いまさら聞けない真田丸って一体何なの?




真田丸

 

NHKで今年初めから放映され、ついに終盤へ突入した「真田丸」

さてこの題名の「真田丸」ですが一体どのような意味なのでしょうか。

そもそも真田家と真田丸はどのような関係性があるのでしょうか。

今回は真田丸についてご紹介したいと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事




大河ドラマ真田丸の題名ってなんか意味あるの??

真田丸

 

大河ドラマ「真田丸」。

今回は真田丸のストーリー紹介ではなく、真田丸の題名の意味をご紹介するお話です。

大河ドラマをご覧になっている方はこの題名に意味があるのかどうか、

考えた方もいるのではないのでしょうか。

答えはあります。

真田丸は実際に史実に登場したもので、

この真田丸を説明するには信繁と大阪の陣を語らなければ始まりません。




豊臣家と徳川家因縁の対決

徳川家康 wiki

 

この真田丸ですが一体何なのでしょう。

史実に登場するのは大阪冬の陣の時です。

大阪冬の陣は徳川家康が豊臣家に因縁を付けて始まった

豊臣家の本拠地である大阪城を巡る攻防戦です。

この戦いは徳川家と豊臣家の戦いですが、

この戦いに参加して戦ったのは豊臣軍の正規軍だけではありません。

徳川家に恨みを持った人や関ヶ原の戦いで敗北して、

浪人となった大名達も参加しております。

大河ドラマ真田丸で関ヶ原の戦いに敗北して紀州九度山へ流罪となった

真田信繁もこの戦いに参加しております。

 

雌伏の時が終わりを告げる

 

真田信繁は紀州九度山で豊臣家から使者がやってきます。

この使者は信繁と会うと「豊臣家は徳川家から難癖を付けられて、

断交状態になり一触即発の状態になりました。

いつ戦が起きてもおかしくない状態で豊臣家は徳川家に対抗するため、

浪人を集めております。

秀頼公は徳川を二度打ち破った軍歴を持つ真田家にも大阪城へ来て欲しいとのことで、

今回お願いに参りました。」と信繁に大阪城へ来て欲しいことが伝えられます。

信繁は豊臣家からの要請を快く引き受け、大阪城へ入城する旨を伝えます。

豊臣家から派遣されてきた使者は大いに喜んで、信繁に大金をおいて帰っていきます。

信繁はこの大金を使って赤一色の鎧を購入。

そして信濃にいる父・真田昌幸(さなだまさゆき)以来の家臣へ

「大阪城で徳川相手に一戦やろうではないか」と参戦を求める手紙を書きます。

こうして九度山に流されてから10年以上の時を耐え忍んでいた雌伏の時が終わり

真田信繁は、再び歴史の表舞台に姿を現すことになります。

 

関連記事:神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

 

紀州九度山からの脱出と大阪城へ入城

真田丸

 

信繁は大阪城へ入城する準備を万端に整えます

大阪城へ入城するためには紀州九度山から脱出しなければなりません。

その為彼は近隣の村人を呼んで宴会を開きます。

ここで村人を全て酔わせて、翌朝信繁一行は真紅の鎧を着て大阪城へ向かいます。

信繁は紀州九度山を後にしてから数日後大阪城へ入城。

そして彼は共に徳川家と戦う事になる諸将へ挨拶回りを行います。

この大阪城へ入城した指揮官は天下に知られた武将で、

代表的な武将を上げると、後藤基次(ごとうもとつぐ)や長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)、

毛利勝永(もうりかつなが)、木村重成などの武将へ挨拶を行います。

こうして信繁は挨拶を済ませると徳川家とどのようにして戦うかの軍議が始まります。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 曹操 詩
  2. 呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権
  3. 藏覇(臧覇)
  4. はじめての変

    朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部

    ・ナレーション劉備(りゅうび)をメ…

  5. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP