広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

この記事の所要時間: 330




夏侯淵

 

今回は、サラリーマンなら、誰でも一度は手にした事がある勤務評価について

当時の資料を元に解説してみます。

1800年前にも存在した勤務評価表には何が書かれていたのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?




三国志の時代、官僚機構は世界一整備されていた

曹操丞相えらいねんで!

 

中国は記録が分る周の時代から、その官僚機構のピラミッド型に

整備されている事は群を抜いていました。

 

漢の時代には、上は天子から三公、三省、九卿があり、九卿の下には、

それぞれ直属の府が存在して、その下に沢山の官僚が連なり、

首都近辺の治安を預かる司隷(しれい)校尉や、西域担当の西域都護(とご)、

司隷校尉の下にある、都知事格の河南尹(いん)、京兆尹が存在し、

地方では州刺史、州牧、大守、県令、等、多くの役職が存在し、

官僚は上から下まで併せれば数十万人という規模になりました。

 

そうなると、統一された勤務評定や昇進、降格の基準が必要になり

それらはテンプレ化して画一運用されます。

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語




後漢の時代の木簡の勤務表

勤務表

 

では、ここで毎度お馴染み、はじさん特製イラストです。

今回は後漢の時代に辺境で警備にあたっていた単立さんの

勤務表を参考にします。

 

すべて漢文なので現代文に直すと木簡の内容は以下の通りです。

 

“甲渠侯官 窮虜(きゅうりょ)燧長(小さな見張砦の隊長)

簪裊(さんじょう:爵位下から3番目)の単立(ぜんりつ:名前)

功は五、労は三カ月、能筆家であり会計に強く、官民を治めるのに

すこぶる法律と刑罰に通じている 年齢は三十歳。

身長は172センチ、応令(勤務規定に合格)居延中宿里の住人で、

勤務先は、自宅から七十五里(30キロ)居延部の所属“

 

当時の昇進規定は、功と労の二つから成り立つ

宦官集合 

 

後漢の時代の勤務評定は、木簡にも記されている功と労から成り立ちます。

功とは、手柄であり、こちらは五という認定がされています。

労とは、勤務日数であり、これには三カ月という認定がされています。

 

つまり後漢の時代には、個別の功積と勤務日数により、

評価が下され、昇進の目安になっていた事が分ります。

こちらの単立なる人物は、会計と法律にすこぶる詳しいとあるので、

かなり褒められた勤務表になり、近い間に出世したかも知れません。

 

逆に、ダメという評価をもらったケース

役人 犬

 

もちろん、功と労を積みあげ出世していく人がいれば、

評価が芳しくなく、落ちていくという人もいます。

後漢の時代は、日本の高度経済成長期とは違いエリートではない限り、

年功序列のエスカレーター昇進ではないようです。

 

そこで、ここでは残念なケースの張札さんのケースを挙げます。

 

甲渠当曲燧長 □里公乗張札年四十七 能不宜其官

換為殄(てん)北宿蘇第六燧長代徐延寿

 

こちらの意味は、以下のようなものです。

“甲渠当曲の燧長の□里の公乗(こうじょう:爵位、下から8番目)

張札(ちょうさつ)、年齢四十七歳、その官の能力に不備があり、

殄北宿蘇の第六燧長の徐延寿(じょえんじゅ)と交代する“

 

こちらは、降格とまではいきませんが、燧長の能力に疑問があり、

別の地区の燧長と交代するという命令書です。

張札さんは47歳と、この時代ではかなりのお年寄り、、

爵位の公乗は、一見、高いようですが、爵位として威張れるのは、

その上の五大夫からで、それより下は庶民でも取れたので

ほとんど無価値でした。

 

背を丸め、弱々しく溜息をつく張札さんの声が聞こえてきそうです。

 

関連記事:【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?

関連記事:漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

 

テンプレに従い、警察署長 劉備の勤務評価を創作してみた・・

劉備

 

これらの勤務評価は、テンプレに沿っていて、辺境の警備でも、

田舎の役人でも同じものが流通していたようです。

という事は、この木簡から、劉備(りゅうび)の勤務評価も創作できそうです。

 

何度か離職と復職を繰り返している劉備ですが、折角ですから、

黄巾賊討伐の手柄で安熹(あんき)県の県尉になった頃の劉備で作成します。

 

中山国安熹県尉 上造劉備 中功三 労半年 能書会計 

治官民頗律令 文 二十四歳 長七尺五寸 応令

安熹県 上里衙 家去 二里

 

能書会計や治官民頗律令などは、お決まりのテンプレだと思うので、

そのまま借用し、劉備の爵位は分りませんが、二十五歳なので、

下から二番目程度ではなかったかなと思います。

住所は分りませんが、県尉なので住居は社宅で住み込みと考え

衙(役所)と書き、県の役所までは二里800メートル位にしました。

 

まあ、頑張っていたらしいですが、督郵のせいで、ほどなく解雇され

放浪人生が始まるのは、皆さま御承知の通りです。

 

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

たった一枚の木簡から、様々な事が分るのが歴史の面白い所です。

当時の人も、なんとか手柄を立てて上に登ろうと一喜一憂しながら

頑張っていたんでしょうねえ・・

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  2. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  3. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  4. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  5. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  6. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  7. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  8. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  2. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  3. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  4. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役
  5. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  6. 【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!? 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性 キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの? 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった! 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!

おすすめ記事

  1. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説
  2. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  3. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  4. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  5. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  6. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  7. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国
  8. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP