【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黒田廉さん直虎レビュー02

 

今回も始まりましたはじさんが送るはじめての大河ドラマ。

先週おとわちゃんは今川家からの命令で、

小野和泉守(おのいずみのかみ)の嫡男である鶴と結婚しなくてはならなくなります。

しかしおとわちゃんは井伊谷から脱走した元許嫁である亀之丞との約束を守るために、

自ら髪を切り落として出家しようとします。

こうして鶴との婚約は無くなる事になるのですが、

今週はより厳しい事態がおとわちゃんや井伊家に襲いかかってくることになります。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!


第三話おとわ危機一髪の見所その1:井伊家取り潰し!?

おんな城主01 直虎

 

大河ドラマ始まってからすぐに井伊家に危機が再びやってきます。

今川家は井伊家へ「おとわを駿府へ人質として連れてこなければ井伊家を潰す」と

命令してきます。

この命令書を受け取ったおとわのおじいちゃん井伊直平(いいなおひら)は激怒。

彼は井伊家当主でおとわの父である井伊直盛(いいなおもり)へ

「今川とは手を切って戦じゃ!!」と喚きます。

しかし直盛は「今川と手を切れば井伊家は滅ぼされてしまいますぞ」とアドバイス。

だが直平は「腰抜けどもが!!ではおとわを今川へ人質に出しても良いのか」と

直盛と口論になります。

ふたりの話し声を聞いていたおとわちゃんは龍潭寺の和尚・南渓(なんけい)へ相談。

南渓は「おとわがしっかり考えていないからではないか」とからかいますが、

しっかりと直盛へアドバイスを行っております。

南渓のアドバイスは「おとわを出家させることで井伊家の次の当主は、

今川の思うがままということを伝えれば、

井伊家が取り潰されることはなくなるであろう。」とのことです。

また南渓はおとわを出家させることで今川へ人質として赴かなくていいようにする秘策が、

隠れていることもしっかりと説明しますが、果たして作戦は成功するのでしょうか。


第三話おとわ危機一髪の見所その2:雅な都駿府

 

見所その2は雅な都である駿府(すんぷ)です。

当時の駿府は公家(くげ)衆や全国各地からの物産などが集まって大いに栄えておりました。

流石に大河のような栄え方をしていたのかは微妙ですが、

井伊谷とは比べ物にならない事は間違えないでしょう。

当時の駿府がどのようにであったかを想像するのであれば、第三話を見てみる価値はあるでしょう。


第三話おとわ危機一髪の見所その3:龍王丸との蹴鞠勝負

 

おとわちゃんは今川義元と会見をするべく駿府館に到着。

ここで今川義元が出てくるまで待つことになります。

そんな中、今川義元の母親である寿桂尼(じゅけいに)がやってきます。

彼女はおとわへ「蹴鞠でも見て義元が出てくるまで待っていよう」と誘い戸を開けると

そこでは大人たちが上手に蹴鞠をしておりました。

その中にひときわキラキラした出で立ちをしている男の子こそが今川義元の息子で、

後年の今川氏真です。

おとわは龍王丸に勝つことが出来ればなんでも褒美がもらえると寿桂尼から聞き、

龍王丸に蹴鞠の勝負を挑みます。

しかし始めてやる蹴鞠におとわちゃんは大苦戦。

幾度も龍王丸に敗北してしまいますが龍王丸が疲労したことがきっかけで勝利することができます。

だが龍王丸は「こんなのは勝負ではない」と言って褒美をあげようとしませんでした。

そのためおとわちゃんが願っていたご褒美「今川からの人質からの解放」が失敗に終わってしまう。

かと思いきやこの時に今川義元がやってきて事態は一気に好転することになります。

この続きはぜひ大河をご覧ください。


  

 

大河ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

さて第三話もかなり緊迫した状況からスタートして終わりまで、

一瞬も目を話すことができない状態が続いていきます。

第一話~第三話まで結構危機的状況が訪れるのですが、

おとわちゃんと井伊家は今後どれだけ危機的状況を切り抜けていかなければならないので、

毎週目を話すことができない内容になっているのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 白装束で現れる伊達政宗
  2. 合戦シーン(戦国時代の戦・兵士・モブ)
  3. 石田三成のために関ヶ原で戦い抜いた島清興(島左近)
  4. 豊臣鶴松
  5. 徐晃と許チョ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP