日常生活

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?

この記事の所要時間: 233




軍師

 

秀吉は三顧の礼を尽くして竹中半兵衛を手に入れることに成功します。

彼はその後織田軍の中でめきめきと力を着けていくことになり、

中国地方討伐司令官へ任命されることになります。

この時秀吉にとってその後活躍を支えた名軍師がもうひとり仲間になります。

その軍師とは黒田官兵衛(くろだかんべえ)です。

今回は官兵衛の視点から見て、どのような経緯で秀吉に仕えることになったのか

見ていきたいともいます。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




秀吉との出会い

 

黒田官兵衛は主家である小寺氏を織田家へ味方につけることに成功します。

その後織田家のために播磨に住む豪族達を説得して次々と織田家へ味方させることになります。

この官兵衛の活躍を聞いた羽柴秀吉(はしばひでよし)は官兵衛と仲良くなるために

直筆の手紙を送ります。

この手紙の内容は「官兵衛どのが織田家に味方したこと嬉しく思います。

私は今後あなた様と播磨(はりま)や中国地方のことについて色々話し合いたいと思っています。」

と書いた手紙を送ります。

この書状を見た官兵衛は感動し、秀吉と仲良くなっていくことになります。




秀吉に頼られる官兵衛

 

秀吉はその後も官兵衛にたいして色々な手紙を送ったり、贈り物を贈ったりしておりました。

そんな中秀吉が官兵衛を頼りにしていた証左となる手紙があります。

秀吉が官兵衛に送った手紙の中で「お手紙拝見しました。

私はあなたのことを弟である羽柴小一郎秀長(はしばこいちろうひでなが)と同じように思っており、

播磨方面の状況について今後は直に会って話していきたいと思っております。

よろしくお願いします。」と述べており、

この手紙を見る限りでは秀吉は官兵衛を相当に信頼しており、

唯一の肉親である秀長と同じ扱いをするほど彼へ信頼を示しております。

このような手紙を見た官兵衛は秀吉を相当に信頼したことでしょう。

 

人質を出して秀吉に臣従する

瀬戸内海 f

 

こうして秀吉と官兵衛は信頼関係を構築して行くことになり、

ついに秀吉が織田信長から命令を受けて中国地方討伐司令官に任命されることになります。

この時信長は官兵衛に手紙を送り「秀吉に従って中国地方攻略を助けるべし」との内容の

手紙が送られてきます。

こうして織田家に置いて信長⇒秀吉⇒官兵衛の指揮系統が整えられることになり、

官兵衛は秀吉だけでなく信長からもその能力を認めらていたことになります。

そして秀吉が官兵衛の居城である姫路城へ到着する官兵衛を呼んで、

直に播磨や中国地方についての話を聞きます。

その後官兵衛は秀吉に対して長男である松寿丸(しょうじゅまる=後年の黒田長政)を

人質として預けることにし、秀吉へ臣従することを誓います。

さらに官兵衛は秀吉に居城である姫路城を明け渡す事で、秀吉を裏切ることがない証とします。

秀吉は官兵衛が全てをあずけて臣従してくれたことに対して感動し、

彼を軍師として用いていくことにします。

しかし秀吉と仲良くなることで官兵衛は小寺氏から迫害視されることになり、

官兵衛にとって辛い時期が到来することにつながるのです。

 

戦国史ライター黒田廉のひとりごと

黒田廉

 

こうして秀吉と官兵衛はお互いを緊密な信頼で結ばれることになります。

そして官兵衛は竹中半兵衛と共に秀吉の懐刀として重用され、

後世秀吉の「両兵衛」と言われる程の智謀を発揮することになるのです。

また官兵衛は秀吉以外にも秀吉の弟である羽柴秀長や竹中半兵衛とも強い絆で

結ばれることになり、半兵衛とは先輩軍師として色々なことを学ぶとともに生涯の友人としてm

付き合うことになるのです。

「今回の日本の戦国史のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言…
  2. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だっ…
  3. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武…
  4. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  5. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  6. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  7. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  8. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「はじめての三国志」のロゴが完成しました
  2. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  3. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  4. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  5. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  6. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操が遺言で見せた女性への愛情 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・ これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

おすすめ記事

  1. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  2. 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑
  3. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介
  5. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  6. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  7. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  8. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP