三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?




軍師

 

秀吉は三顧の礼を尽くして竹中半兵衛を手に入れることに成功します。

彼はその後織田軍の中でめきめきと力を着けていくことになり、

中国地方討伐司令官へ任命されることになります。

この時秀吉にとってその後活躍を支えた名軍師がもうひとり仲間になります。

その軍師とは黒田官兵衛(くろだかんべえ)です。

今回は官兵衛の視点から見て、どのような経緯で秀吉に仕えることになったのか

見ていきたいともいます。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




秀吉との出会い

 

黒田官兵衛は主家である小寺氏を織田家へ味方につけることに成功します。

その後織田家のために播磨に住む豪族達を説得して次々と織田家へ味方させることになります。

この官兵衛の活躍を聞いた羽柴秀吉(はしばひでよし)は官兵衛と仲良くなるために

直筆の手紙を送ります。

この手紙の内容は「官兵衛どのが織田家に味方したこと嬉しく思います。

私は今後あなた様と播磨(はりま)や中国地方のことについて色々話し合いたいと思っています。」

と書いた手紙を送ります。

この書状を見た官兵衛は感動し、秀吉と仲良くなっていくことになります。




秀吉に頼られる官兵衛

 

秀吉はその後も官兵衛にたいして色々な手紙を送ったり、贈り物を贈ったりしておりました。

そんな中秀吉が官兵衛を頼りにしていた証左となる手紙があります。

秀吉が官兵衛に送った手紙の中で「お手紙拝見しました。

私はあなたのことを弟である羽柴小一郎秀長(はしばこいちろうひでなが)と同じように思っており、

播磨方面の状況について今後は直に会って話していきたいと思っております。

よろしくお願いします。」と述べており、

この手紙を見る限りでは秀吉は官兵衛を相当に信頼しており、

唯一の肉親である秀長と同じ扱いをするほど彼へ信頼を示しております。

このような手紙を見た官兵衛は秀吉を相当に信頼したことでしょう。

 

人質を出して秀吉に臣従する

瀬戸内海 f

 

こうして秀吉と官兵衛は信頼関係を構築して行くことになり、

ついに秀吉が織田信長から命令を受けて中国地方討伐司令官に任命されることになります。

この時信長は官兵衛に手紙を送り「秀吉に従って中国地方攻略を助けるべし」との内容の

手紙が送られてきます。

こうして織田家に置いて信長⇒秀吉⇒官兵衛の指揮系統が整えられることになり、

官兵衛は秀吉だけでなく信長からもその能力を認めらていたことになります。

そして秀吉が官兵衛の居城である姫路城へ到着する官兵衛を呼んで、

直に播磨や中国地方についての話を聞きます。

その後官兵衛は秀吉に対して長男である松寿丸(しょうじゅまる=後年の黒田長政)を

人質として預けることにし、秀吉へ臣従することを誓います。

さらに官兵衛は秀吉に居城である姫路城を明け渡す事で、秀吉を裏切ることがない証とします。

秀吉は官兵衛が全てをあずけて臣従してくれたことに対して感動し、

彼を軍師として用いていくことにします。

しかし秀吉と仲良くなることで官兵衛は小寺氏から迫害視されることになり、

官兵衛にとって辛い時期が到来することにつながるのです。

 

戦国史ライター黒田廉のひとりごと

黒田廉

 

こうして秀吉と官兵衛はお互いを緊密な信頼で結ばれることになります。

そして官兵衛は竹中半兵衛と共に秀吉の懐刀として重用され、

後世秀吉の「両兵衛」と言われる程の智謀を発揮することになるのです。

また官兵衛は秀吉以外にも秀吉の弟である羽柴秀長や竹中半兵衛とも強い絆で

結ばれることになり、半兵衛とは先輩軍師として色々なことを学ぶとともに生涯の友人としてm

付き合うことになるのです。

「今回の日本の戦国史のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  2. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!…
  3. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導い…
  4. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  5. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  6. 徳川慶喜 幕末 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  8. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大喬と小喬

おすすめ記事

  1. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  2. 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  3. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  4. 劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】
  5. 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実
  6. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった? 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ? 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!! 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 橋本左内には写真が存在するの? 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め

おすすめ記事

  1. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  2. 西郷従道と西郷隆盛兄弟の関係は?
  3. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  6. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  7. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  8. 【三国志の学校】はじめての三国志コミュニティについて バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP