三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相

この記事の所要時間: 53




管仲(衣食なして礼節を知る)

 

古代中国の春秋時代には色々な名将や名宰相が出現します。

その中でも三国志にも影響を与えた人物として有名なのが、

太公望が建国した斉の国を春秋五覇にまで押上げた

名宰相・管仲(かんちゅう)ではないのでしょうか。

彼は三国志の蜀の宰相である諸葛孔明が理想とした人物として知られていると思います。

このように後世にまでその名を残すことになる宰相がたくさん出た春秋時代。

今回はこの時代から弱小国から春秋五覇へ押上げた名宰相・子産(しさん)をご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




圧迫される旧強国

 

子産が生まれた国は鄭(てい)と呼ばれる国でした。

この国は春秋時代前半は強国でしたが、

次第に北の超一流国で中国最大勢力の一つである晋(しん)と

中華の南方で覇を唱えていた楚(そ)の攻撃を受け続けて弱体化し、

彼が生まれた頃には両国から圧迫を受けて弱小国になっておりました。




複雑な鄭国の政権

 

鄭の国は弱小国でありながら子産が鄭に使え始めた頃、

政権は君主が握っているわけではありませんでした。

なぜ鄭の君主が政権を握ることができなかった原因は

鄭の九代目君主である穆公(ぼくこう)に、原因がありました。

彼は長男に跡を継がせることにしますが、

彼には長男以外にも多くの息子がおりました。

特に国対して権力を持っていたのが穆公の七人の息子達でしたが、

その中でも子駟(しし)と呼ばれる人物が他の息子達より一頭地抜けて権力を持っており、

鄭国の宰相として君臨することになりました。

 

怒って君主をぶち殺す

炎 s

 

彼が宰相として君臨していた時代の鄭の君主は釐公(きこう)と呼ばれる人でした。

ある日宰相が君主に政権運営のことについて君主に質問します。

すると釐公は宰相の言葉に反応せずに黙っておりました。

子駟は自分の質問を無視された感じ、釐公の食事に毒を入れて殺害。

そして彼は釐公の息子で幼い簡公(かんこう)を鄭の君主として擁立することにします。

こうして自らの権力を増大させた子駟ですが、彼が行った国外政策は非常に問題だらけでした。

彼は北方の超大国である晋が勢いに乗っている時は晋に服従し、

晋が後退して南方の超大国である楚が出てくると楚に服従すると言った有様で、

両国からの信用を失うと共に他国からも信用を無くしてしまいます。

 

問題だらけの宰相を殺害する

月 f

 

この問題だらけの宰相である子駟ですが、

子産が仕えていた穆公の息子である子孔(しこう)が、

子駟を殺害して宰相として就任することになります。

さらに彼は君主である簡公を殺害して自らが君主として国を引っ張っていこうと考えます。

子産はこの子孔の考えを聞いて「子駟の宰相としての能力を悪だと感じて殺害したのに、

子駟と同じことを行えば彼を殺害した意味がなく、

乱れている鄭の国が安定することはできないでしょう。」と諫言を呈します。

この子産の忠告を聞いた子孔は簡公殺害をやめて、君主を補佐することに力を尽くしますが、

子孔は簡公の怒りを買って殺害されてしまいます。

 

大臣そして宰相の位へ

三国志 光

 

子孔が簡公によって殺害された事がきっかけで、子産が子孔の跡を継いで大臣の位になります。

大臣となって政権運営に参加することになった子産ですが、翌年思いもよらないできことが発生。

子孔の死後子展(してん)と子駟の息子である子西(しせい)の二人が政権を運営しておりましたが、

二人の意見は衝突してばかりで、ついに争いが始まってしまいます。

そして子展が子西によって殺害されてしまいますが、子西も政権から追放。

こうして内乱は鎮圧されることになりますが、

鄭の国を任せられる人材がいなくなってしまいます。

そこで鄭の公族の中で最大の勢力を誇っていた子皮(しひ)が、

宰相の位を任されることになります。

しかし彼は簡公へ「私は宰相としての器ではありません。

私よりもはるかに才能を持っている子産に宰相を任せたほうが国家のためによろしいでしょう。」と

子産を推挙します。

子産は子皮の推挙によって宰相の位へ登ることになりますが、

初めは嫌がっておりました。

しかし子皮が何回も子産を説得したため、彼は宰相となる決意を固めて鄭の国の政権運営に

乗り出すことになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名…
  2. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  3. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  4. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人…
  5. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの…
  6. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  7. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  8. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】
  3. 【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!?
  4. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  5. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  6. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの? 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた? 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム? 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

おすすめ記事

  1. 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】
  3. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  4. 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!?
  5. 島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
  6. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性
  7. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  8. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP