広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】

この記事の所要時間: 318




photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

 

春秋時代、中国には4つの大国がありました。

一つは北方の大国で文公の時代には春秋の覇者たる地位を獲得したこともある晋。

二つ目は西方の強国で異民族討伐によって国土を拡大し、

百里渓(ひゃくりけい)や蹇叔(けんしゅく)などの賢臣を配下に加えたことで強くなった秦。

三つ目は東方の国で、名宰相・管仲(かんちゅう)を加えたことで国力は増大。

諸侯からも信頼されていた斉です。

そして最後は南方の超大国で、今回の主人公が居る楚の国です。

今回は南方最大の勢力である楚の国の君主である荘王の名言を紹介したいと思います。

 

関連記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

関連記事:【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事




戦争王と言われる暴君の跡を継いだ荘王

 

楚は成王の時代に中華最大の国となります。

彼は自分の後継を商臣(しょうしん)にしようとしますが群臣から大反対されます。

しかし成王は群臣の意見を無視して彼を太子に決定。

だが成王は何を思ったのかいったん商臣を太子に立てますが、

「やっぱりあれは目つき悪いし、あんまり評判良くないから後継を変えよう」と言い始め、

彼は息子達の中から違い人物を跡取りに立てます。

この事を聞いた商臣は激怒して成王を殺害。

そして自らが楚の王様として君臨することになります。

彼は王になると中原諸国に殴り込みをかけて、色々な国へ攻撃を仕掛けます。

そのため中原諸国にある小国は楚王を恐れて、次々と臣従してきます。

その後彼が亡くなると次世代の君主として彼の嫡男が跡を継ぎます。




あれ!?この人もしかして噂のポンコツ君くんじゃない

夜 f

 

さて暴君であった商臣の跡を継いだ荘王ですが王になると家臣達に

「てめーら。俺に諌言(かんげん)してきたら死刑だからな!!」と命令を発します。

この命令を聞いた家臣達は「こいつ。暴君・商臣の息子だからやっぱりポンコツくんだったか。」と

ため息混じりにひそひそ話を始めます。

荘王は命令を発したあと昼夜問わずに遊びまくります。

こうしてポンコツくんが三年間何にもせずに遊んでいると、

王様を見かねて一人の勇気ある人物が荘王へ会見を申し入れに行きます。

 

 

ポンコツくんとなぞなぞ

 

ポンコツくんである荘王に会見しに行ったのは伍挙(ごきょ)という人物でした。

彼は荘王の前に出向くと「王様私は一つなぞなぞを出したいと思います。」と

荘王になぞなぞを出します。

荘王は伍挙の話を聞いて「面白そうじゃな。言うてみぃ」となぞなぞを出すことを許します。

伍挙は荘王の許しを得ると「丘の上に1羽の鳥がいました。この鳥は三年間一回も飛ばず、

鳴くこともしませんでした。なぜなのでしょう。」と問いかけます。

すると荘王は「その鳥は三年間一回も飛ぶこともせず、鳴くこともしない。

しかし一回天空を羽ばたいて飛べば、どの鳥にも負けない位遠くに飛ぶことができる。

また一回鳴けば天下を驚かせることができるであろう。」と答えます。

この答えを聞いて伍挙は満足して、荘王の元を去っていきます。

だが伍挙のなぞなぞの後も荘王は遊びほうけておりました。

そんなポンコツ君に蘇従(そじゅう)という人物が諌言します。

荘王は蘇従が来ると「お前。諫言しに来たら処刑するって言ったの聞いていたのよな」と

彼を睨みつけながらいいます。

しかし蘇従は「はい。私の命を持って王の今の姿を変えることが出来るのであれば本望です。」と

胸を反らして発言します。

この言葉を聞いた彼は翌日覚醒することになります。

 

ポンコツ君から名君に

 

荘王は蘇従の言葉を聞いた翌日から一気に大変身。

彼は酒も女遊びも一切やめて国政を行います。

彼がまず行ったことは伍挙と蘇従に楚の国政を任せることでした。

そして荘王が遊びほうけている時に、何にもしなかったか家臣100人以上を全員残らず処断して、

人事を刷新。

こうして楚の国は変化を遂げて、

彼が覚醒してから数ヵ月後に小国を一つ滅ぼして領土拡張をなします。

この上記の話が現代に残る「鳴かず飛ばず」の語源になっております。

 

春秋戦国時代ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

上記の楚の話は「史記」を参考にして記事にさせていただきました。

またざっくりとこのお話をしているので、詳しく知りたい方は難しいですが、

史記を読むと詳細に書いております。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  2. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師…
  3. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…
  4. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  5. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝…
  6. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  7. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  8. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  2. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  3. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  4. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  5. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  6. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 90話:張任によって龐統討たれる 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ! 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言 集まれ曹操の25人の息子たち・その1 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭

おすすめ記事

  1. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」
  2. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  3. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  4. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  5. 中国四大美女のひとり貂蝉
  6. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  7. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  8. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP