架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか?

この記事の所要時間: 254




真田丸

 

大河ドラマ真田丸も一年間の放映も残すところ後一話になりました。

今回は真田信繁の最後を飾る大阪夏の陣での戦い方についてご紹介すると共に、

信繁が最終回でどのような戦いぶりを行うのか予想もしていきたいと思います。

今までと違った大河ドラマを演じた「真田丸」。

最後はどのようにして真田信繁を活躍させることになるのでしょうか。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!




真田丸における徳川迎撃作戦は瓦解

真田丸

 

真田丸では大阪の夏の陣の初戦は五人衆(後藤又兵衛(ごとうまたべえ)、

長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)、毛利勝永(もうりかつなが)、明石全登(あかしたけのり))らが

考えた作戦+信繁が付け足した作戦によって徳川家康率いる幕府軍の迎撃作戦を実行。

しかし徳川軍に彼らの作戦が筒抜けであったことが災いして、

後藤又兵衛が伊達政宗軍に敗北して討ち死に。

また別方面で徳川軍を迎撃することになっていた長宗我部盛親、

木村重成も討ち死にしてしまいます。

この為信繁や他の諸将は、

徳川軍の諸将と激戦を繰り広げながらなんとか大阪城へ退却することになります。




信繁最後の策とは?

真田丸

 

さて上記は真田丸の先週のお話です。

次回は最終回となるのですが、ここでは信繁がとった最後の策をご紹介したいと思います。

真田信繁が徳川幕府軍に対して行った最後の策は、

全軍総出で徳川軍に真正面から一斉攻撃をする作戦です。

しかしただ全軍で真正面から徳川幕府軍を迎え撃っても数で劣っている豊臣軍に

勝ち目はありません。

そこで信繁は豊臣軍の徳川幕府軍の注意を前面に引きつけている間に、

明石全登を船場と言われている場所から幕府軍の視界に入らない浜道を一気に突っ走って、

家康本隊が布陣している本陣へ南から攻撃を仕掛ける作戦でした。

この作戦を成功させるためには全軍で徳川本陣へ向けて突撃し、

明石隊と共同して南北から攻撃を仕掛けることが重要でした。

そして信繁はこの迎撃作戦の他にもうひとつの秘策がありました。

 

秀頼の出陣による徳川軍の動揺を誘う

 

徳川幕府軍には豊臣家に恩を受けた大名家が参加していました。

そこで信繁は豊臣秀頼(とよとみひでより)を戦陣へ参加させることによって豊臣軍全軍の士気を

向上させる狙いと

徳川軍に参加している豊臣恩顧の大名たちを動揺させる二つの狙いがありました。

この作戦を実行し徳川軍が動揺している隙をついて、

豊臣全軍で徳川家康本陣へ攻撃を仕掛ければ、

数において劣勢であっても徳川軍に勝利をすることが可能であると信繁は考えておりました。

 

信繁の策はすべて瓦解する

信繁が考えていた作戦は結果として瓦解することになります。

豊臣秀頼は出陣の時刻になっても大阪城から出陣することありませんでした。

また戦いにも信繁が指示したように一斉攻撃を行うような状態ではなく、

諸隊が個々で徳川軍へ攻撃を仕掛けてしまいます。

こうして信繁が考えていた勝利の策は一気に瓦解してしまいます。

信繁は自らの作戦が瓦解したことを知ると軍扇を地面に叩きつけて

「私が考えた作戦は無くなってしまった。

こうなれば家康の陣へ突撃して華々しく散るのみだ」と周りに言います。

そして信繁は赤備えの真田隊へ徳川本陣へ突撃する号令をかけて、

全軍で攻撃を仕掛けます。

この時信繁の軍勢は数万の徳川軍を打ち破って徳川家康の本陣へ到達。

そして徳川軍の旗本勢を蹴散らしながら家康を探しますが、

家康を見つけることは出来ませんでした。

 

真田丸では上記の作戦が実行されるのではないか:レンの予想

真田幸村&張遼

 

真田丸は今までの大河ドラマと違うため、後藤又兵衛や木村重成の戦いなどもマッハで

終了してしまいます。

マッハで終わった理由は信繁が関係していない戦いであったためと考えれます。

レンとしてはもう少し又兵衛や重成の戦いを長くして欲しかったところですが・・・・。

さて大河ドラマ真田丸の最後を飾る大阪夏の陣のクライマックスである信繁の作戦は、

ある程度実行されるのではないかと考えます。

まず秀頼が出陣して、徳川軍に動揺を来たしたところを信繁率いる真田の赤備えが突撃する

様子などは視聴率が上がる最高のシチュエーションだと思います。

そして信繁が徳川本陣へ突撃した所で家康へ一撃を加える場面などを追加すれば、

一気に視聴者は興奮すること間違えないでしょう。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

信繁は徳川本陣へ突撃を三回ほど繰り返しますが、家康を見つけることができずにそのまま撤退。

その後信繁は突撃する間に陣取っていた茶臼山の北側にある安居神社(やすいじんじゃ)で、

討ち取られてしまいます。

しかし真田丸では果たして信繁は討ち取られるのでしょうか。

サスケあたりが信繁を上手く逃がして、兄である信之の下へ連れて行きそうな気がします。

もしくは自らの妻を預けた伊達政宗の陣へ連れて行きそうな気がしませんか。

それとも史実通り信繁は討ち死にしてしまうのでしょうか。

こればかりは今までの大河ドラマと違うためどのような終わり方をするのかまるっきりわかりません。

ですので真田丸の最終回の放送をみて信繁がどのような最後を迎える事になるのか、

自らの目で確かめてみてはいかがでしょうか。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

関連記事:さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

 

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?…
  2. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  3. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  4. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  5. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  6. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  7. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?
  8. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  2. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  3. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  4. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  5. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  6. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト

おすすめ記事

  1. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!
  2. 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王
  3. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説
  4. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情
  5. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  6. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  7. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた
  8. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP