はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?

この記事の所要時間: 239




 

 

黒田家は官兵衛孝高(かんべえよしたか)の時に大いにその名を天下に轟かせて、

歴史に名を残すことになります。

官兵衛の智謀によって黒田家は飛躍することになるのですが、彼を支え続けた重臣達の活躍も

見逃してはならないでしょう。

今回は黒田官兵衛に引き取られてめきめきと頭角を表し、

嫡男長政を支えてきた後藤又兵衛(ごとうまたべえ)。

しかし彼は黒田家を退去することになってしまうのです。

その原因について探ってみたいと思います。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




黒田家に仕えるが・・・・

 

又兵衛は父が亡くなったため父の知り合いである黒田家の黒田官兵衛に、

あずけられることになります。

又兵衛は官兵衛の小姓として仕えることになります。

官兵衛の小姓としてすくすくと育っていく彼ですが、成人後彼の運命を大きく変化させる

大事件が勃発することになります。




叔父が謀反を企てる

三国志 月

 

又兵衛の叔父が官兵衛に謀反を起こして殺害しようとしていたことが判明します。

そのため又兵衛は黒田家から追放されてしまうのです。

なぜ叔父が官兵衛に謀反を起こそうと考えていたのかは不明ですが、

又兵衛がこの事件がきっかけで黒田家から追放されてしまったことは事実です。

又兵衛は叔父のせいで官兵衛の元を離れなくてはならなくなり、

官兵衛の居城である姫路城を

出ると行くあてもないまま彷徨うことになってしまいます。




仙石権兵衛に仕える

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

 

又兵衛は黒田家を退去した後放浪の旅に出ます。

そして彼は織田家の勢力範囲に入った時に運命を変える出会いが待っておりました。

それは仙石権兵衛との出会いです。

仙石権兵衛は美濃の出身で又兵衛が権兵衛と会った時は羽柴秀吉の家臣として仕えていました。

権兵衛は又兵衛を見て一目で気に入り、彼を登用して仙石家の家臣として取り立てることにします。

又兵衛は権兵衛に仕えた事でその後の運命が再び変転することになるのです。

 

 

黒田家に帰還

 

又兵衛は権兵衛の下でめきめきとその頭角を表し戦では必ず武功を挙げており、

仙石家に取って重宝されておりました。

そんな中権兵衛は秀吉と共に播磨へ向かうことになり、又兵衛も一緒に播磨へ向かいます。

そこで元の主人である黒田官兵衛と長政親子と再開することになります。

長政は又兵衛を自分のもとで仕えさせたいと考えており、

仙石家に要請して又兵衛を取り戻そうと考えます。

しかし官兵衛は「又兵衛は謀反を起こした一族。彼をお前が使う事はない。」と言って長政に

仕えさせることに反対します。

こうして又兵衛は長政に仕えることはできませんでしたが、

黒田家の家老の家に仕えることができ、再び黒田家に戻ってくることができました。

 

又兵衛出奔

炎 s

 

又兵衛は黒田家に帰還すると仙石家で磨いてきた戦場での経験を活かして、

次々と武功を上げていきます。

こうして彼は黒田家の戦闘で数々の武功を立てた功績が認められて黒田家の家老の地位を

与えられ、所領も与えられることになります。

黒田家は又兵衛が家老になった時、

近隣の大名である細川家と非常に仲が悪い状態になっておりました。

そのため両家は仇敵同士の間柄のような関係で、長政は家臣に「細川家との交流を禁ずる」と

命令を出します。

しかしこの命令を又兵衛は破って細川家との交流をしてしまいます。

長政は激怒しますが今までの武功に免じて彼を許します。

だが又兵衛は懲りずに細川家との交流を行い、このことが長政に知られてしまったために

彼は自らの意思で黒田家を出奔することになるのです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

又兵衛はこうして黒田家を出奔することになります。

黒田家に取って非常に有能な人物であった又兵衛がなぜ長政の命令を無視しして、

細川家との交流を深めたのか理由はわかりません。

彼は黒田家を出奔したことによって豊臣家の本拠地である大阪城に入城し、

大阪夏の陣と冬の陣の激闘に参加したことは揺るぎない事実です。

するとあえて禁を破って豊臣方に味方するためにそのようなことをしたのではと

勘ぐりたくなりますが、確証がないため何とも言えないのが実情です。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  2. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  3. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  4. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインと…
  5. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  6. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば…
  7. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  8. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  2. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢
  3. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  4. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将
  5. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者
  6. 曹家の文才「三曹七子」って何?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの? 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当? 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

おすすめ記事

  1. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人
  2. 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい)
  3. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  4. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介
  6. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.1
  7. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  8. まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP