コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?




 

 

黒田家は官兵衛孝高(かんべえよしたか)の時に大いにその名を天下に轟かせて、

歴史に名を残すことになります。

官兵衛の智謀によって黒田家は飛躍することになるのですが、彼を支え続けた重臣達の活躍も

見逃してはならないでしょう。

今回は黒田官兵衛に引き取られてめきめきと頭角を表し、

嫡男長政を支えてきた後藤又兵衛(ごとうまたべえ)。

しかし彼は黒田家を退去することになってしまうのです。

その原因について探ってみたいと思います。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




黒田家に仕えるが・・・・

 

又兵衛は父が亡くなったため父の知り合いである黒田家の黒田官兵衛に、

あずけられることになります。

又兵衛は官兵衛の小姓として仕えることになります。

官兵衛の小姓としてすくすくと育っていく彼ですが、成人後彼の運命を大きく変化させる

大事件が勃発することになります。




叔父が謀反を企てる

三国志 月

 

又兵衛の叔父が官兵衛に謀反を起こして殺害しようとしていたことが判明します。

そのため又兵衛は黒田家から追放されてしまうのです。

なぜ叔父が官兵衛に謀反を起こそうと考えていたのかは不明ですが、

又兵衛がこの事件がきっかけで黒田家から追放されてしまったことは事実です。

又兵衛は叔父のせいで官兵衛の元を離れなくてはならなくなり、

官兵衛の居城である姫路城を

出ると行くあてもないまま彷徨うことになってしまいます。




仙石権兵衛に仕える

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

 

又兵衛は黒田家を退去した後放浪の旅に出ます。

そして彼は織田家の勢力範囲に入った時に運命を変える出会いが待っておりました。

それは仙石権兵衛との出会いです。

仙石権兵衛は美濃の出身で又兵衛が権兵衛と会った時は羽柴秀吉の家臣として仕えていました。

権兵衛は又兵衛を見て一目で気に入り、彼を登用して仙石家の家臣として取り立てることにします。

又兵衛は権兵衛に仕えた事でその後の運命が再び変転することになるのです。

 

 

黒田家に帰還

photo credit: Sunset, Rock Valley via photopin (license)

 

又兵衛は権兵衛の下でめきめきとその頭角を表し戦では必ず武功を挙げており、

仙石家に取って重宝されておりました。

そんな中権兵衛は秀吉と共に播磨へ向かうことになり、又兵衛も一緒に播磨へ向かいます。

そこで元の主人である黒田官兵衛と長政親子と再開することになります。

長政は又兵衛を自分のもとで仕えさせたいと考えており、

仙石家に要請して又兵衛を取り戻そうと考えます。

しかし官兵衛は「又兵衛は謀反を起こした一族。彼をお前が使う事はない。」と言って長政に

仕えさせることに反対します。

こうして又兵衛は長政に仕えることはできませんでしたが、

黒田家の家老の家に仕えることができ、再び黒田家に戻ってくることができました。

 

又兵衛出奔

炎 s

 

又兵衛は黒田家に帰還すると仙石家で磨いてきた戦場での経験を活かして、

次々と武功を上げていきます。

こうして彼は黒田家の戦闘で数々の武功を立てた功績が認められて黒田家の家老の地位を

与えられ、所領も与えられることになります。

黒田家は又兵衛が家老になった時、

近隣の大名である細川家と非常に仲が悪い状態になっておりました。

そのため両家は仇敵同士の間柄のような関係で、長政は家臣に「細川家との交流を禁ずる」と

命令を出します。

しかしこの命令を又兵衛は破って細川家との交流をしてしまいます。

長政は激怒しますが今までの武功に免じて彼を許します。

だが又兵衛は懲りずに細川家との交流を行い、このことが長政に知られてしまったために

彼は自らの意思で黒田家を出奔することになるのです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

又兵衛はこうして黒田家を出奔することになります。

黒田家に取って非常に有能な人物であった又兵衛がなぜ長政の命令を無視しして、

細川家との交流を深めたのか理由はわかりません。

彼は黒田家を出奔したことによって豊臣家の本拠地である大阪城に入城し、

大阪夏の陣と冬の陣の激闘に参加したことは揺るぎない事実です。

するとあえて禁を破って豊臣方に味方するためにそのようなことをしたのではと

勘ぐりたくなりますが、確証がないため何とも言えないのが実情です。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬遷(しばせん) なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?
  2. 呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  3. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  4. 賈詡と曹操 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 張翼 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の…
  7. はじめての三国志 画像準備中 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして…
  8. 張嶷 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後藤象二郎
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 何皇后(毒蛇) 何進
  4. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  5. 夷陵の戦いで負ける劉備
  6. 梁山泊
  7. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  8. 孔融と曹操
  9. 孫武(ゆるキャラ)

おすすめ記事

  1. 【記念】ファンの皆様ありがとう、はじめての三国志5周年突入!
  2. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 劉禅と孔明
  3. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  4. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 華雄と呂布
  5. 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった? 藺相如(りんしょうじょ)
  6. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 曹幹

三國志雑学

  1. 曹操のガラス
  2. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓
  3. 三国志 武器
  4. スーパーDr華佗
  5. 愛馬に乗る張遼


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 劉備と4人の妻
  3. 酒を飲む曹操と劉備と呂布
  4. 周瑜くやしい 呉
  5. 孔明もコペルニクスに似ていた
  6. 曹操から逃げ回る劉備

おすすめ記事

曹操が黄巾党が仲間に! 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 華雄と呂布 華雄は関羽のかませドッグだった!? 若かりし劉備 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!? 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった? 曹操女性の敵2 ゆるキャラ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 織田信長 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP