編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

この記事の所要時間: 239




三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

三国志の時代劉備は荊州に住む臥竜(がりょう)こと諸葛孔明を三顧の礼を用いて

向かいれることにします。

劉備は軍師孔明を手に入れたことで一気に飛躍することになります。

日本の戦国時代にも三顧の礼を持ってある軍師を向かい入れた人物がおりました。

その人物は羽柴藤吉郎、後年豊臣秀吉です。

彼は三顧の礼を持って向かい入れた人物こそ日本の戦国時代の張良と言われた天才軍師

竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)です。

 

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




美濃の豪族達を調略せよ

織田信長01

 

後年の豊臣秀吉は半兵衛を配下に向かい入れた当時はまだ織田信長の一武将でした。

そんな藤吉郎は織田信長から「美濃(みの)攻略の足がかりとなる豪族達を調略せよ」と命令を

受けます。

この命令を受けた藤吉郎は斎藤氏が治めている美濃に単身潜入して美濃の有力な豪族達を

調略するべく奔走することになります。

藤吉郎は美濃の豪族達の調略を行っている最中に

竹中半兵衛が斎藤氏の本拠地である稲葉山城(いなばやまじょう)をたった数十人で

陥落させてことを知り、今現在浪人として不遇を囲っていることを知り、

彼は半兵衛を自らの配下として加えたいと考えます。




藤吉郎の説得その1:身分を偽って半兵衛を仲間に引き入れる

竹 f

 

藤吉郎は半兵衛を仲間に加えるために色々と考えます。

そして彼は半兵衛ほどの知略を持った人物に正直に自分の言葉を伝えてもダメだと考え、

自らの身分を偽って半兵衛に接近して説得を行おうと考えます。

藤吉郎はすぐにこの作戦を実行するべく半兵衛に近づき、彼は半兵衛に

「尾張(おわり)の織田信長って結構すごいらしいですよ。

私は今から尾張にいって信長の配下に加わろうと考えているのですが、

一緒に行きませんか。」と誘います。

しかし半兵衛は「いや。私は今誰にも仕えたいと思わないので、一人で言ってください」と

断られてしまいます。

こうして藤吉郎の作戦は失敗に終わってしまうのです。

だが彼は諦めずに次の作戦を決行します。

 

藤吉郎の説得その2:自分の気持ちを正直に伝える

禅 竹 f

 

藤吉郎は上記の作戦を失敗したことを反省してやはり自分の気持ちを正直に伝えないと

ダメなんだということに気づきます。

そして彼は再び半兵衛の家に行って「半兵衛殿。織田信長に仕えてくれないでしょうか。」と

再度お願いします。

しかし半兵衛は「しつこいですね。私は誰にも仕えないっと言ったでしょう。」と言われてしまい、

再び追い返されてしまいます。

藤吉郎はその後も彼の元を訪れては同じことをいって追い返されてしまいます。

 

藤吉郎の説得その3:三度自分の気持ちを伝える

 

藤吉郎は半兵衛に合計三回も断れてしまいます。

これだけひつこいと現在ではストーカーとして即逮捕されてしまいます。

しかし戦国時代にはストーカーなどという概念はないので捕まりません。

そして彼は三度目の正直で再び半兵衛の元へ訪れて自らの熱意を伝えます。

半兵衛は合計四回目の訪問と藤吉郎の熱意に根負けしてしまいます。

だが彼は藤吉郎に「いいでしょう。あなたの熱意に根負けしましまた。

しかし織田信長に仕えるのではなく、あなたに仕えることにします。」といい、

藤吉郎をびっくりさせてします。

藤吉郎は「分かりました。あなたの主君としてその智謀をつかわせていただきます。」

と言って彼を配下に加えることに成功します。

こうして藤吉郎は三顧の礼?を用いて半兵衛を仲間に加えることに成功するのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

半兵衛は藤吉郎の三顧の礼によって軍師として迎えることになります。

三国志も戦国史も有能な人物は自ら頭を下げて何度も尋ねることによって

天下をひっくり返すほどの人物を手に入れることができるのだということが、

このエピソードでお分かりになるのではないのでしょうか。

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

関連記事:孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  2. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  4. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  5. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  6. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  7. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  8. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?
  2. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  3. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  4. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  5. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  6. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄 ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!

おすすめ記事

  1. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証
  2. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  3. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  4. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁
  5. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  6. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  7. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  8. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP