朝まで三国志軍師
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!

この記事の所要時間: 237




小池百合子 wiki

 

2016年8月に東京都知事に就任したばかりの小池百合子(こいけゆりこ)氏が所信表明を行いました。

この会見で興味深い言葉を発しておりました。

小池氏は後藤新平の言葉である「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、

報いを求めぬよう」と彼が残した自治三訣を引用して、

東京都の都市を改革する決意を述べておりました。

さてここで出てきた後藤新平の自治三訣の言葉は一体どのような意味があるのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




後藤新平はいつ自治三訣を残したの

後藤新平

 

さて自治三訣を述べる前に後藤新平は一体いつごろこの言葉を残したのでしょうか。

彼は台湾総督(たいわんそうとく)や内務大臣などを歴任し、

明治~大正にかけて近代日本を作ることに貢献した岩手県出身の政治家です。

彼が残したこの「自治三訣」はロンドンに視察に行った際、

そこで見たボーイスカウトの訓練を見て大いに感銘を受けて、

日本へ帰国した際にボーイスカウトを設立。

彼はその際に「自治こそは人間生活の根源であり、「信」と「愛」の奉仕こそ社会生活の

源泉である」と考えて「自治三訣」をボーイスカウトの訓示として掲げます。

そして時を越えて小池氏が所信表明で述べた「自治三訣」へと繋がるわけです。




自治三訣の意味その1:「人のお世話にならぬよう」とはどんな意味

韓信

 

自治三訣の冒頭に出てくる言葉「人のお世話にならぬよう」とは一体どんな意味なのでしょうか。

この言葉の意味は読んで字のごとく、

人のお世話にならぬように自分の事は自分でやり、決着をつけろという意味です。

 

自治三訣の意味にその2:「人のお世話をするよう」とはどんな意味

韓信と鍾離昧

 

この言葉は社会奉仕を指しております。

彼は「社会奉仕をするためには互いに知り抜いて理解し、社会利益の為に貢献せよ」との

意味がこもっております。

 

自治三訣の意味その3:「報いを求めぬように」とは一体どんな意味

女 金

 

さて自治三訣の一番最後である「報いを求めぬように」とはどんな意味がこもっているのでしょうか。

この言葉の冒頭にある報いは損得勘定の事を指しているようです。

そしてこの利益や損得勘定を求めるために人と人は時に争いを起こし、

国家間の利益の争奪になると当事国同士が喧嘩もとい戦争を起こします。

その為後藤新平は損得勘定や利益を求めず、社会奉仕を行うようにとの意味が

最後の言葉に残されておりました。

まさに都政の政治家達の利権がらみにも共通する部分を指していると言葉ではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

小池氏は後藤新平の自治三訣を引用して東京都庁に務める役員全てに対して

「東京都民から税金を預かって運用していく以上、

個人の利益追求し公益を損なうことはやめてもらい、

私利私欲を満たすようなやり方をしてはならない」と述べておりました。

小池氏には三国志に登場する利権を求める役人達のような人たちをすべて追い払い、

魏の陳羣(ちんぐん)や蜀の諸葛孔明のような公益に尽くしたような政治家を目指してもらい、

彼女を筆頭に自治三訣を心がける政治家が大量に増えてくれば、

都政ばかりか、国会にいる議員たちも変化せざるを得ないと思います。

今回は後藤新平の名言である「自治三訣」をご紹介しました。

また彼は他にも「金を残すのは下策である。また事業を残すのは中策である。

一番の上策は人を残すことである」と名言を残しております。

この言葉は会社や国政などの組織の中だけでなく、個人間でも通用する言葉でしょう。

これらのように日本の政治家である後藤新平の名言は多くの事を物語って、

心に残る言葉が数多くあるので、みなさんもこの機会に調べてみてはいかがでしょうか。

「今回の名言のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言

関連記事:【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザックリ紹介!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  2. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  3. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国…
  4. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めち…
  5. 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  6. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  7. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  8. 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】
  3. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  4. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  5. 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  6. 王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR) 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ! 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

おすすめ記事

  1. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  2. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  4. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  5. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  6. 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる!
  7. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!
  8. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP