はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画

この記事の所要時間: 146




新年 桃園 関羽 劉備 張飛

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、よい新年を迎えられておられる事と思います。

さて、おめでたい正月ですので、今回は趣向を変えて、武将紹介を離れ、

三国志の時代の正月について、執筆していきたいと思います。

はてさて、三国志の英雄達は正月に何を食べていたんでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




まるで某有名ボクシング映画、呉の人々の正月料理

呂布

 

皆さんは、お正月料理と言えば、どんなモノを連想するでしょうか?

おせち料理、雑煮、最近はフライドチキンなんかもあるようです。

しかし、流石に生玉子の一気飲みと言ったら、え?と思いません?

 

実は、孫権(そんけん)周瑜(しゅうゆ)陸遜(りくそん)が暮らしていた、

華南地方では、正月に生玉子を一気飲みする習慣がありました。

そして、その後に辛みがある、韮(にら)や大蒜(にんにく)、胡菜、

韮菜(にらな)などの薬味を一緒に食べていました。

 

これには、胃腸を丈夫にする効果があるとされ、

お正月のご馳走やお酒から、胃腸を守る為に行われた習慣です。

でも、お正月から、生玉子を一気飲みとは、

まさに、某、有名ボクシング映画のワンシーンみたいです。




曹操や劉備は正月から水餃子を食べていた?

曹操

 

さて、一方で、華北で生活していた劉備(りゅうび)曹操(そうそう)

正月に何を食べていたのでしょうか?

 

一説では、三国志の時代には、正月に水餃子を食べる習慣があったようです。

現在の中国では、大晦日に家族で餃子を大量に造って食べる習慣がありますが、

三国志の時代には一日ずれて正月に食べていた事になります。

 

餃子がいつ頃から、食べられていたのかには、諸説がありますが、

すでに紀元前6世紀の春秋戦国時代の薛(せつ)国の遺跡から青銅製品が出土し

そこに描かれたデザインから、三角の餃子のような形の食べ物が確認されます。

 

また、三国時代の魏の張揖(ちょうゆう)の書いた広雅(こうが)という

書物には、饂飩(うんどん)と呼ばれる餡を小麦粉で包んだ食品があった

という事が記録されています。

 

張揖の紹介した饂飩が、果たして現在の水餃子のような形をしていたのか?

そこまでは分りませんが、饂飩は単体では食さず、お湯を入れた器に盛って

出している事から、水餃子の原型のようでもあります。

 

餃子は、その形が財布に似ている事から、食べればお金が溜まるとされ、

また子宝に恵まれるとされていましたので、曹操や劉備も、

正月から水餃子をモリモリ食べたかも知れません。

 

正月に食べるお菓子、年糕

袁術

 

お正月に食べるお菓子としては、年糕(ニェンカオ)があります。

その歴史は古く、周の時代からは存在しているようです。

造り方はシンプルで、黍(きび)や麦(むぎ)米(こめ)などを曳いて

粉にして水を入れて、こねて弾力を与え、その中に小豆や、

杏(あんず)のような餡を入れて蒸します。

 

造りは大変シンプルですが、具材や原料は千差万別で、

甘い物から甘くない物まで、スイーツのようなモノから、

パリパリの煎餅のようなモノまで中国各地に存在しています。

 

年糕は発音が年高に通じ、年々高い地位に就き出世するとして

縁起を担がれて、お正月に食べるお菓子になったようです。

 

sp_title01

 

 

三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  2. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?…
  3. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復…
  4. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  5. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!…
  6. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  7. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  8. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人
  2. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】
  4. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  5. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント
  6. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】

おすすめ記事

  1. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?
  2. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  3. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?
  4. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  5. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  6. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将
  7. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  8. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP