編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦

この記事の所要時間: 233




曹操と魏軍と呉軍

 

三国志の時代には少数が大軍を破った戦は多く存在します。

赤壁の戦いは少数が大軍を打ち破った代表的な例だと思います。

日本の戦国時代にも数は少ないですが少人数の兵が大軍を打ち負かした戦いは

いくつか存在しており、今回は真田家と徳川家の戦いである上田城の戦いをご紹介します。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!




激オコ!!真田昌幸

炎 s

 

真田昌幸は徳川に味方して徳川の領土である甲斐(かい)・信濃(しなの)へ

侵入してきた北条軍の補給路を切断して苦しめております。

このため北条軍は大いに苦境に陥ることになるのですが、徳川軍よりも多く兵を連れてきている

北条軍が先に退却することをするわけにはいきませんでした。

また徳川も西の秀吉軍がいつ東海地方へ攻撃を仕掛けてくるかわからない状態でしたので、

あまり長く対陣している訳にはいきませんでした。

こうして北条と徳川それぞれの思惑が合致することになり、和睦することになります。

この和睦の条件として真田領である上野(こうずけ)・沼田城を北条側へ引き渡すことでした。

このことを知った真田昌幸は激オコ。

北条軍が「城を明け渡せ」とやってきても一切無視して城を明け渡すことをしませんでした。

そして徳川家からも「城をあけわたしてくれないか」と相談されます。

昌幸は「沼田城の代わりとなる領土をくれなければどかないから」と言って徳川の要請を拒否。

徳川家康はその後も昌幸に対して城を明け渡すように要請しますが、

昌幸は徳川の使者にすら会うことをしなくなってしまいます。

家康は昌幸の態度を見て沼田引渡しは絶望的であると感じます。

昌幸は家康と手切れになることを考えて再び上杉へ降伏。

彼は降伏の証として次男である信繁(のぶしげ)を上杉家に人質として預けることにします。

こうして昌幸は再び主を変えて徳川・北条の連合軍と対決姿勢を取ることになるのです。




上田城の攻防戦と沼田城攻防戦

 

徳川家康は北条家と連動して上田城へ攻撃を仕掛けることにします。

彼は新築である上田城へ篭城することを決め、同盟者である上杉家に援軍要請を行います。

また叔父である矢沢頼綱(やざわよりつな)に沼田城の守備を任せます。

こうしてできることを全てやった昌幸は徳川軍を待ち受けるます。

徳川家康は大久保忠世(おおくぼただよ)などの諸将に8000人の兵数を与えて上田城へ攻撃を

行わせます。

この戦いは真田軍2000人で徳川軍をこてんぱんにした戦いとして記録されており、

この戦いを上田合戦と呼ばれるようになります。

少数の兵数で大軍を破った代表的な戦いといっていいでしょう。

この戦いに勝利した昌幸は徳川家とその後も小競り合いを行っていきますが、

それらにも勝利して徳川軍を駆逐することに成功します。

また沼田城も叔父である頼綱が北条軍を相手に奮戦して沼田城近辺から北条軍を追い払うことに成功しております。

こうして上田・沼田両城を守り抜いた真田昌幸は上杉景勝に許可を求めることなく

勝手に豊臣秀吉へ臣従することを決めます。

上杉へ行った次男信繁を豊臣の人質として預けることにして。

こうして豊臣の臣下となった昌幸は新たな展望が開かれることになります。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

昌幸は自らの領土を守るために幾度も君主を変えていくことになります。

上田城の戦いでは徳川軍の死傷が数千人ほどであったにもかかかわらず、

真田勢の死傷者はほとんどありませんでした。

これほどまでに完璧な勝利を収めたことで昌幸自身も大いに自信がついたことでしょう。

しかし昌幸はおごらず冷静に戦況を見極めて次なる手を打っており、

上杉景勝になんの報告もしないで勝手に豊臣家へ臣従してしまったことです。

景勝は昌幸のやり方に激怒し、豊臣家が天下統一した後も彼は昌幸を許さなかったそうです。

 

参考文献 真田昌幸 柴辻俊六著
真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

 

 

関連記事:いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

関連記事:さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  2. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  3. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  4. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった…
  5. 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった
  6. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  7. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  8. 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  2. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。
  3. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  4. 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】
  6. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった! 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  2. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家
  3. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  4. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性
  5. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  7. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  8. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP