よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

この記事の所要時間: 228




軍師

 

豊臣秀吉が天下を取ることができた大きな要因は二人の軍師が居たからだと考えられます。

その二人の軍師とは竹中半兵衛と黒田孝高(くろだよしたか)でした。

このふたりの軍師は秀吉の「両兵衛」と言われ、

彼を支えて軍事・政治に対して進言を行ったことで、秀吉は天下を取ることができます。

今回は秀吉の天下を取ることに協力した両兵衛の内の独り黒田官兵衛孝高の前半生を

ご紹介していきたいと思います。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




官兵衛の誕生と初陣

黒田 wiki

(写真引用元:黒田孝高 wikipedia

 

官兵衛(孝高はあまり有名ではないため、官兵衛と記して行きます。)は

黒田職隆(くろだもとたか)の嫡男として誕生します。

彼は四人の兄弟と一緒にすくすくと成長していき、

黒田家の主君である小寺氏の当主から声がかかり小姓として仕えることになります。

そして彼の初陣は17歳で初めて戦場へ赴きます。

この時の敵は小寺氏に楯突いている近隣の豪族討伐が目的でした。

彼はこの豪族討伐戦で首級を挙げます。

その後も彼は豪族討伐で武功を挙げていくことになるのです。




官兵衛は歌が大好き

竹 f

 

官兵衛は初陣を果たし武功を挙げて小寺氏に認めれることになるのですが、

彼は戦よりも和歌の方に関心がありもっぱら和歌を嗜んでおり、

学問はあまり好きではありませんでした。

そんな彼に学問の師匠である和尚が

「官兵衛。お前は学問をおろそかにして和歌ばかりに興味を示しているが、今は乱世である。

和歌を詠むことが悪いことではないが、

今は兵法書を読んで戦における駆け引きを学ぶべきであろう。」と怒られます。

官兵衛はこの和尚の注意を受けて、

和歌を嗜むことを止めて兵法書を読みあさっていくことになります。

青年期に兵法書を読みあさったことが後年の活躍につながることになります。

 

実務で秀逸な能力を示す

お金と税金 f

 

官兵衛は初陣を果たすと小寺家の実務を任されるようになります。

彼は小寺氏の居城である姫路城下に住む民衆達の統制を行い、

養子縁組や租税に関する管理などで能力を発揮していきます。

また播磨の近隣の大名である赤松氏との戦でも活躍し、

小寺家内部では彼の地位は着実に重きをなしていくことになります。

 

織田信長に従うべし

織田信長

 

官兵衛が実務をこなして小寺家で重きをなしている頃、近畿地方を制圧して大勢力として

成長していた織田信長が宿敵である武田家を長篠の戦(ながしののたたかい)で撃破。

この戦いに勝利したことで織田家の勢力を阻むものがなくなってきます。

小寺家は播磨(はりま)を領有しておりましたが、

中国地方の巨大勢力である毛利氏が着実に勢力を拡大し、

官兵衛のいる播磨にも影響力を反映させてきます。

小寺氏は西に毛利・東に織田と大勢力の挟まれてしまいどちらに味方して家を保っていくのが

賢明なのか判断に迷ってしまいます。

そこで小寺氏は重臣達を集めて会議を開きます。

この会議に参加した官兵衛は小寺氏に「織田家の勢いは凄まじく、

毛利家を圧倒する日がいずれ参りましょう。ここは織田家に味方する方がいいと思います。」と

進言。

この官兵衛の意見に賛同した重臣達は小寺氏に同意を求め、

主君小寺氏も官兵衛の意見に従って織田家に味方することを決めます。

 

官兵衛の恐るべき時勢眼

富士山 f

 

当時の播磨の豪族達には自分たちが住んでいる土地や近隣の地方にしか、

目を向けておりませんでした。

そのため京や地方に目を届かせている者は皆無でした。

その中で官兵衛ただひとりは先を見据えると同時に、今一番勢いのある勢力をしっかりと見抜いた

その時勢眼は恐るべきものがあると思います。

こうして官兵衛の進言によって織田家に味方することを決めた小寺氏や小寺氏を

従えていた別所氏など多くの播磨の豪族達が織田へ味方することになります。

官兵衛は織田信長と会見して小寺氏が味方することを伝えると大いに喜び彼に刀を与えたそうです。

 

関連記事:黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?

 

戦国史ライター黒田廉のひとりごと

黒田廉

 

官兵衛は鋭い時勢眼と実務能力、

戦における采配の巧さによって小寺氏にはなくては習い人材へ成長することになるのです。

青年期の官兵衛は自信に満ち溢れ、

順風満帆な人生を歩んでおりましたが、彼の人生は織田家に味方したことを

決めた時から大きく変化していくことになろうとは彼自身思いも寄りませんでした。

「今回の戦国史お話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

参考文献 中公新書 黒田官兵衛など

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」…
  2. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  3. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  4. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  5. 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おん…
  7. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名…
  8. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介
  2. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  3. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  5. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者 まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる

おすすめ記事

  1. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  2. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  3. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  4. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  5. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  6. 第3話:三国夢幻演義 龍の少年「疎開の旅」配信中
  7. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  8. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP