ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎

山本勘助 wikipedia




山本勘助 wiki

(画像引用元:山本勘助 wikipedia

 

武田信玄(たけだしんげん)は多くの武将を配下にしておりました。

その中でも今まで架空とされていた人物がいたのをご存知でしょうか。

その人物とは山本勘助(やまもとかんすけ)です。

彼は信玄の軍師として今まだ活躍していた人物だとされていましたが、

実はある出来事によって架空ではないことが判明されたことで、

架空の人物ではことが判明されたのです。




今まで架空とされていた理由とは

真田丸02(武田信玄)

 

山本勘助は武田信玄の軍師として非常に有名な人物です。

しかし彼は今まで架空とされていました。

その理由は武田家の歴史が書かれている「甲陽軍艦(こうようぐんかん)」という歴史書や他の

信用に値しないような歴史書にしか名前が記載されておらず、

歴史書として価値の高い書物に彼の名前が一切記していないことが原因です。

そのため山本勘助は歴史上に存在していない人物として扱われていました。

しかしある出来事がきっかけで自体は好転することになります。




大河ドラマがきっかけで勘助の存在が明らかに

 

 

昭和44年に放映されたNHK大河ドラマ「天と地と」。

この大河ドラマは上杉謙信(うえすぎけんしん)の一生を描いた物語として好評を博しておりました。

そしてこの大河ドラマが勘助にとって大きく運命が変化するきっかけとなるのです。

この大河ドラマを見ていたい札幌の市民が信玄の書状が出るシーンを見て

「家にもこの書状あるよ」といって図書館に持っていったそうです。

この信玄が発給した書状の中に山本勘助の名前が乗っていたのです。

このことにより勘助は実在した人物であることが証明されることになるのです。

 

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!

関連記事:三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!

 

だが勘助はまだまだ謎の多い人物

キングダムと三国志

 

山本勘助は信玄の書状が発見されたことで彼の存在は明確になります。

しかし勘助の存在が明確になったとしてもまだ謎の多い人物であることには変わりありません。

彼は信玄の軍師として活躍していたかどうかなどが謎のままになっております。

勘助は信玄の軍師として活躍していたことがきっかけでその名を歴史に残すことになるのですが、

松浦鎮信(まつらしげのぶ)という大名が書いた「武功雑記(ぶこうざっき)という本には

「山本勘助は山県昌景(やまがたまさかげ)に抱えられていた斥候(せっこう)である」と書かれており、

信玄の軍師として活躍しているようには一切書かれておりません。

そのため勘助は信玄の軍師として活躍していたのではなく、

山県昌景の配下として働いていたのではないかといわれております。

ついでに山本勘助の主人となっている山県昌景は武田四名臣の内の一人に数えられる人物で、

武田家きっての精鋭部隊である赤備えを始めて軍で使用した人物です。

この赤備え隊は武田滅亡後徳川家康の配下である井伊直政(いいなおまさ)が、

旧武田家臣団を多く引き取ったことから赤備え隊を率いて活躍していくことになります。

また真田幸村も山県昌景の赤備え隊を使用して大阪冬の陣・夏の陣で大いに活躍しております。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

山本勘助が実在していなかった武将だとすると疑問が一つ出てきます。

信玄と謙信の最大の戦いであった第四次川中島の戦いで武田信玄は、

上杉謙信を包囲殲滅するために山本勘助が献策してきたある作戦を採用します。

その作戦が有名な「キツツキ戦法」といわれるものです。

この作戦は山に陣取っていた上杉軍を武田別働隊が後方から奇襲して、

武田軍本隊の前面に押し出して挟撃して大打撃を与える作戦です。

この作戦を勘助が献策した作戦だと思っていたのですが、いったい誰がキツツキ戦法を信玄に

提案したのでしょうか。

武田軍には激戦をくぐり抜けた猛将や知将がたくさんいるので、

その中の誰かということになるのでしょう。

でも私一個人の意見としては勘助の軍略の知識が信玄に劣るとも勝らないと

色々な歴史小説で言われていたので、勘助が提案した作戦だということを信じたいですが、

皆さんはどのように思いますか。

 

参考文献 名軍師ありて名将有り 小山田哲夫著など

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 荒れる黄河 明智光秀の治水が現在でも残っていた?福知山市で行われていた治水事…
  2. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城…
  3. 本多忠勝 本多忠勝はどんな最期を迎えるの?関ヶ原から最期まで分かりやすく解…
  4. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  5. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  7. 呂不韋 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  8. キレる織田信長 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志時代のひざまくら
  2. 周瑜 周郎
  3. 酒乱の徳川慶喜
  4. 星彩
  5. 李斯
  6. 虎形棺座
  7. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!! 張遼・楽進・李典
  2. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  3. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。 孔明のテントがある野外のシーン
  4. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 曹丕
  5. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 弓矢を構える李広
  6. 下邳の戦いで夏候惇は目玉を食べていない?猛将のイメージを付け加えた理由 目玉を食べる夏侯惇

三國志雑学

  1. 劉備を警戒する陳羣
  2. 苦肉の策(笑)
  3. 周瑜はナルシスト


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徐庶の初陣
  2. キングダム45
  3. 蜀の魏延
  4. 朶思大王
  5. 曹丕
  6. 近藤勇 新選組
  7. 魏の皇帝になった曹丕
  8. 挑発する諸葛亮孔明

おすすめ記事

鍾会を説得する姜維 姜維はどうして鍾会を同志に選んだの? 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い? 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明! 合戦シーン 【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた 魏の曹操孟徳 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 永倉新八とはどんな人?新選組への加入から剣術の逸話まで解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP