キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介!

真田丸 武田信玄




真田丸02(武田信玄)

 

武田晴信は武田家の当主となり信濃攻略戦に勤しんでおりました。

彼は戦においては素晴らしい能力を発揮して信濃の豪族達を味方につけたり、

討伐したりしながら信濃攻略を進めていきます。

戦の才能においてはすごい能力を発揮した晴信ですが、

領地経営の才能にも能力を発揮しております。

今回は晴信の軍事面についてではなく領国経営についてご紹介していきます。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




甲州法度制定

竹 f

 

晴信は信濃攻略を行っていくに連れて領土が拡大していくと共に、豪族達の数も増えていきます。

彼はしっかりとした領地経営や家臣団統御をしていなかくてはならないと考えて、

領土内における法律面の強化を図ることにします。

そして彼が戦の合間を縫って作り上げた法律が「甲州法度(こうりゅうはっと)」と言われる物です。

 

甲州法度の内容その1:家臣団統御の項目

 

甲州法度の内容は多岐に渡っているので、

全文を紹介するとなると非常に文章の量が多くなるため

はじめての三国志の読者達には苦痛となること間違えないでしょう。

そのためここではどのような内容であったのかをざっくりご紹介していきたいと思います。

まず甲州法度の中で一番多く占めている法律は家臣団の統制についての項目が大きいです。

晴信が考えた甲州法度では晴信からもらった領土は売却してはならないそうです。

また家臣団同士が喧嘩した場合は両成敗することとしており、

家臣が勝手に他国の武将や大名と婚姻関係になることを禁じております。

他にも領土にある田畑の保持義務に関しての条項などがあります。

これらを制定することで家臣団の領土保全や兵士の確保を確定付けるものとなっております。




甲州法度の内容その2:民衆関連の項目

 

晴信は家臣団以外の項目のほかに農民たちに対する法律も決めております。

この農民らに対しての法律は年貢滞納の禁止や兵士が逃亡した際の罰則についても

制定されております。

他にも農民達が質物を処分する際の規定などこの民衆関連の項目も

色々な部分において法律化されており多岐に渡って法律が制定されております。

 

甲州法度を制定した目的

 

さて晴信はなぜこのようなややこしい法律を制定することにしたのでしょうか。

甲州法度は父信虎の時代から骨格は出来上がっており、甲斐国内では適用されておりました。

しかし信濃攻略が進むにつれて領土が拡大し、信濃に住む領民や新規で武田家に入ってきた

豪族達と元々いた武田家の家臣団との間で軋轢が生まれる可能性を危惧した事が原因で、

このような法律を制定したと思われます。

これらを制定したことによって甲斐に居た武田家臣団と信濃攻略時に味方となった豪族達との

間で軋轢を生まないようにするためことを目的としています。

また信濃の領民とその地を領有している豪族達との間で従来通りの方法で年貢の納税などで

いざこざ防止を目的としている側面も有しております。

これらを明文化することによって誰でもこの法律を守ることができるようにするために、

晴信はこの甲州法度を制定したと考えられているようです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

戦国時代はどうしても大名同士の華やかな戦の場面に目を向けてしまいがちです。

これは三国志や前漢時代、春秋戦国時代でも同じでしょう。

しかしこれらの戦に目をむけることも大事ですが、

各国(古代中国・戦国時代を問わず)戦を行うためにどのような政策を国に施していたのかを

知ることでより深く日本の戦国時代や中国の古代史知ることが出来るのではないのでしょうか。

しかしこれらのことは戦場のように

あまり華々しい事がないためかなりの忍耐力を要するかもしれませんが、

はじめての戦国史ではこれらをできる限りわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 真田丸 武田信玄 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  2. 赤井直正 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正
  3. 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?
  4. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  5. 真田丸 武田信玄 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦…
  7. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  8. 廃仏毀釈 比叡山が焼かれたのは自業自得?高利貸しだった延暦寺

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)
  2. 【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?
  3. 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?
  4. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  5. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

三國志雑学

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵

おすすめ記事

【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった! レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら 孫策は周瑜と○○だったのか!? 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族? 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

おすすめ記事

  1. ログイン時の画像認証導入のお知らせ
  2. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  3. 中国人のオシャレアイテム冠の歴史を語ろう
  4. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その3「疎開の旅」
  5. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!
  6. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  7. 鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説
  8. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP