キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将




桃園3兄弟

 

劉備三兄弟は張飛(ちょうひ)関羽(かんう)が武で活躍し、

劉備はそのカリスマ性によって人を引きつけておりました。

この兄弟によって役割を分担するのは三国志の正解だけではなく、

戦国時代にもありました。

有名なのは戦国時代の薩摩(さつま=今の鹿児島県)を領地としていた島津家です。

島津家は四人兄弟で長男義久(よしひさ)・次男義弘(よしひろ)・三男歳久(としひさ)・

四男家久(いえひさ)です。

長男と三男が内政や外交など国の内面を担当し、

戦術や戦略面では義弘と家久が受け持っておりました。

今回は島津の武を担当していた島津家久(しまづいえひさ)についてご紹介しましょう。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

はじめての三国志全記事一覧はこちら




島津家の四男として生まれる

三国志 ろうそく 写真

 

島津家久は島津貴久(たかひさ)の四男として誕生。

青年期の家久をみた爺ちゃんから「お前は将来有望な戦術家になるだろう。」と予言されます。

この言葉は後にぴったりとあたっていることになります。

その後家久は初陣を果たした際、

敵将の首を槍で突き殺し若干15歳にして手柄を立てることに成功します。




ヒューマンハンターのプロ・家久くんの釣果1:沖田畷の戦い

 

家久は島津家の悲願である三州統一戦では大いに活躍。

さらに大友軍との九州の覇権をかけた耳川(みみがわ)の戦いでも活躍し、

彼の名前は九州全土の轟きます。

しかし彼の名前が一躍有名になったのは肥前のくまさん・龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)

との戦いでしょう。

家久は島津軍を引き連れて島原半島に割拠している有馬氏が、

龍造寺家の大軍に攻撃されていることを知り、急いで救援へ向かいます。

この時家久が率いていた軍勢は5000~6000人ほどと言われております。

対する龍造寺軍の兵力は50000人ほどと言われており、虚飾が施されていそうですが、

数万の軍勢を率いていたのは間違えないでしょう。

島津の武を担当している家久は耳川の戦いで使った釣り野伏せという必殺の戦法を使って

龍造寺軍を撃破。

この時釣り野伏せに食いついた武将は竜造寺当主である隆信と

龍造寺四天王と言われる大将らを討ち取る大戦果ならぬ大釣果を挙げ大量でした。

この龍造寺VS島津の戦いを沖田畷の戦い(おきたなわてのたたかい)といいます。

この戦いによって家久の名前が九州全土に知れ渡ることになります。

 

ヒューマンハンターのプロ・家久くんの釣果その2:戸次川の戦い

島津家は沖田畷の戦いで大勝利を収めた後、

九州全土を統一するべく戦いを繰り広げていきます。

義弘と家久が島津軍を率いて九州全土を暴れまわっている中、

天下の大軍を引き連れて豊臣秀吉が九州征伐を行うとの噂が入ってきます。

島津軍は豊臣軍の攻撃が始まる前に九州地方を統一するべく、

島津家に抵抗する各大名へ激しい攻撃を行っていきます。

そんな中、豊臣軍の一番隊とも言うべき軍隊が四国から九州の豊後(現在の大分県)へ

乗り込んできます。

島津家は四国軍を豊後の戸次川に陣を張って待ち構えます。

四国軍は島津軍を打ち破るべく戸次川を乗り越えて攻撃を開始。

家久は豊臣軍の猛攻を受けて退却を開始します。

しかしこの退却は家久が釣り場に案内するための偽の退却で、豊臣軍が釣り場に到着すると

家久は必殺の釣り野伏せの戦法を発動。

この攻撃によって豊臣軍は崩壊して四国軍は九州地方へ退却することになります。

この戦いの家久くんの釣果は長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の嫡男である信親(のぶちか)、

四国の名家・十河家の当主である十河存保(そごうまさやす)を討ち取る大戦果もとい釣果でした。

こうして大活躍した家久ですが、豊臣の本軍攻撃によって島津軍は大敗北して、

豊臣家に降伏することになるのです。

 

戦国史ライター黒田廉のひとりごと

黒田廉

 

家久は釣りが好きだったかどうか知りませんが、大将首を狙い定めて釣ることに関しては

日本で一番の戦果(釣果)を挙げた武将ではないでしょうか。

これほどまでに活躍した家久を恐れた秀吉の次男である豊臣秀長(とよとみひでなが)は

家久をもてなした後に毒殺してしまったそうです。

しかしこの家久毒殺説は確たる証拠がないので本当かどうかはわかりませんが、

これほどまでに活躍した武将を豊臣家が恐れていたのは間違えないと思います。

なぜなら火がないところから煙は立ちませんから。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?

関連記事:【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】…
  2. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  3. 呂布と劉備 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  4. 曹仁 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  5. 真田丸 武田信玄 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  6. 北条早雲の死因、戦国長寿大名の最期とは?
  7. 周瑜と孫策 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった…
  8. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 始皇帝(キングダム)
  2. 孔明と司馬懿
  3. 亡くなる張飛将軍
  4. 劉備を警戒する陳羣
  5. 魯粛
  6. 真田丸 武田信玄
  7. 李広利

おすすめ記事

  1. 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 合戦シーン
  2. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  3. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 陸遜
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部 年を取った司馬懿
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  6. 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?

三國志雑学

  1. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  2. 孔明 司馬懿 陸遜
  3. 曹仁と曹操
  4. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諸葛瑾
  2. 夏侯惇
  3. 張遼・楽進・李典
  4. 二刀流の劉備
  5. 司馬懿

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦 梁興と馬騰 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 馬謖を斬り悲しむ孔明 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟が結ばれた場所は?澶淵の盟を行った澶州は実はあの戦場だった! 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP