三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

この記事の所要時間: 239




三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

三国志の時代劉備は荊州に住む臥竜(がりょう)こと諸葛孔明を三顧の礼を用いて

向かいれることにします。

劉備は軍師孔明を手に入れたことで一気に飛躍することになります。

日本の戦国時代にも三顧の礼を持ってある軍師を向かい入れた人物がおりました。

その人物は羽柴藤吉郎、後年豊臣秀吉です。

彼は三顧の礼を持って向かい入れた人物こそ日本の戦国時代の張良と言われた天才軍師

竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)です。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




美濃の豪族達を調略せよ

織田信長01

 

後年の豊臣秀吉は半兵衛を配下に向かい入れた当時はまだ織田信長の一武将でした。

そんな藤吉郎は織田信長から「美濃(みの)攻略の足がかりとなる豪族達を調略せよ」と命令を

受けます。

この命令を受けた藤吉郎は斎藤氏が治めている美濃に単身潜入して美濃の有力な豪族達を

調略するべく奔走することになります。

藤吉郎は美濃の豪族達の調略を行っている最中に

竹中半兵衛が斎藤氏の本拠地である稲葉山城(いなばやまじょう)をたった数十人で

陥落させてことを知り、今現在浪人として不遇を囲っていることを知り、

彼は半兵衛を自らの配下として加えたいと考えます。




藤吉郎の説得その1:身分を偽って半兵衛を仲間に引き入れる

竹 f

 

藤吉郎は半兵衛を仲間に加えるために色々と考えます。

そして彼は半兵衛ほどの知略を持った人物に正直に自分の言葉を伝えてもダメだと考え、

自らの身分を偽って半兵衛に接近して説得を行おうと考えます。

藤吉郎はすぐにこの作戦を実行するべく半兵衛に近づき、彼は半兵衛に

「尾張(おわり)の織田信長って結構すごいらしいですよ。

私は今から尾張にいって信長の配下に加わろうと考えているのですが、

一緒に行きませんか。」と誘います。

しかし半兵衛は「いや。私は今誰にも仕えたいと思わないので、一人で言ってください」と

断られてしまいます。

こうして藤吉郎の作戦は失敗に終わってしまうのです。

だが彼は諦めずに次の作戦を決行します。

 

藤吉郎の説得その2:自分の気持ちを正直に伝える

禅 竹 f

 

藤吉郎は上記の作戦を失敗したことを反省してやはり自分の気持ちを正直に伝えないと

ダメなんだということに気づきます。

そして彼は再び半兵衛の家に行って「半兵衛殿。織田信長に仕えてくれないでしょうか。」と

再度お願いします。

しかし半兵衛は「しつこいですね。私は誰にも仕えないっと言ったでしょう。」と言われてしまい、

再び追い返されてしまいます。

藤吉郎はその後も彼の元を訪れては同じことをいって追い返されてしまいます。

 

藤吉郎の説得その3:三度自分の気持ちを伝える

 

藤吉郎は半兵衛に合計三回も断れてしまいます。

これだけひつこいと現在ではストーカーとして即逮捕されてしまいます。

しかし戦国時代にはストーカーなどという概念はないので捕まりません。

そして彼は三度目の正直で再び半兵衛の元へ訪れて自らの熱意を伝えます。

半兵衛は合計四回目の訪問と藤吉郎の熱意に根負けしてしまいます。

だが彼は藤吉郎に「いいでしょう。あなたの熱意に根負けしましまた。

しかし織田信長に仕えるのではなく、あなたに仕えることにします。」といい、

藤吉郎をびっくりさせてします。

藤吉郎は「分かりました。あなたの主君としてその智謀をつかわせていただきます。」

と言って彼を配下に加えることに成功します。

こうして藤吉郎は三顧の礼?を用いて半兵衛を仲間に加えることに成功するのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

半兵衛は藤吉郎の三顧の礼によって軍師として迎えることになります。

三国志も戦国史も有能な人物は自ら頭を下げて何度も尋ねることによって

天下をひっくり返すほどの人物を手に入れることができるのだということが、

このエピソードでお分かりになるのではないのでしょうか。

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

関連記事:孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物…
  2. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  3. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  4. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  5. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かっ…
  6. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  7. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  8. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  2. キングダムの時代に開花した法家の思想
  3. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  4. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官
  5. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  6. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの? 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる? 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

おすすめ記事

  1. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  2. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】
  4. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  5. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集
  6. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!
  7. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP