呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)




真田丸02(武田信玄)

 

久しぶりのはじさんクイズです!!

皆さんは甲斐の虎こと武田晴信(たけだ はるのぶ)をご存知でしょうか。

この晴信は後年出家して晴信から出家した際の号を名乗ることになるのですが、

一体何の号を名乗っていたでしょう。

 

1逍遥軒(しょうようけん)

 

2信玄

 

3梅雪

さぁ~て正解はどれでしょう。

正解は3ではなくて2番の信玄です。

そうです!彼は若い頃は武田晴信と名乗っており、出家してからみなさんがよく知っている信玄と

名乗るようになるのです。

さてこの晴信君ですが、父・信虎からを追放して

武田家の当主に就任していることを知っておりましたか。

今回はそんな晴信くんの荒々しい一面を覗かせる武田家就任までのお話をしたいと思います。

 

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




武田信虎の嫡男として誕生

真田丸 武田信玄

 

晴信は武田家の当主である信虎の嫡男として誕生します。

彼には多くの兄弟がいてなんと16人者兄弟がおりました。

その嫡男として生まれた信玄は色々と信虎から期待をかけられております。

その証左として元服したとき父は足利将軍である義晴に要請して、その名から一字をもらい

晴信として名づけて元服させております。

また信虎は官位も朝廷に要請しており、晴信は元服した時に官位をもらっています。

こうして晴信は父・信虎からいっぱい期待をかけられて成長しております。

 

関連動画:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備




晴信の初陣と信虎の領内政策

光 f

 

晴信はこうして父信虎に期待をかけられながら成長して元服することになります。

そして戦国時代の武将が必ず通る初陣の日を迎えます。

晴信は父と共に信濃の佐久郡にある城を攻略するべく出陣し、

見事に目標としていた城を陥落させます。

父信虎は晴信の初陣を済ませると領国内の整備を行います。

行政組織を見直して改善を行っており、

家臣団においても信虎の父から居る重臣達に加えて、

自らが取り立てて家臣した者に自分の一字である「虎」の字を与えて、

家臣団の結束力強化を図っております。

このように信虎は次世代の武田の家を継ぐ晴信のために領内整備と家臣の結束力を高める

方針を行っていきます。

 

信虎・暴君化

炎 s

 

こうして甲斐の国を整備していくことに力尽くすと共に、領土拡大を行っていた信虎ですが、

次第に暴君と化していきます。

彼は自分の家臣が自らの気に食わないことをちょっとでもやるとすぐに殺害。

これは新参や古参にかかわらずに行っていたため家臣達は戦々恐々としておりました。

また領内でも厳しい税の取立てが始まり、領民達も信虎の暴君化に驚いておりました。

その後信虎は信濃の海野平で海野氏に大勝利を収めると彼は自分の長女が居る駿河に

向かっていきます。

この時信虎が連れていた人数は数十人程度の少数の側近しか連れていませんでした。

 

国境を閉じて父を追放

三国志 ろうそく 写真

 

晴信はこのままでは武田がダメになってしまうと考えて、

重臣たちに「父信虎を追放するべし」と訴えます。

重臣達も信虎のやり方に怒りを覚えていたため、晴信の訴えに反対する者はなく皆が賛成します。

そして晴信は父が駿河へ向かったとすると急いで国境を閉じて父が帰還できないようにすると

彼は武田家の棟梁となることを重臣や領民達へ知らせます。

信虎は今川義元の館でこのことを知ると激怒して国に帰ろうと急ぎますが、

国境が閉じていたため、甲斐へ入ることができませんでした。

こうして信虎はシズシズと駿河に行って今川義元に保護されることになるのです。

そして晴信は父信虎の追放に成功したことによって武田家を継いで

新当主として君臨することになるのです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

戦国時代に子が親を追放するのは特に変わったことではなくどこでも起きている状態でした。

晴信が父信虎を追放した原因は色々ありますが、

 

1父信虎の暴君化

2信虎との関係悪化による追放説

が唱えられており、どちらもありえることでした。

父信虎が暴君化したときは晴信のいうことを聞いてもらえないこともあったそうです。

これらが原因で晴信は父を追放する決意をしたのではないかと考えられているそうです。

 

参考文献 中公新書 信玄の戦略 柴辻俊六著など

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!07 蔡瑁、劉備 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  2. 韓信と劉邦 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  3. 織田信長 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった
  4. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた…
  5. 張コウ 張郃 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  6. 徳川家康 徳川家康の原点は今川義元の人質生活にあり
  7. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  8. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 吉川英治様表紙リスペクト
  3. キングダム
  4. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏 劉備と曹操
  2. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの? 曹操の頭痛の原因は関羽?
  3. 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選
  4. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 曹純
  5. 公孫瓚の易京城はどんな城? 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  6. 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは?

三國志雑学

  1. 蔡京(水滸伝)
  2. 徐庶
  3. 陸遜
  4. 袁術と孫策
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張昭、孫権、孫策、周瑜
  2. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  3. 夏侯惇
  4. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  5. 嫪毐(ろうあい)
  6. 桃を持った姜維(はじめての三国志)

おすすめ記事

司馬懿 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 2つの持論を展開する費禕 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 黄巾の乱ってどんな戦い?黄巾の乱を簡単に知ってみませんか? 【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説 曹操 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校 はじめての三国志 画像準備中 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】 はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP