袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

この記事の所要時間: 24




曹操と荀彧

 

「我が子房」と曹操は彼が来た時に呼んだそうです。

曹操に我が子房と言わしめた人物・荀彧(じゅんいく)

 

荀彧 曹操

 

彼は曹操に仕えると参謀して活躍していくことになり、

呂布討伐戦や官渡の戦いなど多くの戦でその智謀を発揮します。

彼の智謀は戦だけでなく内政面でも活躍し、

曹操に有能な人材を推挙したことでも知られております。

こんな有能な人物である荀彧ですが、

赤壁の戦いが終わってから数年後曹操の陣営を見舞った際に突如として亡くなってしまいます。

原因は色々と取り沙汰されておりますが、

今回は曹操と荀彧の仲が悪くなった原因である伏皇后の問題をピックアップしてみました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




伏皇后事件とは

暗殺計画自慢の董承06

 

建安5年。

曹操が宮廷内外で絶大な権力を振るっていることが気に食わなかった献帝(けんてい)

側近である董承(とうしょう)に「私も政治を行いたいが曹操がいる限りそれは不可能であろう」と

漏らします。

皇帝の愚痴を聞いた董承は曹操の暗殺計画を立案しますが、

この計画は事前に曹操にバレてしまい、暗殺計画を立てた董承達は処刑されます。

 

暗殺計画自慢の董承08 曹操

 

この時皇帝の子供を宿していた董承の娘も殺害されてしまいます。

当時伏寿は皇帝の側室として宮殿にいましたが、

この事件を体験してしまいノイローゼになってしまいます。

そして彼女は父伏完に「父様。あの曹操というやからを何とかしてくれないですか。」と

手紙で要請します。

しかし父伏完は皇帝の側近であっても殺すことはできないと返信し、

この手紙を曹操の参謀であった荀彧へ渡します。

 

関連記事:世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選




荀彧の胸の内で留める

荀彧

 

荀彧は伏完からこの手紙をもらうと曹操に教えずに黙っておきました。

なぜならば当時曹操は河北の覇者である袁紹と戦っており、

少しミスをしただけで兵力が劣っている曹操軍が壊滅してしまう危機に立たされておりました。

そのため日夜袁紹との戦いをどうするか考えている曹操の心中を乱したくないと

いう荀彧の優しさから出た行動でした。

そして袁紹討伐が成功した後、伏皇后が曹操暗殺計画を企んでいるとの情報が届きます。

 

伏皇后殺害を命じられるが・・・・

朝まで三国志 曹操

 

曹操は伏皇后が曹操暗殺計画を企んでいるとの情報を手にするととりあえず確証を得るまで、

この懸案は無視しておりました。

しかし確証を手に入れることに成功すると曹操は激怒し伏皇后を廃立するように献帝へ

進言。

献帝は曹操の意見に逆らう勇気を持っていないため、

曹操の進言を受け入れて伏皇后を廃立します。

「献帝春秋(けんていしゅんじゅう)」という書物では曹操が荀彧へ「伏皇后を殺害せよ」と

命じますが、彼はこの命令を拒否してしまいます。

荀彧は曹操の命令を拒否することで、自らの命を保つことができないと考えて自殺したと

記載されております。

 

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

関連記事:魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

上記の荀彧の死因は孫呉の下へ伝えられたと献帝春秋には記載されており、

これが事実であれば今までの原因が覆されることになりますが、

荀彧が上記の理由であると確証がないため詳細は不明です。

しかし荀彧がなくなった時期は伏皇后事件が集結した後ですので、何らかの因果関係はあると

レンは考えます。

一つ言えることは曹操が荀彧を毒殺した可能性は限りなくゼロではないかということです。

荀彧と曹操が意見の対立があったとしても、人材を大切にしていた曹操が意見の対立だけで、

長年参謀として活躍した人物を殺害してしまうのでしょうか。

だが可能性は限りなくゼロに近いだけで、ゼロではありません。

もし曹操が荀彧を毒殺したのであれば人材を欲していた曹操が、

彼を毒殺した原因は一体何だったのか。

この点に興味を三国志ファンなら是非ともそそられる懸案ではないのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  2. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(り…
  3. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  4. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうな…
  5. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  6. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  7. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  8. 何で日本人は三国志が好きなの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策
  2. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)
  3. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?
  4. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  5. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  6. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの? 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

おすすめ記事

  1. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  2. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  3. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  4. キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】
  6. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  7. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  8. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP