魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』




真田丸

 

大人気を博している大河ドラマ「真田丸」。

全国各地で真田家にゆかりのある土地では街おこしのイベントを開催しております。

大阪にあるユニバーサルスタジオジャパンは大阪城西の丸庭園で今年の12月から

「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を行うそうです。

 

戦国・ザ・リアル at 大坂城

 

このイベントはプロジェクトマッピングを使ったり、ライブショウを行うそうです。

こうしたイベントが全国各地で行われているそうですが、

先日真田丸では幸村の本拠地である

上田城をめぐって徳川軍と激しい攻防戦が行われたそうです。

この戦が終わった後、

西軍が徳川家康率いる東軍に敗北したとの報告が真田親子の耳に入ります。

しかしこの関ヶ原の戦いには真田親子が加わっていないことからものの一分ほどで、

関ヶ原の戦いは終わってしまったそうです(後日回想が行われましたが。)

その為ネットでは「高速関ヶ原」と言われて話題を博しておりました。

さて今回のはじめての三国志ではこの高速関ヶ原の戦いをもちっと詳しく解説し、

なぜ石田三成と徳川家康が戦うことになったのか調べて行きたいと思います。

(写真引用元:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事




関ヶ原の戦いが起きた原因その1:家康の権力増大と豊臣家を守ろうと考える三成対立

関ヶ原の戦い f

 

関ヶ原の戦いが起きた原因は一つに豊臣秀吉の死後、

徳川家康が権力を増大したことにあると考えます。

豊臣政権の筆頭家老であった徳川家康は秀吉の死後、

自らが天下を取るために豊臣政権内で急激に力をましていきます。

家康が力を増していくことに危機感を募らせたのは、

豊臣政権の実務を担当していた五奉行の筆頭奉行である石田三成です。

彼は家康が秀吉死後、豊臣政権のルールを破って勝手に大勢力の大名と婚姻して、

自らの勢力拡大を図っている事を知って、彼は家康に厳罰を持って処罰しようと画策します。

こうして天下取りに動き出した家康と豊臣家を守り抜こうと考える三成の対立が深まっていきます。




関ヶ原の戦いが起きた原因その2:三成嫌いの武断派大名と三成の対立

福島正則 wiki

 

三成はその性格から他の大名から嫌われておりました。

特に嫌っていたのは福島正則や加藤清正などの武断派といわれる大名たちからです。

彼らは三成が大っ嫌いで、秀吉死後彼を殺害しようと企みます。

しかし三成は敵と定めていた家康の元へ匿ってもらうことで危機を逃れることに成功。

だが彼は五奉行の位を破棄することになり、居城である佐和山城へ隠居させられてしまいます。

こうした他にも秀吉の奥さんであるねねと秀吉の実子を生んだ淀の方殿対立など、

色々な物がありますが、関ヶ原の戦いが起きたきっかけは上記の二つであると考えます。

 

三成、直江兼続と共謀して、東西で家康を挟み撃ちにする作戦を考える

関ヶ原の戦い f

 

三成はただのほほんと隠居しているわけではありませんでした。

彼は大阪城から会津へ帰還しようとしていた

上杉家執政(三国志で言うと蜀の諸葛孔明丞相の立ち位置)直江兼続(なおえかねつぐ)と会見します。

三成は以前から兼続と仲がよく会見時も現在の政局など色々なことを話します。

もちろん話題には最近調子に乗っている徳川家康に対しての不満などを二人はぶつけ合います。

こうして色々な話を語り合った二人。

そして三成から「直江殿。いま家康を倒しておかないと豊臣家は家康に乗っ取られてしまうでしょう。

そこで私に作戦があるのだが聞いてくれるか」と家康打倒の作戦を親友である兼続に明かします。

三成の作戦は北で上杉が徳川家に対して挙兵し、上杉と徳川がぶつかりあった頃合を見計らって

西で三成が豊臣恩顧の諸大名を集めて挙兵。

その結果家康軍は会津で上杉と戦っていることから撤退できず、

戦場に釘付けになってしまいます。

家康軍が戦場に釘付けになっている間に三成率いる豊臣軍が東に向かって進軍していき、

江戸城を陥落させて東西から徳川軍を挟撃する作戦でした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 張松 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った…
  2. 曹操から逃げ回る劉備 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  3. 読書する劉備 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活さ…
  4. 周瑜と孫策 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった…
  5. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  6. 劉禅と孔明 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  7. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた…
  8. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 二刀流の劉備
  2. 斉王になる司馬攸
  3. 武田信玄
  4. 孔明
  5. 高杉晋作
  6. 疫病が流行った村
  7. 腐れ儒者気質な孔融
  8. 武田騎馬軍団 馬場信春
  9. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

おすすめ記事

  1. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?
  2. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」
  3. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 孔明 司馬懿 名前はどこで
  4. 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 孫堅、孫賁
  6. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ キングダム

三國志雑学

  1. 後継者争い 劉協と劉弁
  2. 孫子の兵法 曹操
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 絶世美女 貂蝉
  5. 曹操から水攻めを受ける呂布
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 張遼・楽進・李典
  3. 武田信玄と徳川家康
  4. 女と金

おすすめ記事

三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介 幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの? 馬超の兜にフォーカス 馬超がかっこいい!入蜀後の功績が少ない理由は血筋の良さが五虎将軍随一だから? 公家って何?何をした人たちなの? 姜維 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】 蔡京(水滸伝) 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP