帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

この記事の所要時間: 330




夏侯淵

 

今回は、サラリーマンなら、誰でも一度は手にした事がある勤務評価について

当時の資料を元に解説してみます。

1800年前にも存在した勤務評価表には何が書かれていたのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?




三国志の時代、官僚機構は世界一整備されていた

曹操丞相えらいねんで!

 

中国は記録が分る周の時代から、その官僚機構のピラミッド型に

整備されている事は群を抜いていました。

 

漢の時代には、上は天子から三公、三省、九卿があり、九卿の下には、

それぞれ直属の府が存在して、その下に沢山の官僚が連なり、

首都近辺の治安を預かる司隷(しれい)校尉や、西域担当の西域都護(とご)、

司隷校尉の下にある、都知事格の河南尹(いん)、京兆尹が存在し、

地方では州刺史、州牧、大守、県令、等、多くの役職が存在し、

官僚は上から下まで併せれば数十万人という規模になりました。

 

そうなると、統一された勤務評定や昇進、降格の基準が必要になり

それらはテンプレ化して画一運用されます。

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語




後漢の時代の木簡の勤務表

勤務表

 

では、ここで毎度お馴染み、はじさん特製イラストです。

今回は後漢の時代に辺境で警備にあたっていた単立さんの

勤務表を参考にします。

 

すべて漢文なので現代文に直すと木簡の内容は以下の通りです。

 

“甲渠侯官 窮虜(きゅうりょ)燧長(小さな見張砦の隊長)

簪裊(さんじょう:爵位下から3番目)の単立(ぜんりつ:名前)

功は五、労は三カ月、能筆家であり会計に強く、官民を治めるのに

すこぶる法律と刑罰に通じている 年齢は三十歳。

身長は172センチ、応令(勤務規定に合格)居延中宿里の住人で、

勤務先は、自宅から七十五里(30キロ)居延部の所属“

 

当時の昇進規定は、功と労の二つから成り立つ

宦官集合 

 

後漢の時代の勤務評定は、木簡にも記されている功と労から成り立ちます。

功とは、手柄であり、こちらは五という認定がされています。

労とは、勤務日数であり、これには三カ月という認定がされています。

 

つまり後漢の時代には、個別の功積と勤務日数により、

評価が下され、昇進の目安になっていた事が分ります。

こちらの単立なる人物は、会計と法律にすこぶる詳しいとあるので、

かなり褒められた勤務表になり、近い間に出世したかも知れません。

 

逆に、ダメという評価をもらったケース

役人 犬

 

もちろん、功と労を積みあげ出世していく人がいれば、

評価が芳しくなく、落ちていくという人もいます。

後漢の時代は、日本の高度経済成長期とは違いエリートではない限り、

年功序列のエスカレーター昇進ではないようです。

 

そこで、ここでは残念なケースの張札さんのケースを挙げます。

 

甲渠当曲燧長 □里公乗張札年四十七 能不宜其官

換為殄(てん)北宿蘇第六燧長代徐延寿

 

こちらの意味は、以下のようなものです。

“甲渠当曲の燧長の□里の公乗(こうじょう:爵位、下から8番目)

張札(ちょうさつ)、年齢四十七歳、その官の能力に不備があり、

殄北宿蘇の第六燧長の徐延寿(じょえんじゅ)と交代する“

 

こちらは、降格とまではいきませんが、燧長の能力に疑問があり、

別の地区の燧長と交代するという命令書です。

張札さんは47歳と、この時代ではかなりのお年寄り、、

爵位の公乗は、一見、高いようですが、爵位として威張れるのは、

その上の五大夫からで、それより下は庶民でも取れたので

ほとんど無価値でした。

 

背を丸め、弱々しく溜息をつく張札さんの声が聞こえてきそうです。

 

関連記事:【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?

関連記事:漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

 

テンプレに従い、警察署長 劉備の勤務評価を創作してみた・・

劉備

 

これらの勤務評価は、テンプレに沿っていて、辺境の警備でも、

田舎の役人でも同じものが流通していたようです。

という事は、この木簡から、劉備(りゅうび)の勤務評価も創作できそうです。

 

何度か離職と復職を繰り返している劉備ですが、折角ですから、

黄巾賊討伐の手柄で安熹(あんき)県の県尉になった頃の劉備で作成します。

 

中山国安熹県尉 上造劉備 中功三 労半年 能書会計 

治官民頗律令 文 二十四歳 長七尺五寸 応令

安熹県 上里衙 家去 二里

 

能書会計や治官民頗律令などは、お決まりのテンプレだと思うので、

そのまま借用し、劉備の爵位は分りませんが、二十五歳なので、

下から二番目程度ではなかったかなと思います。

住所は分りませんが、県尉なので住居は社宅で住み込みと考え

衙(役所)と書き、県の役所までは二里800メートル位にしました。

 

まあ、頑張っていたらしいですが、督郵のせいで、ほどなく解雇され

放浪人生が始まるのは、皆さま御承知の通りです。

 

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

たった一枚の木簡から、様々な事が分るのが歴史の面白い所です。

当時の人も、なんとか手柄を立てて上に登ろうと一喜一憂しながら

頑張っていたんでしょうねえ・・

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  2. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  3. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  4. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  5. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!…
  6. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  7. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  8. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  2. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  3. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  4. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  5. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  6. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】 またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる! 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった

おすすめ記事

  1. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?
  2. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  3. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  4. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  5. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  6. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  7. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!
  8. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画
袁術祭り
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP