馬に乗る文化が形成された

赤兎馬と武霊王

 

馬に乗って戦場を駆け巡る騎馬隊と言われる物が出来上がったのは、

三国志よりも前の時代の春秋戦国時代からです。

春秋戦国時代の趙(ちょう)王である武霊王(ぶれいおう)は、

異民族の騎馬隊と服装に目をつけて自国の臣下達や兵士達に、

異民族が着ている服を着せて、騎射を行うように命令して騎馬隊を作り上げます。

この制度を「胡服騎射(こふくきしゃ)」といいます。

この制度をきっかけにして中国の人々が徐々に馬に乗る文化が出来上がります。

しかし戦いにおいては歩兵や戦車の技術が向上していたので、

他国はあまり騎馬隊というものを作りたがりませんでした。

また武霊王が騎馬隊を作り上げた時の中国の諸国は、

この馬に乗る文化は異民族の文化で文明を持っている中華の人間は、

胡服を来て馬に乗るものではないとの理由や馬を育成するのに多大な費用がかかることから、

騎馬隊はあまり他国で作られることなく従来通り戦車や歩兵、弓兵を中心とした戦いが、

繰り広げられて行くことになります。

 

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

 

武帝の時代から本格的に騎馬隊が作られる

騎馬兵 三国志

 

前漢の武帝の時代にはなると騎馬隊が本格的に作られるようになります。

その理由は匈奴(きょうど)がいたからです。

武帝の時代中華の河北全域を匈奴が領土としておりました。

武帝はなんとかして中華の領土から匈奴を追い出して漢民族による統治を目指したいと考えて、

あれこれ思案します。

武帝が匈奴を中華の領土から追い出そうと考えていた時一人の将軍が出現。

将軍の名前は衛青(えいせい)といいます。

彼は匈奴の強さは騎馬隊の機動力にあると考え武帝に

「漢軍にも機動力を持った騎馬隊を作って対抗しなければ匈奴に勝つ事ができない」と

進言します。

武帝はこの進言を採用して騎馬隊を作って匈奴軍に対抗することを決断。

その結果匈奴から国土を防衛するために歩兵を中心としていた漢軍でしたが、

この騎馬隊を取り入れたことにより、漢軍の中にも騎馬隊が作られていきます。

そして衛青や霍去病(かくきょへい)らの優秀な将軍が騎馬隊を活用して行ったことがきっかけで、

匈奴軍は長城以北へ逃げていくことになります。

この時の騎馬隊は鐙が発明されていなかったので、裸馬に乗って攻撃しておりました。

 

武霊王時代の騎馬隊の攻撃方法

騎馬兵 騎馬軍団

 

古代中国史のアニメや漫画に騎馬隊で鋭く敵陣へ突撃を行い、

馬上で矛や刀などを振り回して戦っている姿が描かれております。

しかし実際はどうだったのでしょうか。

まず武霊王の時代では胡の服を来て馬に乗って、騎射を行っておりました。

その為騎馬隊の主な攻撃方法は馬に乗って馬上で弓矢を敵に向かって射る攻撃方法が

一般的でした。

この攻撃方法を行うにも血の滲むような訓練をしないとできなかったと思われます。

また剣や矛を裸馬に乗って振り回すのは、

馬上で踏ん張りが聞かないためほぼ不可能な攻撃方法でした。

もしかしたら超人的な古代中国人の幾人かは馬上で矛を振り回して戦っていた可能性が、

あると思いますがほとんどの兵士や将軍は馬に乗って弓で攻撃を行う方法が取られておりました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  2. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  3. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  4. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  5. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  7. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  8. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. よりぶりんって、何者?
  2. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  3. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  4. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  5. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  6. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介! 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!? 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?

おすすめ記事

  1. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  2. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  3. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  4. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  5. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言
  6. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  7. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  8. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP